ライター : aaanrin

音楽、犬、写真が好き。餃子があれば生きていける。

フライパンでおいしい揚げ物を作るコツ

深めのフライパンを使う

揚げ物は温度が肝心です。温度が低すぎるとべちゃっと揚がってしまうし、高すぎると油がはねたり焦げたりしてしまいます。 あまり深さのないフライパンで揚げ物をすると、油はねをした時コンロや周りが汚れてしまいますし、場合によっては火傷してしまうかもしれません。一度で大量にあげるということは考えず、小さめで深さがあり、厚みのあるフライパンを使うのがベストです。

素材は薄く、衣も薄く

油で「揚げる」というよりも、「揚げ焼き」をイメージして調理をします。素材の切り方は薄く小さめに、衣もさくっとした仕上がりになるよう薄く付けることがポイントです。 火の通りをよくするためにも、素材は薄く、衣も薄くするということを心がけましょう。

油の量は素材の厚みの半分

フライパンで揚げ物をする際の油の量は、揚げ物をする素材の厚みの半分がベストだということを頭に入れておいてください。 また、片面ずつしっかりと揚げ焼きし、衣が十分に固まってきたと確認できてからひっくり返すようにしましょう。

少量ずつ揚げる

一気に揚げようとしてはいけません。素材をたくさん油の中に入れてしまうと、油の温度が下がってしまい、揚がり具合がうまくいかなくなってしまうことがあります。 失敗しないためにも、なるべく少量ずつ揚げるようにしましょう。

火加減は弱めで

特に気をつけなければいけないのが火加減。油の量が少量なので、とてもはねやすく焦げやすいです。油に菜箸をつけてみてシュワシュワするくらいになったら、素材を入れて弱めの中火にし、片面ずつ揚げ焼きしていきましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS