ローディング中

Loading...

身近な食材じゃがいも。みなさんはどんな茹で時間が最適だと思いますか?一番良い茹で時間など、ポイントをおさえてじゃがいもを茹でれば、これまで食べてきたものよりもずっとおいしいホクホクのじゃがいもが食べられますよ。

じゃがいもが最高においしくなるゆで方

カレー、肉じゃが、粉ふきいもなど、身近な野菜のひとつであるじゃがいも。季節を問わず購入でき、葉物野菜と比べると比較的長持ちすることから常備しているという方も多いのではないでしょうか。

そんなじゃがいもですが、皆さんは茹でる際、どのようなことに気を付けていますか。基本的に、じゃがいもを最高においしくゆでるには、「皮つき」のままゆでるとよいとされています。皮があることによって、ゆで水にじゃがいもの大切な栄養素が逃げないようにするためです。

皮をむいて食べたいという場合は、一度皮つきのまま水でゆでてから皮をむくと最高においしいじゃがいもがいただけることでしょう。そこで、今回はじゃがいもの最適な茹で時間など、おいしく茹でるコツについてご紹介していきます。

おいしく仕上げる基本の茹で方

野菜のゆで方についてですが、「土の下に生えているものは水から」、「土の上に生えているものはお湯で」が基本だということをご存じですか?

じゃがいもは土の下に生えている根菜類になりますので、この基本からいうと「水から」ゆでるのが最適と言えますね。

皮つきでも皮をむいても水からいれて、沸騰したら中火から弱火くらいまで温度を下げてコトコトと煮ます。10分から15分程ほどたったら、じゃがいもの真ん中に竹串をさしてスッと通ればゆであがっています。じゃがいもの品種や大きさによっても時間が異なるので、そのあたりは加減をみて調整しながら煮こんでみてくださいね。

準備するもの

鍋と水があればゆでることができますが、そこに塩やコショウなどの調味料を加えたりしてもよいでしょう。皮ごといただく際に、ほんのり塩味がついてそのままおいしくいただけますね。

じゃがいもの茹で時間

沸騰してからは中火から弱火でコトコトとゆでるのが基本です。

よく「弱火でじっくり30分」ということが家庭科の教科書やレシピには書かれていますが、実は最高においしくゆでるコツは「弱火でじっくり30分」ではなく、「沸騰したら15分、火をとめて15分」なのだそうです。

つまり、じゃがいもが水の中に入って熱せらている時間はトータルで30分ですが、「弱火でじっくり30分」より「沸騰したら15分、火をとめて15分」の方が、もっちりしっとり、じゃがいもの味も濃厚でとってもおいしくゆでることができるというのです。驚きの結果ですよね。これはスペイン人の方の伝統的なゆで方で、30分はゆですぎなのだそう。

ゆで方のポイント2つと皮のむき方

では、ゆで方はどうすればいいの?皮はどうやってむくのが一番よいの?と思うでしょう。次に、じゃがいものゆで方のポイントと皮のむき方についてご紹介します。

水から茹でる

じゃがいもをお湯からではなく、水からゆでるメリットとは何なのでしょうか?

じゃがいもの成分に「ペクチン」というものがあります。このペクチンは、加熱しすぎるとやわらかくなりすぎて細胞壁が破れてしまうのです。沸騰したお湯からゆで始めると、中心部がちょうどいいゆで具合になった頃には、外まわりは加熱されすぎの状態になってしまい、食感が悪くなってしまいます。そのため、水からゆでる、というのが基本になってきます。

水からだんだんお湯が熱くなってくなかで、外の方からじわじわとゆで始め、中に達したころにはお湯も沸騰してちょうど同じくらいの速度で茹で上がるというわけなのです。

皮つきのままゆでる

皮つきのままゆでるメリットは、「ホクホク感が増す」、「水っぽくならない」というふたつの点があります。

皮がついていることによって、皮の内側、つまり食べる部分の細胞が破壊されることを防ぎ、栄養素も壊すことなくゆでることができるんのです。また、皮をむいてしまうとじゃがいもがゆで水を吸収してしまい、水っぽくなってしまうのを防ぐことにも一理あると言えますね。

皮は熱いうちにむく

じゃがいもの皮を熱いうちにむくほうが良い理由は、冷めてしまうと皮が固くなりむきにくくなる、という点です。また熱いうちなら、じゃがいもをつぶしても水分を飛ばしてくれますので、皮が熱いうちにむいたほうが最高においしいじゃがいもがいただけるということですね。

ポテトサラダのようにきめ細かく舌触りよく作るには、熱いうちでないとその食感が十分に発揮できません。冷めてからつぶすとダマっぽくなってしまうので、皮が熱いうちにむいて、切ったりつぶしたりしたほうがよいということなのです。

茹でたじゃがいもで絶品ポテトサラダ!

最高においしくゆであがったじゃがいもで作ったポテトサラダのレシピをご紹介します。手間がかかっておらず時短でできてしまうおいしさ満点のレシピです。

ほくほくポテトサラダ

じゃがいもは皮をむいて小さく切り、水気をきります。きゅうりとにんじんは薄切りにし、塩でもんで水気をしぼります。鍋にじゃがいも、水、油、塩を入れて中弱火にかけ、湯気が立ったら弱火で蒸します。じゃがいもに火が通ったら鍋をゆすって火からおろし、きゅうりとにんじんに加え、ヨーグルトや油などと混ぜ合わせら完成です。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

味の決め手に大活躍!簡単「海苔の佃煮」の活用レシピ7選

ただご飯に乗せるだけではもったいない!ということで、今回は「海苔の佃煮」を使った人気アレンジレシピ8選を紹介していきます。簡単に取り入れられるので、海苔の佃煮が冷蔵庫に眠っている方は、ぜひ活用してあげてくださ…

鮭フレークの作り方&簡単アレンジ12選!パスタやチャーハンだけじゃない!

パスタに和えたり、ご飯と混ぜてチャーハンにしたり。鮭フレークは、まさに家庭の味方です!そこで今回は、鮭フレークの作り方とアレンジレシピを、主食、おかず、おつまみに分けて12点ご紹介します。簡単なものばかりなの…

夏のマンネリ解消!「そうめん」のつけだれとアレンジレシピまとめ

夏の定番そうめんは、毎日食べると飽きてしまうもの。そこで今回は、トマトや豆乳などを使ったつけだれや、冷やしそうめんのアレンジレシピをまとめましたよ!どれも家にある材料で作れるものばかりなので、ぜひ料理の幅を増…

全て冷蔵保存はダメ!調味料を正しく保存して食の安全を確保しよう

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

簡単なのにおいしさ無限!レトルトカレーのアレンジレシピ!

時間がない日の食事に大助かりなレトルトカレー。同じ味にはもう飽きた……という方へ簡単アレンジレシピをご紹介!たまにはごはん以外で食べてみたい、そんな希望を叶えるレシピが盛り沢山!少し一手間加えるだけで、レパー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パスタにもおにぎりにも!「お茶漬けの素」の無限アレンジレシピ

ご家庭によくある「お茶漬けの素」ですが、パスタやおにぎりなど、色々なアレンジレシピに活かせるということをご存知だったでしょうか?ただお茶漬けにするだけではもったいないですよ!これでお料理の幅がぐっと広がること…

シャキシャキキャベツを楽しもう♪「沼春巻き」おすすめレシピ7選

キャベツをたくさん使った「沼サン」が人気になりましたが、今度はキャベツをたくさん入れた「沼春巻き」が話題だそうです。そんなヘルシーな春巻きのレシピをご紹介します。キャベツには疲労回復や抗ストレス効果、美肌効果…

暑い季節にアレンジいっぱい☆冷しゃぶレシピ「8」選

夏でも美味しくお肉を食べたい♪だけどちょっとバテ気味…あったかいものはヤダー…という時に、冷しゃぶが大活躍してくれます。さっぱり食べられて栄養しっかり!あなたの食欲を刺激する一品、チョイスしてみました☆…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

人気メニュー集結!トマト缶を使った簡単レシピ30選

トマト缶を使ったパスタ、スープ、鶏肉の煮込み料理など、人気のレシピをご紹介します。トマト缶があれば、トマト料理をお手軽に、おいしく作れますよ。作り置きできるレシピもあるので、お弁当にもぴったり。ぜひ便利なトマ…

レンジで作る簡単ワザも!手作り「ブルーベリージャム」の作り方

お家で簡単にできる、ブルーベリージャムの作り方をご紹介します。パンにつけたり、ヨーグルトにかけたり、使い方は無限大!冷凍のブルーベリーでも作れるので、一年中ホームメイドが楽しめますよ。レンジで簡単に作れるレシ…

動物もお花も自由自在♩ウインナーの飾り切りアイデア18選

かわいいお弁当を作るために入れたい、ウインナーの飾り切り。難しいと思ってる方も多いのではないでしょうか?実は、不器用さんでも簡単に作れちゃうんです。基本から、かわいい動物、一見手が込んでるように見えるお花の飾…

ページTOPに戻る