ローディング中

Loading...

実はいちじくには旬が2回あることをご存知ですか?夏から秋になるとスーパーで見かけるのも、そのため。一年中食べられない果物だからこそ、旬を逃さずおいしい時期に食べたいですよね。今回はおいしいいちじくの選び方や旬ならではの食べ方をお伝えします。

秋に食べたいいちじく

夏から秋にかけてスーパーでよく見かけけるいちじく。甘くておいしいだけでなく、簡単に手で剥け、種が喉に詰まるといった心配もないため、小さな子どもでも食べやすい果物ですよね。このいちじく、ただおいしいだけでなく、その栄養価の高さから「不老長寿の果物」と言われているのをご存じですか?

いちじくの主な産地は愛知県。愛知県以外では和歌山、福岡、兵庫などがあり、この上位4県で全国のいちじくの約半分を生産しています。傷むのが早い、デリケートな果物なので、輸送に時間がかかる海外産ではなく、国産のものが多く出回っているのも安心なポイントですよね。

それでは、旬のいちじくをおいしくいただく前に、品種や食べ方などを見ていきましょう。

いちじくには旬が二回ある?

野菜や果物、穀物などはそれぞれ収穫ができる時期が決まっています。最近は温室栽培などが発達し、一年中収穫ができるものも増えてきましたが、やはり本来の旬の時期にいただく野菜や果物のおいしさは格別です。

また、味だけでなく価格的にも旬の時期に買う方が安く手に入れられます。では、いちじくの旬はいったいいつなのでしょうか?

いちじくの旬はいつ?

いちじくの収穫時期は、品種にもよりますが主に夏と秋の2回あります。

夏のいちじくの旬は6月から7月頃。夏のいちじくは、前年に伸びた枝の先についた花芽が冬を越し、肥大して夏に熟します。

主な品種としては、実を大きくつける「ビオレ・ドーフィン」や「ザ・キング」という品種。どれも品質がよく、着果が多いので秋に収穫される「桝井ドーフィン」を育てている間に収穫している農家もあります。

夏のいちじくの特徴は、何よりも実が大きいこと。「ザ・キング」は大きいものでは200グラムにもなるそうですよ。

秋のいちじくは8月から10月頃までが旬として収穫されます。秋のいちじくは、春に伸びた枝の先についた芽が成長して実になります。

主な品種としては、高級品のセレスト、日本いちじくの「蓬莱柿(ほうらいし)」などが有名です。蓬莱柿は非常においしいですが、日持ちしないので現在では「桝井ドーフィン」に取って代わられています。ちなみに「桝井ドーフィン」は、流通しているいちじくの8割近くを占めており、もともとはアメリカから持ち込まれた品種です。

なぜいちじくには旬が二回ある?

通常、野菜や果物の旬は一年に一度の場合が多いですが、なぜいちじくは旬の時期が2回もあるのでしょうか。それはいちじくの木にあります。

いちじくには夏に実をつける「夏果専用種」と、秋に実をつける「秋果専用種」があるため、結果的に旬が2回あります。

ですが、梅雨の時期に実がなる夏果専用種はどうしても腐りやすいため流通量も少なくなり、最近では秋果専用種の方が多く作られています。そのため、一般的にはいちじく=秋の果物といった印象が定着しているのですね。

ちなみに、秋果専用種は夏果専用種より実が小さいなどの特徴がありますが、その分甘みがぎゅっと凝縮されていますよ。

旬のいちじくの特徴

品種によっては旬の時期が意外と短いいちじく。旬のいちじくにはどのような特徴があるのでしょうか。

まずは色です。やはり緑がかったものより赤紫に色づいているものが甘みが多く、食べごろとされているようです。ちなみに、緑がかったいちじくはにおいも青臭さが残っているため、料理によっては活用できますが、生食には向いていません。

そして、もっとも大切な味。旬のいちじくは香りが豊かで甘味が非常に強いのが特徴です。つぶつぶとした独特の食感もいちじくの魅力のひとつですよね。皮を剥いてそのまま食べるときだけでなく、ジャムにしたり、ケーキやパンなどに使っても楽しめる食感です。

なお、未熟ないちじくは胃を痛めることがあるので要注意です。もし買ってきたいちじくが未熟だった場合は、ジャムなどにするのがおすすめですよ。いちじくはメロンなどの果物と違い、収穫後に追熟はしません。

自宅で保存していても熟していくことはなく、乾燥して甘味も落ちていく一方なので、できるだけ熟したものを買い、早めに食べましょう。

いちじくの食べごろの見分け方

せっかく食べるならおいしいいちじくを選びたいですよね。では、スーパーや八百屋さんでいちじくを選ぶ際、どのようなものを選ぶといいのでしょうか。旬が短いいちじく。気が付くと見かけなくなってしまうこともあるので、旬の特徴をおさえて食べごろを逃さないようにしましょう。

いちじくを選ぶときは、ぽってりと丸みがあり付け根の切り口付近まで色が付いている物を選ぶのがポイントです。傷や傷みが無く、表面の皮に張りがあってしぼんでいないものを選びましょう。

また、においを嗅いでみて、甘い香りがするものは中の実も甘いのでおすすめです。イチジクは切ると白い樹液を出します。枝から切られた部分を見て、この樹液が付いていれば新鮮な証拠です。実だけでなく切り口も見て、新鮮かどうかを確認してくださいね。

以上がおいしいいちじくの選び方のポイントですが、それよりもさらにおいしいものを選びたいという方は、先の方に裂け目ができ始め、中の紅い花が見えてくるくらいのものを選びましょう。これは、一番食べ頃の物です。

さらに、熟しているいちじくは、皮を剥くときに実がついてこずにするりと剥けるのも特徴のひとつですよ。もちろん、やわらかいものが熟したいちじくですが、売り物の硬さをチェックする際は商品を傷つけないように気を付けてくださいね。

旬のいちじくを使ったおいしいレシピ3選

いちじくはそのまま食べてもおいしいけれどデザートの材料やジャムにもおすすめです。そこで、今回はいちじくを使ったおすすめレシピをご紹介します♪

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ おしゃれ スイーツ おやつ クッキー ケーキ おにぎり パン

コロコロかわいい「どんぐり風レシピ」で食卓を秋色に染めませんか?今回はどんぐりモチーフのスイーツやおかずの作り方、おにぎりのどんぐり風アレンジレシピまで幅広くご紹介!コロコロかわいい姿に、あなたもはまってしま…

関西 大阪 京都 スイーツ まとめ

近年、ふわふわかわいい"わたあめ"を使ったフードやドリンクが人気となっていますね。今回は、関西圏でおすすめのわたあめグルメを一挙ご紹介します。どのお店も話題性抜群!フォトジェニックな見た目だけじゃない、味への…

春巻き レシピ まとめ

みなさん、春巻きにはいつも何を巻いていますか?どんな食材でもきちんとまとめあげる春巻きは、まさに可能性が無限大!今回は、そんな春巻きのレシピを厳選して20件ご紹介します。あなたの好みにピタッとハマるひと皿が見…

レシピ まとめ

上品な味わいでいろいろなお料理に使うことができる「さわら」の、人気レシピ25選をご紹介します。定番の塩焼き、西京焼き、柚庵焼きはもちろんばっちり。お弁当におすすめの冷凍できるレシピや、揚げ焼きでOKの簡単レシ…

レシピ ニラ スープ たまご まとめ

今回は、栄養豊富なニラ玉スープのレシピをご紹介します。醤油を加えた和風味や、鶏ガラベースの中華味など、ひと口にニラ玉スープといってもバリエーションはいろいろ。自分好みのニラ玉スープレシピを見つけてくださいね。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ポテトサラダ レシピ サラダ まとめ

ポテトサラダといえばマヨネーズが必須かと思いきや、そうでもないようです♪マヨネーズなしのヘルシーポテトサラダ紹介します。意外とバラエティ豊富なので好きな方法で作ってみてください。

レシピ 作り置き まとめ

毎月決まった食費でやりくりし、それでもおいしい料理を作るのはとってもむずかしいですよね。今回はそんな主婦の方におすすめな、作り置きやお弁当にも使える節約おかずレシピをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

レシピ まとめ 卵かけごはん

ひと昔前「TKG(卵かけご飯)」という言葉がはやり、TKG専用のお醤油が販売されるなど大ブームになりました。しかし、卵かけご飯はブームなんて関係ないのです。日本人に永遠に愛される定番メニューですから。今回はお…

レシピ ごぼう クッキー カップケーキ ココア スイーツ まとめ

食卓の脇役として大活躍のごぼうが、なんと主役に!美味しく頂きながら、食物繊維も摂取できるおやつなんて素敵です♡刻んで食感を楽しんだり、すりおろして風味を堪能したり、様々なタイプのレシピを紹介しておりますので、…

大根 レシピ まとめ

よく飲食店でみるちょこんと食べ物の上にのっかった「もみじおろし」。これがまたいいお仕事をしますよね♪食をかきたてます!!暑い夏はもみじおろしを使って色々な料理にチャレンジしてさっぱりと食事しませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る