ローディング中

Loading...

「白菜」という字を見るとハクサイと読む方が多いと思いますが、実は違う読み方で別の野菜があることをご存知でしょうか?それは「シロ菜」。一体どんな野菜なのでしょう。含む栄養や旬、おいしい食べ方など一挙ご紹介します。

「シロ菜」って知ってる?

シロ菜は漢字で「白菜」と書きます。では、シロ菜とハクサイは同じものなのでは?と思う人がいるでしょう。シロ菜は同じアブラナ科アブラナ属でハクサイの仲間なので似ていますが、明確な見た目の違いがあります。ハクサイは葉が巻いている一方、シロ菜は巻いていません。これは、シロ菜がハクサイとつけ菜を品種改良した結果、生まれた野菜だからなのです。

中国の華北省山東省が原産地で、山東白菜が明治時代に関東へ輸入され広まったのが始まりと言われます。しかし、大阪では江戸時代から「大阪しろな」と呼ばれる野菜が栽培されていました。明治時代には天満橋周辺での栽培が盛んだったため、「天満菜」とも言われます。

一年中栽培されている野菜なので、基本的には食べる時期を選びません。地元では葉野菜の出回りが少なくなる時期に早生種のシロ菜が出回るため、夏の時期が旬と言われていましたが、冬は冬で葉に厚みが出て、夏に比べて甘みもあるためおいしいとされています。時期によって早生種を含む中生種・晩生種の3つに分かれます。それぞれの旬は早生種が夏頃、中生種が秋ごろ、晩生種が冬頃となり、通年で食べることができます。

シロ菜の味、食感は?

シロ菜はハクサイと同じアブラナ科の仲間なので、食感はサクサクしていて食べやすいです。味は甘めで時期によって若干甘さが異なり、冬に食べる晩生種の方が甘くなります。クセがなくおひたしや味噌汁など、どの料理にも使えてどの調味料にも合う万能な野菜です。

シロ菜の持つ栄養

β-カロテン

シロ菜には体を健康にしてくれる様々な栄養素がたっぷり含まれているので、どんどん料理に取り入れて下さい。シロ菜の代表的な栄養素を紹介します。

1つ目はβカロテンです。βカロテンはニンジンの橙色の元にもなっている栄養素で、体内に取り入れることで一部はビタミンAに変わり、残りはβカロテン本来の効果を発揮します。ビタミンAは視力の低下を予防する役割をもっており、特に夜間に目が見えづらくなる夜盲症を予防する効果も期待できます。

2つ目に粘膜を丈夫にする効果です。目・鼻・口・胃などの粘膜が丈夫になることで、風邪を引きづらくしたり、口内炎になりにくくなります。

3つ目は美肌効果です。ビタミンAは皮膚の代謝を高める効果をもっており、肌のカサつきを防ぐことに繋がります。

4つ目は抗酸化作用です。特にシロ菜の中ではこの効果が期待できるとされています。抗酸化とは、活性酸素を適度に除去してくれる効果のことを指します。活性酸素は体内の悪い菌を除去してくれるいいものですが、増えすぎると体に悪い効果ももたらすので、シロ菜を食べて体内の活性酸素数を適度に維持することが大切です。

カリウム

カリウムはナトリウムと深く関係していおり、生きるために必須の栄養素です。偏った食事をとることでナトリウムが増えすぎたり、カリウムが少なすぎたりすると高血圧になります。カリウムをとることでナトリウムの排出を促進できるので高血圧になりづらくなるのです。

また、ナトリウムとカリウムのバランスがとれなくなることで、血中の濃度が薄まり水分が多くなります。組織液やリンパ液にも水分が回されるため、むくみの原因にもなりやすいです。

3つ目にナトリウムとカリウムが電位変化を受けることで、ナトリウムイオンに変化します。ナトリウムイオンは筋肉を正常に保つ効果があります。

カルシウム

カルシウムは人間の骨や歯をつくる重要な働きをする体内で、最も多いミネラル成分になります。骨は毎日生まれ変わっており、骨を作る「骨形成」と骨を壊す「骨吸収」が毎日行われています。骨を壊すにはカルシウムは必要ありませんが、作るためには必要です。

カルシウムがないと、骨が壊されてもスカスカの骨しかできないため、骨粗鬆症になってしまいます。老人の方によく見られる、ただ転んだだけなのに骨折してしまう状況が起こりやすくなるのです。成長期に不足すると歯や骨の形成障害も起こるので、小さい頃からカルシウムをとる習慣をつけなければいけません。

効果の2つ目に、カルシウムをとることでケガしたときの出血を早く固める効果があります。

3つ目にストレスを和らげる効果です。よくイライラするときはカルシウムをとりなさいと言われます。カルシウムには神経の伝達を正常に行ったり、興奮を沈める効果があるからなんですね。

シロ菜のおいしい食べ方

おいしいシロ菜の見分け方

同じ野菜でも、状態でおいしさが変わります。それはシロ菜でも同じなので、見分け方を紹介します。

まずは軸の色です。どのシロ菜も同じ白色をしていますが、おいしいシロ菜はハリと艶があります。根本をもってもへたることなく葉先までスッと綺麗にたっているのが理想です。

もう一つ、シロ菜はすぐ痛むので切った根本の先が茶色くなっていたら要注意です。葉野菜全体に言えることで、できるだけ濃い緑色をした葉を選んで下さい。

シロ菜の下処理方法

シロ菜は傷みやすいので保存方法には十分気をつけて下さい。何もせずにおいておくとすぐ茶色に変色し鮮度を失ってしまいます。水を軽くつけた新聞紙にくるんで保存するなどして極力水分を失わないようにします。

冷凍保存する場合は一度固めに茹でたあと水につけ、小分けにして保存します。解凍するときは自然解凍で大丈夫です。シロ菜の下処理は和え物やおひたしの場合、先に下茹でしておきましょう。塩は入れても入れなくてもどちらでも構いません。煮物や炒めものを作るのであればしっかり水洗いをして下さい。

シロ菜の調理のポイント

シロ菜は日に晒しておくとすぐに傷んでしまいます。買ったその日に調理するのが一番ですが、保存するのであれば先ほどの方法で少しでも長く鮮度を保つようにして下さい。

また、茹でる時は軸と葉を時間差で行うのがポイントです。先に軸をつけてお湯をかき回すように軽く茹ででおきます。軸がしなってきたらそのまま軸から先にお湯に浸け、あとに葉を茹でます。葉はすぐに色が変わるのでそれを目安に引き上げて冷水に浸けましょう。

シロ菜の花の食べ方

シロ菜は熟してもしばらく放置しておくと、花を咲かせます。葉物野菜の花も一般的に食材として利用され、時期によっては花だけを束ねて販売することもあります。花もクセがなく食べやすいので、茹でておひたしや和え物の添え物として重宝して使われます。

毒があるという方もいるようですが、シロ菜自体には毒がないので安心して下さい。強力な農薬を使って栽培している場合は農薬の成分による汚染があり、体に良くない影響をおよぼすこともあります。一般的に販売されているシロ菜は栽培の農薬基準を満たしているので、心配ありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

ブランマンジェというスイーツをご存じですか?見た目はパンナコッタやババロアそっくり……ブランマンジェとは具体的にどんなスイーツを言うんでしょう?今回はブランマンジェの特徴や作り方、その他スイーツとの違いをご説…

サラダ レシピ まとめ

レタスサラダの簡単にできるレシピを紹介します。お肉や魚などの主菜の添え物ではなく、主役になれる人気レシピがいろいろあります。材料の他にも、野菜の切り方やドレッシングで変化をつけられるので、いろいろ作って楽しん…

レシピ

ちりめんじゃこ、しらすを食べたことはありますか?年中売られており、とても身近なお魚です。大根おろしと一緒に食べるのが定番ですね。クセが無く、旨みたっぷりのお魚をもっとおいしく食べるレシピや旬の時期など詳しくご…

キッシュ タルト パイ

卵、野菜、チーズもたっぷりのキッシュですが、具体的にキッシュとはどういった料理を指すかご存じですか?タルトのようでもありますが、タルトとの違いや、パイとの違いは何なんでしょう?今回は、キッシュについての説明と…

柔らかく人気のお肉「イチボ」。イチボが何のお肉のどの部位か、ご存じでしょうか。イチボというちょっと変わった名前、なぜこんな名前がついたのか、どんな味?おいしい食べ方はどうしたら?今回はイチボについてご紹介!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る