根室の郷土料理「エスカロップ」って?豚カツにあのソースの組合せが最高らしい

北海道の根室で絶大な人気を誇る「エスカロップ」。地元の方にとっては、全国で親しまれているメニューだと思っていた……という声もあるほどあたりまえに食べられているものなんだそう。そんな「エスカロップ」とはいったいどのような食べ物なのでしょうか?

根室の郷土料理「エスカロップ」とは?

根室の郷土料理である「エスカロップ」。昭和35年ごろ、東京の新橋で腕を磨いた根室市の洋食屋「モンブラン」のコックさんが、忙しく体力の消耗が激しい漁師たちのために考案したメニューです。あっという間に市内で評判になり、人気のメニューになりました。バターライスの上にトンカツをのせて、デミグラスソースをかけた料理で、バターライスに細かく切った竹の子を入れるのが特徴です。

赤エスカと白エスカ

「エスカロップ」は略して「エスカ」とも呼ばれています。その中でも「赤エスカ」と「白エスカ」というものがあるのはご存知でしょうか。

先ほどご紹介した、バターライスを使用したものが「白エスカ」。いっぽう、ケチャップライスを用いたものが「赤エスカ」と呼ばれています。現在の主流は「白エスカ」ですが、最初に考案されたのはマッシュルーム入りのケチャップライスを使った「赤エスカ」だったそうです。

エスカロップの名前の意味

すこし変わった名前の由来は、フランス語の「エスカロープ(escalope)」からきているといわれています。これは、子牛、豚、七面鳥などの骨なし薄切り肉や、これらに衣を付けてフライパンで炒め焼いた料理を意味します。根室のエスカロップも薄切り肉を使っていますので、とても納得できますね。

エスカロップのレシピ

現在の主流である「白エスカ」の作り方をご紹介します。

材料(2人前)

<カツ>
・豚肉(トンカツ用)……2枚
・卵……1個
・小麦粉……適量
・パン粉……適量
・塩こしょう……適量
・市販のデミグラスソース……適量

<バターライス>
・ごはん……1合
・バター……15g
・水煮たけのこ……100g
・にんにく……1かけ
・塩こしょう……適量

作り方

1. トンカツ用の豚肉を包丁の背や麺棒でよくたたき、塩こしょうで下味をつけます。

2. 溶き卵、小麦粉、パン粉の順につけて、油で揚げましょう。

3. にんにくはみじん切りに、たけのこは粗みじん切りに切っておきます。

4. 熱したフライパンに油、にんにく、たけのこを入れて軽く炒めます。

5. にんにくの香りが出てきたら、ごはんとバターを入れて全体に混ざるようにさらに炒めていき、塩こしょうで味をととのえます。

6. お皿にバターライスとトンカツを盛り、デミグラスソースをかければできあがり。
付け合わせに千切りキャベツやトマト、ポテトサラダなどを用意すると、さらにお店で食べるエスカロップに近づきますよ。

エスカロップ発祥の店お店「ニューモンブラン」

洋食屋「モンブラン」は、残念ながら「エスカロップ」が誕生してほどなく閉店しています。しかし、モンブランで働いていたコックさんが味を受け継いで「ニューモンブラン」を開店。昭和40年から現在まで変わらぬ味を守り続けています。

店内は、懐かしい喫茶店のようなアンティーク感がただよっています。ブラウンとオークの組み合わせた内装と、やわらかな照明が落ち着ついた雰囲気を作り出していますね。

エスカロップ

ニューモンブランのエスカロップ

エスカロップ 890円

これぞ元祖エスカロップ。ステンレス製のお皿がさらによい雰囲気を演出しています。薄めなカツのサクッとした食感と、バターライスの芳醇な香りでいくらでも食べられそう。

デミグラスソースは牛の骨などを使って手間をかけて作られています。できあがるのに1週間から10日ほどかかるそうで、マイルドなのにしっかりとコクが感じられるソースになっています。

店舗情報

■店舗名:ニューモンブラン
■最寄駅:JR根室本線 根室駅
■住所:北海道根室市光和町1-1
■電話番号:0153-24-3301
■営業時間:9:00〜20:00
■定休日:月3回不定休
■参考URL:https://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011203/1005250/

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう