2. ザルにあげて水気を切る

Photo by 長曽我部真未

ザルに豆腐をあげて、10~15分そのまま置きます。

抜けた水分量

Photo by 長曽我部真未

ゆでて水切りをすると、26.4g水分が抜けます。ほかの方法に比べて水分の抜け方は少ないですが、ふんわりとやわらかい仕上がりになりますよ。

重しを使う豆腐の水切りのやり方

作業時間:1~8時間

用意する道具

・ボウルまたはバット
・ザルまたは網
・重し
・キッチンペーパー

作業手順

1. 豆腐をキッチンペーパーで包む

Photo by 長曽我部真未

豆腐をキッチンペーパーで2重に包み、バットと網(またはボウルとザル)にのせます。

2. 重しをのせて放置する

Photo by 長曽我部真未

1の上に重しをのせて放置します。時間がないときは1時間程度、しっかりと水分を抜きたいときはひと晩など時間は調整してください。気温が高いときは冷蔵庫に入れます。

重しは豆腐と同じ重さか少し重いくらいのものにします。水をためたボウルや皿などを使います。

編集部のおすすめ