【基本レシピ】なめらかプリンの作り方!おいしく作るコツも伝授

今回は、とろとろとろける「なめらかプリン」のレシピをご紹介します。よりおいしくするためのコツもお教えするので、初めて挑戦する人も大丈夫!そのほか、ゼラチンやレンジで作る簡単レシピや、人気のアレンジもまとめてみました。

なめらかプリンの基本レシピ

基本レシピでは、生クリームをたっぷり使って舌触りがなめらかなプリンをご紹介します。材料や道具をあらかじめ揃えておけば、手際良く作れますよ。

材料(マグカップ2個分)約456kcal/個

・牛乳……110g
・生クリーム……135g
・卵黄……2個分
・グラニュー糖……25g
・バニラエッセンス……お好みで

用意する道具

・ボウル(※できれば18cmサイズ)
・ホイッパー
・茶こし
・フタ付きの鍋(※マグカップが2つ入るサイズ)
・耐熱マグカップ×2
・キッチンペーパー
・アルミホイル

作り方

1. ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、ホイッパーでよく混ぜます。空気を含むというよりは、すり混ぜるようなイメージで、全体的に白っぽくなるまで混ぜてください。
2. 鍋に牛乳と生クリームを入れ、中火で約40℃に温めます。温度計があればベストです。ふつふつとしてきたら40℃よりは高いので、気をつけましょう。ときどき鍋をかき混ぜて、均等に温度を上げることを心がけてください。
3. 1のボウルに2で温めた牛乳と生クリーム、そしてバニラエッセンスを2~3滴入れ、手早くホイッパーで混ぜてください。全体の生地がむらなく混ざればOKです。
4. 3で完成した生地を茶こしで漉しながら、容器に流し入れます。茶こしがなければ、なるべく目の細かいザルのようなものでも代用可能です。
5. 容器に流し入れると気泡が表面に浮いてくるので、キッチンペーパーを泡に押し当てるようにして、気泡を取り除いてください。
6. 鍋に容器の半分くらいの高さまで水を入れ、沸騰させます。
7. 一度火を止め、アルミホイルでしっかりとフタをした容器を鍋の中に入れます。このとき、火傷には注意してくださいね。鍋にフタをして、弱火から中火で約15分間蒸します。
8. 鍋から容器を取り出し、粗熱がとれたら冷蔵庫に入れ、4~5時間冷やしてからお召し上がりください。お好みでカラメルソースやフルーツ、生クリームをトッピングするとさらにおいしくなります。

さらにおいしく作るコツ3つ

1. 牛乳と生クリームの温度に注意!

牛乳や生クリームには、「カゼイン」というたんぱく質が含まれています。このカゼイン、熱が加わると凝固して表面に膜を作り、これがなめらかな食感を損なう原因となってしまいます。そのため、カゼインが凝固しない約40℃に温める必要があるんです。

2. 泡をしっかり除いてきれいな仕上がりに

ホイッパーを使って混ぜるので、どうしても生地に空気が入ります。これが気泡となり、容器に流し入れたときに表面に浮いてくるのですが、このまま焼くと泡の形がそのまま残ってしまうのです。

回避するには、きめの細かい茶こし+キッチンペーパーでしっかりと泡をとることが大切ですよ。

3. 加熱終わりの目安を把握する

特集

SPECIAL CONTENTS