世界に一つのマイ料理本♩「レシピノート」の作り方と書き方のコツ

お気に入りのレシピがどこにいったかわからなくなる。そこでおすすめな整理術が「レシピノート」です。今回は世界にひとつだけのおしゃれなレシピノートの作り方と書き方のコツをご紹介します。自分だけの料理本は重宝すること間違いなしです♩

自分だけのレシピノート

最近では、いろいろな調理グッズやご家庭で作れるお料理の種類も豊富になってきているため、お料理が好きな人にとっては嬉しいですよね。そして、今ではジャンルごと、シーンごとに選べるようなレシピブックもたくさん出版され、インターネット上で手軽にいろいろなお料理の作り方を調べられます。

レシピノートがはやっている

気に入ったレシピを忘れないように、アプリなどを利用してストックしておくのもよいのですが、オリジナリティーいっぱいの自分だけのレシピノートを作ってみるのもよいですよ。スマートフォンアプリや、パソコンでのデジタル管理と同じくらい、今は、自分で工夫してまとめたレシピノートを利用している人も多いのです。
自分だけの自分らしいレシピノートは、書きたすのも、見直すのもたのしい、世界に一冊のお料理ブック。今回は、そんなレシピノートのまとめ方や見やすくするコツをご紹介。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

みんなのレシピのまとめ方

切り抜きをそのまま貼る

まずは、自分好みのレシピノートにするためには、見やすく、分かりやすくが重要です。料理はおいしいのも大事ですが、主婦の方であれば限られた時間の中で料理をしなければならないので、今日作りたいメニューがすぐに探せるノートが便利です。
本やインターネット上で見つけたストックしておきたいレシピを改めて見つけるというのは、なかなか難しいもの。一度よいなと思ったレシピは、自分のレシピノートにひとまず貼っておくことをおすすめします。自分のノートの大きさに合わせて本や検索したページを縮小や拡大してコピーをしたものを貼っておきましょう。
どのレシピもだいたい同じ大きさのテキストでまとめてあると、読みやすいノートにまとめることができます。自分が次にそのレシピを使用して料理を作りたい場合に、どれだけ分かりやすく、見つけやすくしておくかによって理想のレシピノートに近づけられます。

文章だけでもシンプルで◎

本やインターネット上のレシピは、初めてその料理を作る方のために、調理過程や完成した状態を分かりやすく画像やイラストで掲載していることが多いですよね。初めて作る方にはイメージがわきますし、今がどの状態か分かるので失敗せずにできるのが魅力です。
絵があると確かにわかりやすくなりますが、画像を印刷して切り貼りするのは面倒と感じるのであれば、そのお料理の味や完成イメージを一度頭に入れてしまったあとは、材料や作り方の順番を文章だけで記しておくというのもシンプルでよいですよ。要は、自分がわかりやすく使いやすいノートになれば成功です。
絵やレシピ本をそのまま貼るデメリットとして、レシピノートがかさばったり、目的のレシピを探しにくくなったりという点があります。ただ、逆に文章だけのやり方は、お料理のできあがりを覚えている方にしか向かないとも言えます。

余白を開けて書くと追記しやすい

お料理によっては、作業工程が無数にあるものもありますよね。好物のレシピでもう一度作りたいと思っても、見返した際にノートが文字でびっしりであれば、見直す気がうせてしまうかもしれません。工程と工程の間のスペースをたっぷりととって、作業の順番が一目瞭然なノートにするとよいですよ。

おしゃれにかわいく記録するコツ

マスキングテープでかわいく

自分以外の誰かにレシピノートを見せるシチュエーションがあった時に、自分には分かりやすいとはいえ文字ばかりなのは、ちょっとかわいさが足りなく、見せるのに気が引けてしまうかもしれません。手軽にかわいらしさをプラスできるおすすめアイテムなのがマスキングテープ。雑貨屋さんへいくと、たくさんの絵柄から選べます。
マスキングテープは、紙製の粘着材がついた装飾用テープ。セロテープと同じように好きな長さ分だけカットして使うことができるの点も便利です。マスキングテープでノートの縁を飾ったり、レシピごとに枠を作ったり、強調したい部分にだけ線をひくように貼ったりなど、幅もさまざまあるので、用途に合わせて使うことが可能ですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS