ローディング中

Loading...

糖質や脂質のとりすぎを気にする方は多いと思いますが、たんぱく質のとりすぎにも注意が必要って知っていますか?気づかないうちにたんぱく質の多い食品やプロテイン飲料などでとりすぎに……。太ったりむくんだり、肌荒れになるのはとりすぎかも?

たんぱく質のとりすぎって?

ごはんやお砂糖、油、つまり炭水化物(糖質)や脂質のとりすぎを気にしたことがある方は多いと思います。

最近では「筋肉をつけたい!」という方がジムでプロテイン飲料や食品からたくさんのたんぱく質をとっているという姿も見かけるようになりました。たんぱく質は、筋肉などの体をつくる成分になる栄養素ですが、筋肉をつけたいからと言ってたくさんとればよいというものでもありません。

では、たんぱく質の過剰のとりすぎは、体にどのような影響があるのでしょうか。

たんぱく質とは

たんぱく質は、筋肉や内臓、皮膚など体の主な細胞を作る成分です。体の機能を助けたり、調整をする酵素やホルモンなどの材料、他の栄養素を運ぶ成分にもなります。

あまり知られていないのがたんぱく質にもカロリーがあるということです。たんぱく質1gで4kcalのエネルギーになります。

1日の摂取量は、体重1kgあたり0.8~1.0gが理想です。例えば、体重50kgの場合、40~50gの摂取が適切な量となります。

たんぱく質を多く含む食品

たんぱく質は、主にお肉やお魚、卵、牛乳・乳製品、豆類などに多く含まれています。

100gあたりに含まれるたんぱく質が多い食べ物をご紹介します。

・しらす干し(半乾燥) 40.5g
・いくら 32.6g
・すじこ 30.5g
・たらこ(焼) 28.3g
・あじ(焼) 27.5g
・はまぐりの佃煮 27.0g
・あゆ(天然/焼) 26.6g
・本まぐろ/赤身 26.4g

たんぱく質をとりすぎると……?

肝臓・腎臓への負担

たんぱく質をとりすぎてしまうと、尿として体の外へ出されます。その途中で、分解やろ過などにかかわっている肝臓や腎臓に大きな負担がかかってしまいます。特に、腎疾患もちの人は要注意です。

スポーツのパフォーマンスにも影響を及ぼすことがあります。運動をするとき、私たちの体では、まず血糖をエネルギーとして使います。それが足りなくなると、筋肉に蓄えていたグリコーゲンをエネルギーとして使います。グリコーゲンはそのままではエネルギーとして使えないため、分解が必要になります。このとき、たんぱく質を多くとりすぎていると、肝臓がたんぱく質の分解で忙しく、グリコーゲンが分解できず、エネルギーを作ることができなくなります。その結果、パフォーマンスが落ちる可能性があります。

腎臓への負担が増えるとむくみの原因にもなります。反対に、たんぱく質不足でもむくみの原因となりますのでバランスが大事ということですね。

太る

たんぱく質もカロリーがあるということを知っていますか?実は、たんぱく質は、糖質と同じように1gあたり4kcalあります。たんぱく質をとりすぎてしまうと、それだけカロリーもとりすぎてしまうことになります。残念なことに、とりすぎて体で使わなかったたんぱく質は、すべて筋肉として体にためられるのではなく、脂肪として体に残ってしまうそう…。

腸内環境の悪化

たんぱく質は、腸内の悪玉菌のえさとなります。とりすぎると、悪玉菌がたくさん増えてしまい、腸内環境が悪化します。その結果、下痢や便秘の原因になります。

女性は特に気になるおならのにおい。たんぱく質をとりすぎることで、おならのにおいがくさくなることがあるそう……。これには2つの原因があります。たんぱく質が分解されるとき、さまざまなにおいのあるガスを発生させます。多くのたんぱく質を分解すれば、それだけにおいのあるガスが発生します。また、悪玉菌が増えることで腸内環境が悪化してしまうこともにおいの原因になります。

尿路結石の原因

尿路結石とは、尿の通り道に結石が詰まる病気で、比較的男性に多いイメージがあるかもしれません。最近は女性にも増えていて、起き上がれないほどの激しい痛みにおそわれることもあるとか……。

その原因となるのは、動物性のたんぱく質に多く含まれている含硫アミノ酸です。含硫アミノ酸は、肝臓で分解され、リン酸塩や硫酸塩が作られます。リン酸塩や硫酸塩には、結石を作るのを助ける働きがあるので要注意ですね。

骨粗しょう症

たんぱく質は、通常、小腸で分解や吸収をされて肝臓に運ばれます。たんぱく質をとりすぎたときには、分解されたあと、体で使われない余分なアミノ酸も出てきます。この余分なアミノ酸は肝臓で分解され、尿として体の外に出されます。このとき、カルシウムもいっしょに体の外に出てしまうのです。体のカルシウムが失われてしまうので、骨粗しょう症のリスクが増えるおそれがあります。

肌荒れ

たんぱく質をとりすぎると、腎臓に大きな負担がかかります。腎臓でろ過できなくなった老廃物がたまっていくと、にきびや吹き出もの、しみなどの肌荒れをまねくおそれがあります。また、たくさんのたんぱく質が体の中に入り、消化する量を超えてしまうと、きちんと分解されないまま腸に吸収されて、アレルギー症状を引き起こしてしまう可能性もあります。

上手に摂取しよう

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おかずもサラダも絶品!捨てずに食べたい人参の葉レシピ10選

レシピ まとめ

葉っぱ付きの人参、どのように使っていますか?葉は捨てているという方、それはもったいないですよ!人参の葉は捨てないで活用することができます。無駄にせず、すみずみまで食べるために人参の葉を使ったおすすめレシピをご…

ほくほく「じゃがいもの味噌汁」のレシピ10選。どんな具材と合わせる?

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

2017年版!10月話題になった「コンビニの秋スイーツ」11選♩

ハロウィン まとめ

毎月、次々と発売されるコンビニスイーツ。2017年10月もいろいろなスイーツが登場し、人々の注目を集めています。秋の素材を使ったものやハロウィンにちなんだものなど、おいしいスイーツ満載!今回は、秋の人気コンビ…

【調理法別】豚ももブロックの人気レシピ20選!チャーシューも角煮も◎

豚肉 まとめ

豚ももブロックは脂肪が少なく、ヘルシーに食べられると人気の部位。しかし、どんな料理に使えばよいか分からない方も多いのでは?今回は、豚ももブロックのレシピを調理法別にご紹介します。角煮やチャーシューなど、人気の…

ほの甘くて香ばしい◎「きな粉パン」のレシピ15選

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

ツラ〜い季節がもうすぐそこに…花粉症対策に役立つお茶「3」選♡

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

知っておくと便利!味が長持ちするキッチンライフハック22選

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

レインボーカラーのコーンも♡ 観賞用にピッタリな一風変わった野菜まとめ

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スパイスが決め手!「マサラチャイ」は温活に効くインドの定番紅茶

アレンジレシピ

みなさんは、インド発祥の「マサラチャイ」をご存じでしょうか。最近、周りにあるカフェでも注文できるようになってきたマサラチャイ。今回は、甘くてスパイシーな味がクセになるマサラチャイの特徴や効能、アレンジレシピな…

「玉露」には嬉しい要素がいっぱい!他のお茶との違いや効果をご紹介

日本茶 お茶

香り豊かで上品な味わいが特徴の、日本が誇る飲み物「玉露」。なんとなく緑茶の仲間なのかなということは知っていても、具体的に何が違うのかまではよく分かりませんよね。そこで、今回は玉露と他のお茶の違いや、玉露がもつ…

聞いたことはあるけど、どんな食材?「じゅんさい」について総まとめ

つるんとした何ともいえない独特な食感が特徴のじゅんさい。決して主役級の食材とは言えませんが、夏に日本料理店や料亭でよく目にするため、なんとなく上品な印象はありますよね。そんな控えめなじゅんさいですが、実は様々…

ページTOPに戻る