口コミで話題の炊飯器「バーミキュラライスポット」の魅力に迫る。

口コミで話題の炊飯器「バーミキュラライスポット」の魅力をたっぷりご紹介します。「世界一おいしいご飯」のために保温機能さえ削ぎ落としたというライスポットの機能を、炊飯・調理ふたつのモードで実食レポート。究極の炊飯器をあなたも体感してみませんか?

2019年3月26日 更新

炊飯も調理も任せて!「バーミキュラ ライスポット」

炊飯器と調理器が一体化した「バーミキュラ ライスポット」は、鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」で一世を風靡したメーカーから発売される新商品!「世界一おいしいご飯」を炊く調理器具として、一挙に注目を浴びているんです。
メイド・イン・ジャパンの品質と"究極の無水調理"ができるバーミキュラがさらに進化した、炊飯と調理を叶えるハイブリッド鍋。

ラインナップは5合炊き(税抜 79,800円)3号炊き(税抜 64,800円)のふたつのサイズ。少々お値段は張りますが、ワンタッチ操作で簡単にご飯が炊けて、料理もできる魔法のお鍋なんです!
今回は、バーミキュラ ライスポットの5号炊きを使って、おこげと煮込み料理を作ってみましたよ。ボタン操作がとても分かりやすく、まさに次世代型最新家電を体感しました!1家に1台ほしいハイテク「バーミキュラ ライスポット」をご紹介します。

バーミキュラ ライスポットのここがすごい!

バーミキュラ ライスポットは鋳物ホーロー鍋でご飯を炊きます。いわゆる鉄で作られたお鍋。アルミ製、ステンレス製が一般的とされるなか、それらの釜ではむずかしかった「まるで土鍋」の実現に成功しているんです!

スマートタッチキーを採用

余計な部分は光らず、誰でも迷わないで調理できる「スマートタッチキー」が搭載され、定番のタイマー機能だけでなく玄米やおこげといった設定も可能なんですよ!

保温機能を排除

大きな特徴のひとつに、バーミキュラ ライスポットには保温機能がありません。

製造する愛知ドビー株式会社の調査によると、炊飯器で保温する人は20%と少数派。また保温用の蓋をなくすことで、鍋内部で大きな熱対流を生み出すことに成功。ご飯の一粒一粒にムラなく熱を通すことができ、よりふっくらツヤツヤなご飯が炊けるんだそう。思い切って保温機能をなくしたのは、鍋炊きご飯のおいしさを追求した結果なんです。
1 / 5

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

myan3

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう