ローリエとローレルって違うもの?月桂樹は?好相性レシピもチェック!

ローレルとローリエ……レシピを見ると似た使い方をしていて、あれ?同じもの?と疑問に思ったことありませんか?さらにいうと、月桂樹は違うもの?今回はローレルとローリエ、そして月桂樹についてレシピ付きで詳しくまとめました。

2017年11月29日 更新

ローレルはローリエ?

煮込み料理に欠かせない、ハーブやスパイス。具体的にどのような効果を発揮してくれるのか詳しいことまでわからない部分はあっても、ハーブやスパイスを入れることで風味や旨みが増すことはご存じですよね。なかでも様々な料理に大活躍のハーブが、ローレルです。

煮込み料理のレシピを探している時に、「ローレル」という名前のスパイスや、「ローレリエ」という名前のスパイスを見たことはありませんか?どっちも似たような発音で、似たような使い方をしていますよね。これは一体同じものなのでしょうか?全く別のスパイスなのでしょうか?今回は、「ローリエ」と「ローレル」の違いを解説したいと思います。

ふたつは同じもの!

ローリエ・ローレルとは

「ローリエ」も「ローレル」も実は同じスパイス。呼び方が違うだけです。ローリエ”laurier”はフランス語、ローレル”laurel”は英語やスペイン語です。

名前はラテン語の”Laudis(誉め称える)”からきています。古代ギリシャでは、ローリエの葉のついた若い枝を編んで「月桂冠」として、勝利や名誉の象徴に戦やスポーツの勝者に与えられました。オリンピックで聖火ランナーや勝者が冠を被っているのを見たことはないでしょうか?今日でも、スポーツの勝者に月桂冠を与えるのは、これが所以です。

主な原産地は、地中海東部沿岸や西アジアと言われており、現在ではギリシャ、トルコ、フランス、イタリアなどヨーロッパ各国で盛んに栽培されています。

香りについて

清涼感のある香りが特徴的です。生のタイプはすっきりとした香りと多少の苦みがあり、乾燥すればするほど香りは強くなります
それは、乾燥させると青くさい成分も抜け、香り成分がより強調されるようになったためです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう