2. 成型肉はさっぱりした味付けに!

成形肉の油っぽいお肉を使ったステーキのときには、さっぱりした味つけがおすすめです。成形肉はにおいが気になるときもあるため、薬味でそれを防止します。レモンなどを上に沿えてもおいしく召しあがれるでしょう。 なす、みょうが、シソを切ります。サイコロステーキは油をひかないで焼いて、火が通ったらもやしとなすも入れます。みょうが、しそ、ポン酢、すりごまを入れてできあがりです。みょうがとシソはお好みにより加減してみてくださいね。

3. 残ったサイコロステーキでマッシュポテトに♪

思い切って、サイコロステーキをたくさん焼いたけれど食べきれなかった……なんてことはありませんか?そんなときにはサイコロステーキの残りを使ってマッシュポテトにリメイクしちゃいましょう。ポテトと組み合わせることで、新しい味わいを楽しむことができますよ♪
じゃがいもはレンジでチンをするなどして蒸して、マッシュします。サイコロステーキをフライパンで温めなおしたら、軽く温めたミートソースを入れて、耐熱皿に盛ります。上からマッシュポテトとチーズをのせてオーブンで焼いたらできあがりです。

4. ボリュームたっぷり!ステーキサラダ

お肉の横にちょこんと野菜……という盛り付けも多いですが、野菜の中心にお肉をのせて、野菜もお肉もたっぷりとれるサラダもいいですね。中央に飾ったごぼうチップスは食物繊維も豊富なので、栄養バランスのとれた食べ応えのあるひと品です。 春菊、クレソン、トマトはカットしておきます。ごぼうは皮をむいて、ピーラーで削ぎ油で揚げます。牛肉は塩・こしょうして、フライパンで焼いてからカットします。野菜、お肉、ごぼうの順に盛りつけて、ドレッシングをかけてできあがりです。ドレッシングは和風系がおすすめです。

5. タイ風スープにアレンジ

お肉が苦手な方でも飲める、さっぱりとした味わいのスープです。タイ風スープはココナッツオイル、ナンプラー、塩レモンで甘酸っぱくてさっぱりした味付けとなっています。冷蔵庫に残っているお野菜なども入れて作ってみてくださいね。 フライパンでサイコロステーキと玉ねぎを炒めます。セロリ・パプリカを刻んで加え、ふたをして蒸します。これに調味料を加えたらできあがりです。葉物野菜を追加しても相性よく、おいしく食べられるでしょう。

6. サイコロステーキをやわらかく!デミグラス煮込み

サイコロステーキは、シチューや煮込み料理の具材としても使えます。ステーキ自体はあまり火を通しすぎてしまうと固くなってしまうので、煮込み時間は短くし、煮込み料理の場合はあとで加えてサッと煮込む程度にします。 フライパンでサイコロステーキを焼き、余分な脂はふき取ります。玉ねぎ、オリーブオイルを先に加え、牛乳、デミグラスソースを入れ煮込んだら、できあがりです。デミグラスソースと牛乳で、とてもまろやかな風味なひと品です。

7. 彩り野菜添えのサイコロステーキ

サイコロステーキ以外にも野菜たっぷりで、栄養も摂れるうえに彩りもよい、身近な食材で作れるボリュームメニューです。食べ盛りの男の子やがっつり食べたい方に特におすすめですよ。手順も簡単なので、料理な苦手な方でも手軽に挑戦できそうです。

フライパンでまずは玉ねぎを炒め、ピーマン・パプリカ・ゆでたじゃがいもを加え、塩・こしょうで味付けをします。一度野菜は取り出し、フライパンでサイコロステーキを焼き火を通します。野菜を戻して炒めたら、お好みで目玉焼きを盛り付けてできあがりです。

編集部のおすすめ