かけうどん用の温かいつゆ

白だしを温かいうどんに使うときは、白だしとみりんと5:1の割合で混ぜ合わせ、5〜6倍ほどの水で薄めましょう。やさしい風味のなかにほんのりと甘さが感じられ、上品な味わいに仕上がります。

関東と何が違う?関西風うどんつゆの作り方

うどんの話になると、必ず出てくるのが関東と関西のつゆの違いです。色が濃い関東風のうどんつゆに対して、関西風のうどんつゆは透明感があることが特徴。見た目の違いは単純に使うしょうゆの違いで、関東は濃口しょうゆ、関西は薄口しょうゆを使うのが一般的ですよ。

材料(かけうどん2杯分)

〈だし〉
・水……500cc
・昆布……5cm
・かつおぶし……ひと掴み

〈つゆ〉
・薄口しょうゆ……大さじ2杯弱
・みりん……大さじ2杯
・砂糖……小さじ2杯
・塩……小さじ1杯
・酒……大さじ2杯

作り方

1. 鍋に水を入れて昆布を30分以上浸し、中火にかけて沸騰する直前に昆布を取り出す

2. かつおぶしを入れて沸騰したらアクを取り、火を止めてこす

3. 2につゆの調味料をすべて入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたら完成

こんな使い方も!うどんつゆの人気アレンジレシピ12選

ざるうどん用の冷たいうどんつゆを活用するおすすめレシピをご紹介します。だしの効いた深い味わいで、料理のおいしさををぐっとアップさせましょう♪ うどんつゆの濃さによって、調味料の割合は調整してくださいね。

1. さば味噌煮缶で。うどんつゆのねぎみそふりかけ

Photo by macaroni

さば味噌煮缶と長ねぎを、めんつゆや酒など家にある調味料で炒めるレシピです。めんつゆの代わりに、手作りのうどんつゆを使ってもOK。うどんつゆとみその濃厚な味わいに、ついついごはんをおかわりしてしまいますよ。余ったさば味噌煮缶の消費にもおすすめ。普段のごはんだけでなく、お弁当にも大活躍するひと品です。

編集部のおすすめ