白菜と書いて「しろ菜」!栄養から美味レシピまで徹底ガイド

「白菜」という字を見るとハクサイと読む方が多いと思いますが、実は違う読み方で別の野菜があることをご存知でしょうか?それは「しろ菜」。一体どんな野菜なのでしょう。含む栄養や旬、おいしい食べ方など一挙ご紹介します。

「しろ菜」って知ってる?

しろ菜は漢字で「白菜」と書きます。しろ菜は白菜と同じアブラナ科アブラナ属でハクサイの仲間ですが、ハクサイと漬け菜を品種改良した野菜です。また、ハクサイは葉が巻かれ結球する一方、しろ菜は結球しない野菜です。

中国の華北省山東省が原産地で、山東白菜が明治時代に関東へ輸入され広まったのが始まりと言われます。しかし、大阪では江戸時代から「大阪しろな」と呼ばれる野菜が栽培されていました。明治時代には天満橋周辺での栽培が盛んだったため、「天満菜」とも言われます。

一年中栽培されている野菜なので、基本的には食べる時期を選びません。地元では葉野菜の出回りが少なくなる時期に早生種のしろ菜が出回るため、夏の時期が旬と言われていましたが、冬は冬で葉に厚みが出て、夏に比べて甘みもあるためおいしいとされています。時期によって早生種を含む中生種・晩生種の3つに分かれます。それぞれの旬は早生種が夏頃、中生種が秋ごろ、晩生種が冬頃となり、通年で食べることができます。

しろ菜の味、食感は?

しろ菜はハクサイと同じアブラナ科の仲間なので、食感はシャキシャキとしていて食べやすいです。味は甘めで時期によって若干甘さが異なり、冬に食べる晩生種の方が甘くなります。クセがなくおひたしや味噌汁など様々な料理に使えて、どんな調味料にも合わせやすい万能野菜です。

しろ菜の持つ栄養

β-カロテン

βカロテンは、体内に取り入れることで一部はビタミンAに変わり、残りはβカロテン本来の効果を発揮します。ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を保つ作用があり、感染症や夜盲症を予防する効果が期待できます。

また、βカロテンは強い抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を除去してくれる効果があります。活性酸素は細菌やウィルスなど体内の悪い菌を除去してくれますが、増えすぎると体に悪い影響をもたらすため、しろ菜を食べて体内の活性酸素数を適度に維持することが大切です。

カリウム

カリウムはナトリウムと深く関係しており、生きるために必須の栄養素です。カリウムはナトリウムと共に細胞の浸透圧の維持・調整を行いますが、偏った食事をとることでナトリウムが増えすぎたり、カリウムが少なすぎたりすると高血圧になる危険性が高まります。

また、カリウムとナトリウムのバランスがとれなくなることで、血中の濃度が薄まり水分が多くなることで、組織液やリンパ液にも水分が回り、結果むくみの原因にもなってしまいます。カリウムを多く含むしろ菜を摂取することで、むくみ対策にもなります。

カルシウム

カルシウムは人間の骨や歯をつくる重要な働きをし、体内で最も多いミネラル成分。骨は毎日生まれ変わっており、骨を作る「骨形成」と骨を壊す「骨吸収」が毎日行われています。骨を壊すにはカルシウムは必要ありませんが、作るためには必要です。

カルシウムが不足すると、骨粗鬆症の原因ともなり、転んだだけなのに骨折してしまう状況が起こりやすくなります。成長期に不足すると歯や骨の形成障害も起こるので、小さい頃からカルシウムをとる習慣をつけなければいけません。

また、よくイライラするときはカルシウムをとりなさいと言われますよね。カルシウムには神経の伝達を正常に行ったり、興奮を沈める効果があり、ストレスを和らげる効果が期待されています。

しろ菜のおいしい食べ方

しろ菜のおいしい見分け方

まずは軸の色を確認しましょう。どのしろ菜も同じ白色をしていますが、おいしいしろ菜はハリと艶があります。根本をもってもへたることなく葉先までスッと綺麗にたっているのが理想です。

もう一つ、しろ菜はすぐ痛むので切った根本の先が茶色くなっていたら要注意です。葉野菜全体に言えることですが、できるだけ濃い緑色をした葉を選んで下さい。

しろ菜の下処理と保存方法

しろ菜はクセやアクがないため、白菜と同じように扱うことができます。しっかり水洗いしたら食べやすい大きさにカットして、そのまま調理に活用しましょう。

保存方法については、傷みやすい野菜のため、そのまま保存すると葉先などから茶色に変色し鮮度を失ってしまいます。水を軽くつけた新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室で保存するなどして、極力水分を失わないようにするのがポイントです。

また、冷凍保存する場合は一度固めに茹でたあと、冷水に放ち、水分をきって小分けにして保存します。解凍するときは自然解凍か、調理にそのまま利用しましょう。

しろ菜の調理のポイント

先ほども記載した通り、しろ菜は傷みやすい食材のため、買ったその日に調理するのがベストです。保存するのであれば上記の方法で少しでも長く鮮度を保つようにして下さい。

また、生で食べることはほとんどなく、煮たり炒めたり茹でたりする場合は(火を通す時)、軸と葉を時間差で入れることで食感が残りおいしく仕上がります。

しろ菜を使ったレシピ

1. 定番!しろ菜と油揚げの煮びたし

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう