4. 残りの味噌汁でコク旨ねこまんま

残ってしまったお味噌汁はねこまんまにアレンジしてみましょう。作り方はまず、お味噌汁にご飯を入れ、ひと煮立ちさせます。そこにごま油と、溶き卵を入れ、軽くまぜたらできあがり!

5. 味噌風味のトマトリゾットねこまんま

味噌汁を、和風リゾットにアレンジしたねこまんまがこちら!トマト、余った野菜をみじん切りにして、加熱した味噌汁にほんだしといっしょに投入します。塩と醤油で味を整えたら、溶き卵をいれてかきまぜ、完成です。簡単なのに、栄養満点なのがうれしいですね。

アレンジ自在!和風ねこまんま12選

鰹節の旨味を活かしたねこまんまも、あり合わせの材料をありったけのせたねこまんまも、日本の庶民の食生活の王道ですよね。ねこまんまのドストレート和風アレンジをご紹介しましょう。

1. きゅうりたっぷり冷や汁のねこまんま

キュウリがたっぷり入る冷や汁は、夏の暑い日には欠かせない優秀な夏バテ防止料理。本来は、だしになるお魚やゴマを丁寧にすり潰し、味噌と合わせてだし汁でのばしますが、もちろん簡単に残ったお味噌汁を冷やしてかけるだけでもOKです。だしのよく効いたお汁で、食欲のない日もスルスルとご飯をいただけるのがうれしいですね。

2. いわし削りたっぷりのねこまんま

基本中の基本のようで、こだわりのいわし削りたっぷりのねこまんま。お醤油と一緒にたらしたごま油で、食欲もさらに増しますよね。

3. 夏の冷やしねこまんま

市販のめんつゆなどを利用して、簡単ねこまんまをいただきましょう。焼き魚をほぐして温玉ものせれば、いっきに豪華な気分が増します。箸休めにお漬け物も添えたら、ちょっとした小料理屋さんのおすすめごはんのようですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ