ライター : sakuha

WEBライター

ミーハーが故に、話題のショップやグルメ情報をチェックすることが好き。あまり得意でない料理は「簡単・おしゃれ」なレシピを見てやる気をアップさせています。ライティングを通じて、…もっとみる

ぷりぷりの海老カツを作ろう!

子どもから年配の方まで食べやすい海老カツ。海老カツのポイントは海老のぷりぷりと言っても過言ではないでしょう!ぷりぷりの海老カツをつくるためには、まず海老の殻むきから。

殻のむき方と冷凍海老の下処理方法もご紹介。簡単なので、むき方のコツと手順を覚えたら、ぱぱっと手早く作業できますよ。

海老のむき方

海老カツにつかう海老は、生の海老か冷凍の海老。生の海老は殻をむき、冷凍の海老は解凍してつかいます。

生の海老

生の海老の殻は、頭部、中央ぐらいの2節にわけてむいていきます。海老の足や殻の破片が残ってることもあるので、殻をむいたあとさっと水洗いがおすすめです。

冷凍海老

冷凍海老は、流水解凍をしましょう。冷凍海老をボウルに入れ、塩、片栗粉、水を入れてもみこみます。5分ほど放置するとよごれが落ちるので、水洗いして完了です。

プリプリおいしい!海老カツの人気レシピ7選

1. まずは王道から。基本の海老カツ

基本の海老カツレシピです。タネは冷蔵庫に7~8分入れておくと扱いやすくなりますよ。メインディッシュの時にはタネを大きめに、お弁当用には小さめにつくったりとサイズを変えて味わうことができます。バーガーやサンドウィッチにもおすすめです。

2. バター香る。ぷりぷり海老カツ

バターの風味がフワッと香る、ぷりぷりの海老カツレシピです。バターでたまねぎをしんなりするくらい炒めるのがポイント。グッとコクと旨味が増します。えびをミンチにするときは細かくしすぎず、粗めにして歯ごたえを残すようにすると食感を楽しめますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ