ローディング中

Loading...

夏が近づき、スーパーなどには季節の野菜が増えてきました。「とうもろこし」もその一つ。そろそろ甘いゆでとうもろこしが食べたくなってきたのでは?シャキッと食感と、ジューシーな食感。絶対に試したい、とうもろこしのおいしいゆで方を紹介します。

旬のとうもろこしを存分に味わおう

夏が近づき、スーパーや八百屋さんに並ぶ夏野菜。なかでもとうもろこしを見かけると、季節が変わったことを実感します。いよいよ、甘みと塩気が混じった、ゆでとうもろこしがおいしい時期に突入です。季節の野菜は、旬のおいしさを存分に味わいたいものですよね。とうもろこしは、ゆでる際にちょっとした注意をすれば、甘くてジューシーに仕上げることができますよ。

ご紹介するポイントを取り入れて、ぜひ試してみてください。

おいしいとうもろこしの選び方

おいしく食べられる野菜の共通点は、やはり鮮度。3つの点に注意してとうもろこしを選べば、新鮮なとうもろこしを選ぶことができます。

選ぶポイント

1. 皮とヒゲがついたままのもの
皮から身を離してしまうと鮮度が落ちるスピードが増してしまいます
2. 外皮は緑色、ヒゲは茶褐色の濃いものを
ヒゲの色が濃いと完熟の状態です
3. ヒゲは多い状態のもの
1本1本のヒゲはコーンの粒それぞれにつながっているため、ヒゲの量が多いほど、粒が詰まっている状態です

鮮度良く、大きさが揃った粒の多いものが良いとうもろこしと言われています。生のとうもろこしは、鮮度落ちるのが早いので、完熟の状態のとうもろこしは早めにいただくのがおすすめです。

皮ごとゆでることがポイント

ゆでる前の特別な下準備はありませんが、皮を剝がし切らないことが大切なポイントになります。重なった皮の最後1枚だけを残してゆでることで、コーンの水分を守ります。これによって、コーンの甘みとおいしい水分を逃さず、ジューシーに仕上げることができるんですよ。

仕上がりで選べる2種類のゆで方

水の状態からゆでるか、沸騰してからとうもろこしを入れるかによって、できあがりの食感が変わります。水の状態からとうもろこしを入れた場合には、ジューシーな食感、沸騰してから入れた場合には、シャキッとした食感を楽しめます。

水からゆでる(ジューシーな仕上がり)

1. 塩分濃度が2.5〜3%の水を用意する
※とうもろこしがつかるお水の量(ℓ)× 25
2. 皮付きのとうもろこしを鍋に入れ、用意した塩水をひたひたになるくらいまで入れる
3. とうもろこしが浮くようであれば、小鍋の蓋などで押さえる
4. 強火でゆで始め、沸騰してから3〜4分ほどゆでる
塩気を均等につけたい場合は、菜箸などでお湯の中のとうもろこしを転がします
5. ざるに上げたら、皮をむいてできあがり
※熱をとおしたとうもろこしの皮や髭は簡単にむけるはずです

水からゆでるとなぜジューシーになるの?
水からゆでることにより、とうもろこしが糊化(こか)することに理由があります。糊化とは、食材に含まれるデンプンがのり状になることを言うのですが、糊化するには多くの水分量が必要になります。水からゆでることによって、水分を吸収する時間が増えるため、とうもろこしの中のデンプンがのり状化しジューシーな味わいになるというわけなんです。

お湯からゆでる(シャキッとした仕上がり)

沸騰してからとうもろこしを入れる以外は、水からの作り方と一緒です。

1. 沸騰したお湯に塩を入れる
※塩分濃度は、2.5〜3%がベスト
2. 皮付きのとうもろこしがつかるほどの量でゆでる
3. 3〜4分ほどゆでたらできあがり

とうもろこしの保存と解凍

とうもろこしは、買ってきてすぐに食べるのが一番ですが、どうしてもすぐに食べられない時には、ゆでた後に冷凍保存をすることがおすすめです。解凍して食べても、ジューシーなとうもろこしがいただけます。

保存方法

1. ゆでた後のとうもろこしは、熱いうちにサランラップでしっかりと包む
2. 熱がとれたらフリーザーバックにいれて冷凍庫へ

解凍方法

・沸騰したお湯で3〜4分ゆでる
・蒸し器でじっくり10〜12分
・電子レンジ(500w)で1本、5〜6分

冷凍後解凍して食べても、旨味を逃さずジューシーに仕上げられます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ほくほく「じゃがいもの味噌汁」のレシピ10選。どんな具材と合わせる?

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

フライパンで簡単♩『クリームチーズときのこのパテ』はうま味豊かな秋のおつまみ

きのこ マッシュルーム チーズ パテ おつまみ

秋といえばきのこがおいしい季節!そこで、きのこを主役にしたおつまみを楽しんでみませんか?今回ご紹介するのは、マッシュルームとの2種を使ったきのこのクリームチーズパテのレシピ。口に広がる香りの豊かさに驚きますよ!

材料3つでプロの味♩「エッグタルト」のソムリエ技とアレンジレシピを大公開!

レシピ スイーツ タルト

たまごのスペシャリスト『たまごソムリエ』が、たった3つ食材で驚きのおいしさに仕上がる濃厚「エッグタルト」の作り方をご紹介!市販の冷凍パイシートやタルト型を使えばさらにお手軽♩さらに、すぐに試せる3つのアレンジ…

皮と種どうしてる?ぶどうの上手な冷凍保存方法&賞味期限

ぶどう

そのまま食べてももちろんおいしいぶどうですが、冷凍すると長く保存できるだけでなく、甘味が増しておいしく食べることもできます。ぶどうの上手な冷凍保存方法と、保存期間(賞味期限)についてご紹介。ぶどうを買った際に…

チンゲン菜まきまき♩「豚バラの角煮風」ならサッと炒めてすぐできあがり!

豚肉 おつまみ

甘辛い味つけと、豚肉のトロッと柔らかな食感がたまらない角煮。メインのおかずにしてもおつまみにしてもおいしいですが、作るのに時間がかかってしまうのが難点ですね。そこで今回ご紹介するのは、すぐに角煮が食べたいとき…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

一度は行ってみたい東京都内の映画バー4選!カクテルも楽しめるお洒落空間

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

食事で効果が!? 足痩せ効果が期待できる食べ物のまとめ

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

ページTOPに戻る