12. 桜えびと新生姜の炊き込みご飯

春になると食べたくなる、ピンクの炊き込みご飯!お花見にもピッタリですね。桜えびの炊き込みご飯に、千切りにした新生姜の味と香りがポイントになります。さわやかな風味には、生臭さを抑える役割も。菜の花をのせれば、新緑のような色の対比が素敵です。

13. そら豆と桜えびの炊き込みご飯

そら豆は、輸入品や冷凍品で一年中手に入りますが、国産栽培物のシーズンは、1月ころから初夏まで続きます。桜えびが出回る春先は、シーズンのピーク。旬の素材同士の組み合わせは、味も栄養価も最高です。風味と食感の違いも楽しめますよ。

異国の風を感じて。干し桜えびのエスニックレシピ4選

14. ヤムウンセン

淡白な春雨を使ったタイ風のサラダですが、ニンニクやナンプラーなどの調味料と、乾煎りした桜えびとピーナッツ、香菜(コリアンダー)を加えることによって、スパイシーで香り豊かなエスニック料理に仕上がります。

15. パプリカと桜えびのエスニックきんぴら

一般的に使われる根菜ではなく、パプリカと桜えびを使い、ナンプラーとレモン汁を加えてエスニック感覚のきんぴらに。生姜の香りが食欲をそそり、手早く作れる夏の常備菜になりますよ。

16. モヤシと桜エビのナンプラー炒め

豆モヤシと、干し桜えびの組み合わせ。ごま油に丸ごとの赤唐辛子を1本入れて炒めます。味付けはシンプルに、ナンプラーのみ。本場のエスニック料理にはないアレンジですが、これはビールが止まらなくなりますよ。

17. 青菜と桜えびのフォー

鍋をふたつ用意し、片方で乾燥したライスヌードルをゆで、別の鍋でスープを作って硬めにゆでたライスヌードルを入れます。干し桜えびも加えて味を含ませたら器に盛り、レモンとお好みで香菜を添えます。桜えびからいいダシが出ますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS