明太子の正しい保存方法

冷蔵保存する場合

買ってきた明太子、近日中に使う予定があるならば、冷蔵庫にそのまま保管しておきましょう。ただし、開封してあるものに関しては、密閉できる入れ物に移すことをおすすめします。こうすることにより、明太子の乾燥と、ほかの食品へのにおい移りをふせぐことができます。 また、できるだけチルド室で保管したほうが、明太子の品質を長く保つことができます

冷凍保存する場合

すぐに使う予定がない場合は、冷凍庫で保管しましょう。ひとはらずつラップで包み、平らになるようにフリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れましょう。その際、しっかりと空気を抜いて密閉することが大事です。 冷蔵庫に急速冷凍の機能があれば、ぜひ使用してください。より鮮度を保つことができますよ。

冷凍したものを解凍する場合

冷凍したものを解凍する場合は、食べる前日に冷蔵庫に移して自然解凍してください。室温で解凍してもかまいませんが、明太子からドリップ(水分)が出ますので、キッチンペーパーなどでおさえておきましょう。 また、再冷凍はすすめません。味が劣化してしまいます。ひとはら丸ごと使わない場合には、冷凍状態のまま包丁で必要な分だけカットしてから解凍してください。

どうなったら食べない方がいい?

明太子の賞味期限に関わらず、なにか変だなと感じたら絶対に食べないようにしてくださいね。異臭がする、ねばねばする、糸をひいているなど、明らかにおかしい場合は、火を通しても食べられません。もったいないですが廃棄するようにしましょう。

賞味期限が過ぎたら加熱調理しよう

冷蔵庫に入れておいた明太子、賞味期限が過ぎてしまったら、まずはにおいをチェックしましょう。異臭もなく、ねばねばしている様子もない......それでも生で食べるのは少しリスクが高いです。 その場合は、加熱調理をしてから食べるようにしてくださいね。絶対に安全というわけではありませんので、注意しましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS