違いがわかるオトナへ…「かぼちゃガレット」で秋の夜長をお楽しみください

かぼちゃとアンチョビを合わせてガレットを作りました。カリカリに焼いた表面とかぼちゃの香ばしさ、アンチョビの塩気が混じって、お酒が進むおつまみです。定番メニューとは差がつく、おしゃれなかぼちゃレシピをレパートリーに加えてみませんか?

大人のための「かぼちゃガレット」

秋真っ盛り、旬のかぼちゃを使ったメニューが目白押しですね。グラタンやコロッケ、スープなど、かぼちゃのホクホク甘い特徴を活かしたメニューもよいのですが、今回はワインにぴったりな、大人のためのかぼちゃメニューをご紹介。

パリパリの香ばしさとアンチョビの塩気が癖になるかぼちゃガレットは、ぜひお酒と一緒に食べてほしいひと皿です。映画を見ながら、本を読みながら、お酒とおつまみのガレットで最高の秋の夜長が演出できますよ♩

「アンチョビ入り♩かぼちゃガレット」の材料

・かぼちゃ:1/4個
・アンチョビフィレ:10g(2切れ)
・マヨネーズ:大さじ2杯 ※またはオリーブオイル
・小麦粉:大さじ1杯
・パルメザンチーズ:大さじ1杯

「アンチョビ入り♩かぼちゃガレット」の作り方

1 かぼちゃをカットして千切りにします

かぼちゃ1/4を、適度な大きさにカットします。
かぼちゃをスライサーで皮ごと千切りにします。かぼちゃは、スライスしやすい大きさにカットしてくださいね。

2 かぼちゃに小麦粉を合わせます

千切りにしたかぼちゃをボウルに入れて、小麦粉大さじ1杯と混ぜ合わせます。
粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。

3 マヨネーズでアンチョビを炒めます

熱したフライパンにマヨネーズ大さじ2杯を入れます。

※アンチョビの臭みが苦手な方は、オリーブオイルでアンチョビを炒めると、臭みを和らげられます。
アンチョビを加えます。
マヨネーズがフツフツするまで炒めます。

特集

SPECIAL CONTENTS