世界に一つのマイ料理本♩「レシピノート」の作り方と書き方のコツ

お気に入りのレシピがどこにいったかわからなくなる。そこでおすすめな整理術が「レシピノート」です。今回は世界にひとつだけのおしゃれなレシピノートの作り方と書き方のコツをご紹介します。自分だけの料理本は重宝すること間違いなしです♩

2017年6月15日 更新

自分だけのレシピノート

最近では、いろいろな調理グッズやご家庭で作れるお料理の種類も豊富になってきているため、お料理が好きな人にとっては嬉しいですよね。そして、今ではジャンルごと、シーンごとに選べるようなレシピブックもたくさん出版され、インターネット上で手軽にいろいろなお料理の作り方を調べられます。

レシピノートがはやっている

気に入ったレシピを忘れないように、アプリなどを利用してストックしておくのもよいのですが、オリジナリティーいっぱいの自分だけのレシピノートを作ってみるのもよいですよ。スマートフォンアプリや、パソコンでのデジタル管理と同じくらい、今は、自分で工夫してまとめたレシピノートを利用している人も多いのです。
自分だけの自分らしいレシピノートは、書きたすのも、見直すのもたのしい、世界に一冊のお料理ブック。今回は、そんなレシピノートのまとめ方や見やすくするコツをご紹介。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

みんなのレシピのまとめ方

切り抜きをそのまま貼る

まずは、自分好みのレシピノートにするためには、見やすく、分かりやすくが重要です。料理はおいしいのも大事ですが、主婦の方であれば限られた時間の中で料理をしなければならないので、今日作りたいメニューがすぐに探せるノートが便利です。
本やインターネット上で見つけたストックしておきたいレシピを改めて見つけるというのは、なかなか難しいもの。一度よいなと思ったレシピは、自分のレシピノートにひとまず貼っておくことをおすすめします。自分のノートの大きさに合わせて本や検索したページを縮小や拡大してコピーをしたものを貼っておきましょう。
どのレシピもだいたい同じ大きさのテキストでまとめてあると、読みやすいノートにまとめることができます。自分が次にそのレシピを使用して料理を作りたい場合に、どれだけ分かりやすく、見つけやすくしておくかによって理想のレシピノートに近づけられます。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう