旨味逃さずふっくらジューシー♩包み焼きハンバーグのレシピ15選

ハンバーグを作ったら生焼けや焼きすぎたことはありませんか?それなら包み焼きすれば大丈夫。フライパンやオーブン、トースター、グリルを使ったレシピをご紹介します。ジューシーに仕上がるだけでなく、簡単に作れたり洗い物が減るうれしいメリットも。

ハンバーグは包み焼きレシピでジューシーに!

家でハンバーグを作っていて、焦げてしまったり中が生焼けだったことはありませんか?そんな時はアルミホイルなどで包み焼きするといいんです。パサつかずにふっくらジューシーに仕上がって、しかも洗い物が減らせることもあるんですよ。

今回は、ハンバーグの包み焼きの、包み方のコツやフライパン、オーブン、トースターなどを使ったレシピをご紹介します。これで洋食屋ような仕上がりのハンバーグが自宅でできちゃいますよ。

包み方のコツとポイント

ハンバーグは表面に焼き目を付けてからアルミホイルで包んで焼くと、うま味が逃げにくくジューシーに仕上がります。フライパンやオーブン、トースターのみで熱を入れる調理法では、洗い物を減らすこともできるから、楽ちんでうれしいですね。
またクッキングシートを使って包み焼きすることもできるので、かわいい柄のものを使えばお子様に喜ばれそうですよ。

包み方のコツは、アルミホイルやクッキングシートの口が開かないように端を密着させること。アルミホイルを2重にするなど、中身がはみ出ないようにしっかりと包み込みましょう。茶巾包みにして紐で縛り上げてもいいですよ。また焼く際は閉じ口や結び目を下にしないように気を付けて。

フライパンで蒸し焼きに!包み焼きレシピ

フライパンだけでできる包み焼きレシピで、バターソースがからんでおいしいですよ。

レンジにかけた玉ねぎ、にんにく、パン粉、牛乳、卵、塩.スパイスを混ぜ、粘りが出るまで混ぜたひき肉と合わせたら冷蔵庫で休ませます。成形してフライパンで両面焼き目をつけ、アルミホイルに玉ねぎをしきハンバーグをのせ、作ったソースをかけて包み、フライパンに包んだハンバーグを並べ、水を注いで蓋をしめて蒸し焼きにします。

オーブンでつくるハンバーグ包み焼きレシピ8選

1.クッキングシートに包んでオーブンへ

オーブンのみで作れる包み焼きレシピです。合挽き肉、玉ねぎ、卵、パン粉、牛乳、塩こしょうを混ぜ合わせてハンバーグ型に成形し、クッキングペーパーにのせて上に野菜をのせてデミソースをかけて包みます。オーブンで15分焼いたらできあがり。キャンディを包むようにすると、盛り付けがかわいくなりますよ。

2.チーズインハンバーグ

人気のチーズインハンバーグを包み焼きで作るレシピです。ボウルに合挽き肉、玉ねぎ、牛乳で浸したパン粉、卵、塩こしょう、ナツメグを入れ、粘り気が出るまでこね、作りたい分量をとり、チーズを入れてから空気を抜き成形します。フライパンで両面焼いてアルミホイルを敷いた耐熱皿に入れ、フライパンに残った肉汁に煮込みハンバーグの素を入れてひと煮立ちさせ、ハンバーグの上にかけてふんわりアルミホイルで包み、オーブンで15分焼いてできあがり。

3.赤ワイン入り簡単デミグラスソースで

ケチャップ、ウスターソース、赤ワインで簡単にデミグラスソースを作っています。ボウルに合挽き肉、塩、こしょう、ナツメグを入れて粘りが出るまでこね、玉ねぎ、パン粉、牛乳、卵を加えて混ぜて小判形に成形したら、フライパンに「フライパン用ホイルシート」を敷いて、ハンバーグを入れて両面焼きます。さらに「フライパン用ホイルシート」にハンバーグをのせ、きのこ類を上に散らし、ケチャップ、ウスターソース、赤ワインを混ぜてかけ、バターをのせて包んだらオーブンで焼いてできあがり。

4.松茸の生クリームソース包み焼きバーグ

特集

SPECIAL CONTENTS