今年のクリスマスはリースケーキで♪おすすめレシピ11選

今年のクリスマスはどんなケーキを食べるご予定ですか?まだ決まっていない方はぜひ「リースケーキ」に挑戦してみましょう。市販の材料をうまく使えば簡単に作れますので、お菓子作りが苦手な方でもノープロブレムです。見栄えもよいのでおすすめですよ!

今年のクリスマスケーキは何にする?

いよいよクリスマスが間近に迫ってまいりました。2016年のクリスマスはちょうど土日に当たるので、ご家族や恋人と一緒に過ごされる方も多いのではないでしょうか。クリスマスツリーやプレゼントの準備はもちろん、当日のごちそうもそろそろ考え始めなければなりませんよね。

クリスマスのごちそうといえば、チキンやローストビーフを連想しますが、もうひとつ欠かせないのがクリスマスケーキです。みなさん今年はどんなケーキをご用意されるご予定ですか?

手作りしたいけれどどんなケーキを作ろうか決めかねている方は、ぜひ「リースケーキ」に挑戦してみてください。おいしいのはもちろん、見た目もクリスマス感満載なので、パーティーが盛り上がること間違いなしです。今日はリースケーキの作り方やアイデアレシピをご紹介していきたいと思います。

「リースケーキ」ってどんなケーキ?

「リースケーキ」とは、その名の通りクリスマスリースをモチーフにしたケーキのこと。

シフォン型やクグロフ型を使用してリースの形に焼き上げたものや、タルトやホールケーキにフルーツや生クリームなどでリース型にデコレーションしたものなど、作り方もさまざまです。

リースケーキの基本的な作り方

それではさっそくリースケーキの作り方を見てみましょう。ここではシフォン型を使用した、基本レシピについてご紹介したいと思います。

材料(18cmシフォン型)

・卵……3個
・薄力粉……70g
・砂糖(グラニュー糖でも可)……60g
・牛乳(水でも可)……50㏄
・サラダ油……45㏄
・バニラエッセンス……数滴(省略可)
・お好みのデコレーション(生クリームやフルーツなど)……適宜

作り方

1. 卵を卵黄と卵白にわける。薄力粉はふるっておく。

2. 卵黄に砂糖の半量を加えて混ぜる。

3. 牛乳、サラダ油の順に加えて、都度よく混ぜる。

4. 薄力粉を加えさらに混ぜる。

5. 卵白に残りの砂糖を少しずつ加えながら混ぜ、しっかりとしたメレンゲを作る。

6. メレンゲを4に少し加え、全体になじませる。

7. 残りのメレンゲをすべて加え、さっくりとやさしく混ぜる。

8. 生地をシフォン型に流し込み、170℃で10分、その後160℃に下げて20分焼く。

9. 粗熱がとれてから生クリームやフルーツでデコレーションをして完成。

みんなのリースケーキアイデアレシピ

基本の作り方を学んだところで、今度はさまざまなアイデアレシピを見ていきましょう。市販のケーキをアレンジしたお手軽レシピなどもありますので、ぜひご参考にしてみてください。

1. 抹茶クグロフのリースケーキ

クグロフ型を使ってケーキを焼いて抹茶パウダーを振りかければ、それだけでリースのような見た目に。ベルやリボンをあしらって、雪に見立てた粉砂糖も振りかければクリスマスムードがいっそう増しそうです。

2. レアチーズタルトのリースケーキ

シフォン型がなくてもリースケーキは作れます。たとえばこんな風にタルトを作って、まわりにフルーツを並べるだけでOKです。クリスマスカラーを意識して、真っ赤なイチゴやグリーンのミントなどを使うとより雰囲気が出ますよ。

タルトを作る時間がなければ、ビスケットを砕いて溶かしバターを合わせたものを型に敷き詰めても大丈夫です。市販のタルト型を使用しても時短になっていいですね。

3. 市販スポンジケーキをアレンジ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

pomipomi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう