冷凍保存方法

えのきを冷凍保存する場合は、あらかじめ石づきをカットし、ほぐしておきましょう。えのきを含めきのこ類は、洗うと風味や旨味が落ちてしまいます。汚れは軽く払って落としたり、気になる場合はキッチンペーパーで拭いたりしてください。

冷凍用のジッパー付き保存袋にえのきをバラバラにして入れて、1時間冷凍します。1時間経ったら一旦取り出し、凍ったえのきをほぐしてから再度冷凍用のジッパー付き保存袋に入れて、空気を抜いてから封をし冷凍しましょう。手間はかかりますが、えのき同士がくっつかずに保存できます。

冷凍した場合の保存期間

えのきを冷凍する場合は、3週間ほど保存可能です。すぐに使わない場合やたくさん購入した場合は、ぜひ冷凍保存して上手に活用してください。

えのき氷ならおよそ2ヶ月

Photo by 上原 花菜

えのき氷とは、えのきをペースト状にして凍らせたものです。みそ汁や煮物などの出汁として使えるだけでなく、お茶やジュースにも使えます。炒め物に使う際は、使う分だけ解凍してから材料と一緒に混ぜ合わせると味がよく馴染みます。

えのきは凍らせると長期保存が可能になるうえ、えのき氷を入れるだけで料理の旨味もぐんとアップしておいしくなりますよ。

えのき氷の作り方

1. えのきの石づきを切り落とし、ざく切りにする

2. ざく切りにしたえのきと水をミキサーに入れ、ペースト状になるまで撹拌する

3. ペースト状になったら鍋に移し、弱火で1時間ほど焦がさないようにじっくり煮詰める

4. 冷めたら製氷皿に入れてキューブ状に凍らせる

えのき氷の保存期間

えのき氷は、2ヶ月ほど保存が可能です。自分で作るのは少し大変という方は、ネット通販でも購入できますよ。

干しえのきは長期保存が可能

干しえのきにすると、冷凍保存よりも長く保存できます。干しえのきは常温または冷蔵で保存してください。干しえのきと一緒に食品用乾燥剤を入れておくと長持ちしますよ。それでは、具体的な作り方を見ていきましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ