ローディング中

Loading...

やさしい甘さで子供から大人までみんな大好きなとうもろこし。最近は、大胆に芯ごと炊き込んだとうもろこしご飯が流行っていますよね。そんなとうもろこし、皆さんは余ったときどうしていますか。今回はとうもろこしの冷凍保存方法についてご紹介します。

とうもろこしは冷凍できる?

トマトやオクラと並んで夏の野菜に欠かせないとうもろこし。スーパーや八百屋さんの店頭でとうもろこしを見かけると、毎年「今年も夏が来たんだな」と実感しますよね。

最近は、芯ごと炊き込んだとうもろこしご飯や、皮の部分を三つ編みにしたとうもろこしなど、SNSでもさまざまなとうもろこしの食べ方が話題になっています。

ですが、皆さんは残ったとうもころしをどのように保存していますか。冷凍保存してしまえば長く保存できるため便利そうですが、そもそもとうもろこしは冷凍保存しても問題ないのでしょうか。今回は、とうもろこしの冷凍保存についてまとめてみました。

とうもろこしは冷凍保存できる!

塩ゆでにして思いっきりかぶりつくのもおいしいですが、せっかくのとうもろこし、できればスープやサラダ、炒め物などさまざまな調理法で味わってみたいですよね。

ですが、一度にとうもろこしばかり食べていたのでは栄養バランスが悪くなってしまいますし、生のままや茹でて冷蔵保存している状態では数日でダメになってしまいます。

そんなときは冷凍保存がおすすめです。「え?せっかくのとうもろこしなのに冷凍保存したら味が落ちてしまうのでは?」「食感は変わらないの?」と思っている方も、安心してください。

とうもろこしは、きちんとコツを押さえれば風味や食感を損なわずして冷凍保存することができて、冷凍保存だからこそのメリットもたくさんあるのです。

冷凍保存のうれしいメリット

保存期間が長くなる

とうもろこしを冷凍保存する最大のメリットとも言えるのが、保存期間が長くなることです。通常、冷蔵保存の場合は2~3日が限度と言われています。そしてたとえ翌日であっても、茹でたてと一晩置いたあとでは、栄養価が半分以下になってしまうと言われています。

また、とうもろこしは食中毒などが多発しやすい夏が旬の野菜のため、やはり保存環境には十分気をつけたいところですよね。

ですが、冷凍保存すれば1ヶ月ほどは持つと言われています。1ヶ月あれば、スープやサラダ、炒め物、そして赤ちゃんがいるご家庭では離乳食などさまざまな物に使えますし、うっかり茹でたのを忘れていて、処分しなければいけなくなったという事態も避けられますよね。

夏以外にも楽しめる

ミックスベジタブルや缶詰のとうもろこしなど、今や一年中楽しむことができるとうもろこしですが、やはり旬の夏にいただくフレッシュなとうもろこしの味は格別ですよね。

冷凍保存しておけば夏以外にもとうもころしが楽しめるといううれしいメリットがありますので、こういった点でも冷凍保存はおすすめです。

もうそろそろとうもころしは終わりかな?という夏の終わりギリギリにとうもろこしを多めに購入して冷凍保存しておけば、比較的長く楽しめそうですね。

使いたいときに使いたい分だけ使える

皆さんはフレッシュなとうもろこしを買った際、どのようなサイズで、また、どのような方法で食べますか。

おそらく、大半の人が1本のとうもろこしを3~4等分にし、塩ゆでして食べると回答するのではないでしょうか。

これはシンプルながらも、もっともおいしいとうもろこしの食べ方ではありますが、余ったときが意外と不便ですよね。ですが、あらかじめ小さく切って冷凍しておけば次回使う際、使いたい分だけ使うことができます。

また、離乳食用にペースト状にしたとうもろこしを冷凍保存する際は、製氷器などに入れておくとキューブ状になり、さらに使いやすくなりますよ。

デメリットはないの?

冷凍保存しておくことで保存可能期間が長くなり、とうもろこしの旬である夏以外も楽しめるという、メリットがたくさんあるとうもころしの冷凍保存ですが、反対にデメリットはないのでしょうか。

正直なところ、買いたてのとうもころしとしばらく冷凍しておいたとうもころしとでは、香りは違います。ですが言われなければ分からない範囲ですし、風味もそこまで落ちません。

なかなか毎日とうもころしばかり食べられないことや、家族が少なくてたくさん買っても余ってしまうという場合などはやはり冷凍保存がおすすめです。

どれぐらい保存しておける?

冷凍したとうもろこしの保存期間は約1ヶ月が目安と言われています。冷凍してしまえば、いくらでも日持ちがするように思える冷凍庫での保存ですが、やはり1ヶ月を過ぎると冷凍焼けを起こしてしまい、風味や食感、そして栄養価がどんどん落ちていってしまいます。

冷凍保存する際は、ジップロックなどのチャックがついた袋に入れ、日付けを書いておくとよいですね。また、粒の状態のもの、ペースト状のものなど、いろいろな形状で保存しておくと調理する際に便利ですよ。

冷凍保存のやり方

茹でてからの場合

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

箱みかんも長持ち!みかんの上手な保存方法&賞味期限

みかん

食べやすくおいしい果物のみかんですが、箱で大量に購入した際の保存方法はどうしていますか?実がやわらかく傷みやすいみかんの保存はコツをおさえて長持ちさせることができるんですよ。みかんの賞味期限や上手な冷蔵、冷凍…

泥つきが一番長持ち!さつまいもの上手な保存方法&賞味期限

さつまいも

甘くておいしいさつまいも。さつまいもの正しい保存方法を知っていますか。さつまいもの保存は洗わないことが長持ちの秘訣です。そのままの保存や冷凍保存方法、カットしたものはどうしたら?など、旬のさつまいもをぐっと長…

泥つきで長持ち!里芋の上手な保存方法&賞味期限

煮物、蒸し物など、いろいろな料理に活躍する里芋は、水分を多く含み、低カロリー。おいしくてヘルシーな里芋の賞味期限や保存方法をご紹介します。泥つきをそのまま保存、洗って保存、冷凍保存など、保存方法もいろいろあり…

ほっこり「ほうれん草の味噌汁」のレシピ。どんな具材と合わせる?

レシピ ほうれん草

さまざまな料理に使われる野菜「ほうれん草」。味噌汁に入れると、手軽に食べられますよ。今回はほうれん草の味噌汁のレシピと、おすすめの具材の組み合わせをご紹介。ほうれん草の味噌汁レパートリーを、この機会に増やしま…

ひと手間で豹変!?「大根おろし」の辛みを抑える方法を大検証!

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

やっぱり気になる!?カフェのフードメニューカロリーをまとめてみた。

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

【これであなたも日本酒通(ツウ)!?】日本酒に使える香りの表現5選

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

知っておくべきチーズと日本酒の人気マリアージュ3選+α

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

銀座で名店の味を。ランチにおすすめの天ぷら屋さん20選

銀座 天ぷら まとめ

ミシュラン3つ星を獲得した名店や数々の美食家からも愛されるお店まで。銀座でおすすめの天ぷら屋さんを20店をご紹介します。銀座で天ぷらなんて手が届かなそうですが、ランチなら意外とリーズナブルに頂けますよ。

思わず懐かしさがこみ上げる。レトロなパッケージの商品まとめ

ジャム まとめ

スーパーなどで普段目にする数々の食品の中で、どこか懐かしさを感じさせるレトロなパッケージの食品を集めました。今風のオシャレなものとは一線を画しますが、どれも味のあるものばかりですよ。昔から親しまれている間違い…

意外とヘルシー♩「オイルフォンデュ」は女子会やパーティーの新定番

女子会

今度の女子会や、みんなが集まるパーティーなど、メイン料理に困ってはいませんか?それでしたら、おいしくて健康にも良い「オイルフォンデュ」をおすすめします!その魅力や、東京でオイルフォンデュを頂くことのできるお店…

ページTOPに戻る