せせりってどこの部位か知ってる?気になるカロリーや調理法を伝授!

ジューシーなせせりは焼き鳥の中でも人気のメニューですよね。みんなが知ってるせせりですが、鶏肉のどこの部位か知っていますか?今回はせせりについて、カロリーや下ごしらえ、レシピだけでなく、購入方法もお教えします!ぜひ参考にしてくださいね♪

2017年6月9日 更新

貴重部位のせせりは焼き鳥以外でもおいしい

みんな大好き鶏肉、そして焼き鳥。焼き鳥にはいろいろな部位がありますよね。その中でもさっぱりしているのにほどよい脂身、そして噛めば噛むほど旨みを感じられるせせりと言われる部分は、あまりお目にかかれない貴重な部位です。

そのため、せせりと言われる部位のことを詳しく知っている方は少ないかと思います。そして、せせりは焼き鳥以外ではどんなレシピがあるのか、気になりますよね。今回はそんなせせりについて紹介したいと思います。

せせりってどこの部位?

まず、せせりはどこの部位のことなのでしょうか。せせりは、首の後ろ側にあるお肉です。細い筋肉なので、1匹からたくさんとれるわけではありません。姿勢を保つ大切な役割を果たしています。

鶏はしょっちゅう首を動かしているので、その分とても運動量が多く、結果としてせせりの部位がプリッとしていながらジューシーで濃厚な味わいとなっています。

せせりの気になるカロリーは?

せせりの100gあたりのカロリーは、215kcal!ほかの鶏肉の部位(100gあたり)と比べるともも肉(皮付き)200kcal、むね肉(皮付き)は190kcal、砂肝は94kcalなので、少し高めではあるものの、そのジューシーさを考えると思ったよりは高くないのではないでしょうか。

せせりの下ごしらえの仕方

1. 日本酒につける

日本酒につけることによってやわらかくなり、パサつかないしっとりとした食感になります。調理の過程でアルコールは飛びますので、小さいお子さんに作るときに使っても心配ありません。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう