カニ鍋は生?ボイル?冷凍カニのおいしい食べ方

冬の味覚といえばカニは欠かせないですよね♪そのまま食べたり、お鍋に入れたり。今回は、冷凍カニの正しい食べ方をご紹介します。お店で食べるカニと、冷凍で買ったカニは全然味が違って拍子抜けした経験はありませんか?そんな疑問を解決します!

2018年1月21日 更新

冷凍カニの解凍方法と解凍時間

冷凍カニは、室温ではなく冷蔵庫でゆっくりと解凍しましょう。早く食べたいからといって電子レンジで解凍するとカニの旨みエキスはきれいに水分として流れ出てしまいます。

また、室温で解凍してしまうと、水分の蒸発が速いため、カニをプリプリにしている細胞内の水分も抜けてしまい、ぱさぱさのカニになってしまうのです。

冷凍カニの正しい解凍方法

1. キッチンペーパーなど敷いたザルやバットにカニをのせて、お皿の上に乗せ、さらにビニール袋に入れてから冷蔵庫に入れる。甲羅がついている場合は、お腹を上にする。
2. 約1日かけて解凍する。
解凍中、水が溜まるので、捨てましょう。

解凍時間

カニの大きさによって解凍にかかる時間は異なりますが、最低12時間程度は見積もっておいた方がいいので、カニを食べようと思っている日の前日から冷蔵庫で解凍し始めましょう。大きいカニだと完全に解凍できるまで24時間くらいかかる場合もありますので、余裕をもって準備しましょうね。

注意点

早く食べたいからと言って、電子レンジの解凍機能の使用は避けましょう。急激に温度が上がる電子レンジを使い解凍してしまうと、カニに含まれる旨味成分が一気に溶け出し、流れだしてしまうのです。

また、解凍後のカニの再冷凍は品質を低下させる原因になりますので、食べ切れなかったからといって再冷凍することは避けてください。食べ切れる量のみ解凍するようにしてくださいね!

どうしても早く食べたい!そんな時は?

時間をかけて解凍しないといけない……そんなことはわかっていたけど、どうしても急ぎですぐ食べたい!という方は、冷凍カニをビニール袋にいれ、流水解凍で対応しましょう。流水で30分程度解凍をおこなうと、時間をかけて解凍した場合には劣るかもしれませんが、おいしく食べることができますよ!
さらにもう少し時間に余裕がある方は、流水解凍は70%程度で止めて、残りは冷蔵庫で解凍する場合と同じように時間を少しおいて解凍すると、よりおいしく仕上がります。急いでいるからといって、熱を与えて解凍したり、室温で解凍したりすると旨みが抜け出し、ぱさぱさになってしまうので、それだけは避けてくださいね!

ポーション(むき身)の解凍方法

カニを食べたいけど、殻を剥くのがめんどくさい、カニの身だけを食べたい。そんな方には解凍するだけでそのまま食べられる「ポーション(むき身)」がおすすめです。

前述した通り、殻付きの冷凍カニは約1日かけて解凍しますが、ポーションはビニール袋やジップロックに入れて、流水で解凍する方法をおすすめします。

なぜなら、冷蔵庫での解凍は置き方によって解凍しすぎたり、風味が逃げてしまうことがあるからです。

なので、ポーションを解凍する場合は食べる1時間にジップロックやナイロン袋に入れて、流水にさらしながら解凍しましょう。5分〜10分ほどで表面のグレース(表面の膜)が溶け出すので、カニを触ってみましょう。ガチガチなら再度流水にさらし、周囲は柔らかく、身の中心だけが半解凍状態なら解凍終了です。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

DIET_SPO_k

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう