食べ方は刺し身がおすすめ!「赤西貝」のおいしさはサザエに匹敵!?

「赤西貝」という貝をご存知でしょうか?刺し身や寿司ネタにする食べ方が一般的なのですが、実はサザエに匹敵するほどのおいしさだと言われているんです。そんな赤西貝の特徴やおすすめの食べ方をご紹介しますよ。ぜひ食べてみてくださいね。

2017年12月13日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

赤西貝とは?

赤西貝とは主に生息しているのは七尾湾であり、その周辺でとれる巻き貝のことをいいます。名前の由来からもきている色鮮やかな赤色をしている貝です。赤西貝は、アクキガイ科の種類となっており、他の貝類でいくとホネガイと同じ仲間と言われています。 大きさは最大で15センチになるものもあって、漁師たちの中では「にし」と呼ばれています。柳川市付近の有明海周辺では、「けっぷ」、「こーげ」、「まるげ」という名前で呼ばれていることがあるみたいです。赤西貝は七尾ではアカニシという名前で通っていますが、本来はコナガニシと言われていて、アカニシガイとは別物なのであります。 また、赤西貝は肉食のため、牡蠣などを食べてしまうとも言われてるんですよ。

赤西貝の味は?

赤西貝のワタには実は刺激のある渋みがあるため、貝殻のまま調理したりすると、ワタの渋いところが、身の部分に染みこんでしまうため、調理するときは身を取り出して、ワタを除いてから調理するようにしましょう。食感は食べたときにコリコリした感じで歯ごたえがあり、磯の香りが豊かなので、口いっぱいに広がります。 そのため、多くのすし屋で提供されていて、それ目当ての外国人観光客もきます。お寿司以外にも、刺身やわかめやきゅうりなどの和え物として食べる人も多いと言われています。

赤西貝の旬はいつ?

赤西貝の旬は、6月から8月と言われており、主に夏の時期となります。愛知県の三河地方、中国四国の瀬戸内海では、多く提供されており、人気が高くなっています。食べ方としては、生で食べることが多く、刺身がベストといわれています。 生で食べるときの調理法は殻ごと割って身を取り出して、調理します。産地以外ではあまり、提供されることが少ないため、観光に来たときにしか知る機会がないのです。実は、缶詰やパックなどで売っている安いサザエのつぼ焼きなどは、中身がアカニシであることがあります。 食感が似通っているため、使用しているのかもしれません。

赤西貝のさばき方

赤西貝は巻き貝なので、まず殻の中から身を取り出すことが必要です。
表面の殻にアイスピックなどで少し穴を開け、身と殻の間に空気を入れます。そのまま空気を入れながら、身を引っ張り出してください。

身を取り出したら、縦に切り目を入れ開きます。塩をつけて、きれいに水洗いすれば完成です。

赤西貝のおいしい食べ方

刺身

やはり、おすすめは新鮮な刺身ですよね。赤西貝の特徴でもあるコリコリした感じを味わうには刺身で食べるのが1番です。刺身で食べる場合は、赤西貝本来の味がでるため、しっかりと処理をして苦味を取り除いておきましょう。

寿司

次のおすすめはお寿司です。赤西貝は身自体が味わい深いので、そこに醤油とわさび、酢飯が合わさることでより一層おいしさが増します。

特集

FEATURE CONTENTS