韓国の味を再現!スンドゥブチゲの本格&簡単レシピ18選

やわらか豆腐が特徴のスンドゥブチゲはいかがですか?熱々スパイシーな味わいが、身体を芯から温めてくれますね。今回は、お店に負けないご家庭でもできる本格的なレシピと、もっとお手軽にできる人気レシピもあわせてご紹介いたします!

2018年12月4日 更新

柔らか豆腐のスンドゥブチゲレシピ

スンドゥブ(純豆腐)とは韓国式のお豆腐のことで、日本のおぼろ豆腐と同じように水分を絞っていないので、フンワリやわらかな食感です。数年前から純豆腐のチェーン店も展開され、その味わいは多くの人に広まっています。今回は、スーパーで手に入る日本のお豆腐を使って作る、辛くておいしいスンドゥブチゲの魅力とレシピをご紹介いたします!

スンドゥブチゲとキムチ鍋の違いは?

スンドゥブチゲは、トゥッペギと呼ばれる土鍋などに貝類を敷き、スンドゥブと肉・野菜を入れて水またはスープを張り、コチュジャン、唐辛子粉、ニンニク、ごま油などを使った合わせ調味料で辛味の味付けをして煮込んだものを指します。

そして、最後に生卵を落とすのが定番の韓国料理の鍋物として有名です。お豆腐は豆乳に凝固剤を加えた状態で、絞らないので水分を多く含んで柔らかなんですよ。
キムチ鍋の方は、見た目は真っ赤でスンドゥブチゲと似ていますが、白菜キムチをメインに具には肉類または魚介類、野菜、豆腐などが使われます。お豆腐は脇役なんですね。ちなみにキムチ鍋は、最初からスープで煮込むのではなくて、キムチと肉類を炒めてからスープを注ぐのが本格的な作り方です。キムチは発酵が進んで酸味が強い物ほど味わい深いようです。

本格スンドゥブチゲのレシピ6選

1. 身近な食材で野菜たっぷりのスンドゥブチゲ

「いわゆる本場の食材や調味料」を使わずに、身近な材料で作れるレシピです。豚肉と調味料を炒めて香りを引き出し、あさりとお好みの具材をたっぷりと加えて鶏ガラスープで煮込みましょう。最後にゴマ油を加えて、韓国料理らしい香りを立てるのがポイントです。お好みで卵を割り入れていただきます。

2. 煮干しダシのスープから作る!あっさりスンドゥブチゲ

煮干しを水に浸けてダシをとります。土鍋に煮干しダシとコチジャンとお醤油ベースの調味料を加えて中火にかけます。

沸騰したら弱火にして野菜とアサリ、キムチを加えます。アサリの口が開いたら、絹ごし豆腐を加えて煮たったら卵黄をそっと入れ、仕上げに一味唐辛子を振り、ゴマ油をたらします。キムチの量で辛さを加減してください。

3. 市販の素で再現!スンドゥブチゲ

石鍋にスープを入れて火にかけ、沸いたら豚肉と野菜を煮込み、豆腐をスプーンですくって入れます。

最後に卵を割り入れ、ニラ、もやしとすりごま・刻みネギを乗せてできあがりです。かなりパンチの効いた辛さなので、辛過ぎる場合は、お酒やみりんを加えて調整してください。

4. 木綿豆腐でしっかりめ♩スンドゥブ

木綿豆腐はひと口大に切って下ゆでしておきます。お鍋を中火にかけ、豚肉・白菜の順に炒め、コチュジャンを加えて味を引き立てます。

鶏ガラスープを加えて沸いたら白ネギの芯と木綿豆腐を加え、弱火にして煮込みます。ニラを加えてひと混ぜし、器に盛って白髪(しらが)ネギを飾ります。

ITEM

木綿豆腐

内容量:1パック(300g)

¥45〜 ※2018年7月11日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう