甘くてホクホク。ふしぎな模様の「とら豆」は甘煮にすると最上級のおいしさに!

みなさんは「とら豆」って聞いたことがありますか?まだまだ小豆や黒豆ほどの知名度ではないとら豆ですが、そのおいしさから「煮豆の王様」と呼ばれることも。今回は、そんな最高品質と謳われているとら豆の魅力とおすすめの食べ方をご紹介します。

2016年12月30日 更新

とら豆とは

みなさんは「とら豆」をご存知ですか?このふしぎな模様がある豆が、とら豆です。実物を見て、すこし驚いたかもしれませんね。とら豆とはつる性のいんげんまめで、北海道で花豆や大福豆とともに、高級菜豆(こうきゅうさいとう)と呼ばれています。

とら豆という名前の由来は、へその周囲に濃黄褐色と淡黄褐色の斑紋が入っており、模様の入りぐあいが虎に似ていることから名づけられました。そのため、漢字では「虎豆」と表記されることもあるんですよ。

もとは明治時代にアメリカのマサチューセッツ州で栽培が始まった「コンコード・ポール」という品種で、現在は「福虎豆」などの新種も栽培されているそうです。

とら豆の特徴

とら豆は豆自体がとてもやわらかいのが特徴です。黒豆と同じくらいの大きさでとても食べ応えがあり、口に入れるとホクホクとした食感が楽しめます。そして後味もすっきりとしていて、いやな渋みなども残らないためとても食べやすい豆なんです。

そして、このとら豆は煮物として調理されることで、より甘さが引き立つとされています。特に甘露煮にするには最高の品質といわれ、「煮豆の王様」とも呼ばれているんですよ。

どこで栽培されているの?

いんげんまめは暑さに弱く、すずしい気候を好む特徴があります。そのため、日本では北海道が主な産地です。特に洞爺湖のまわりの「胆振(いぶり)」という地域で多く生産されているそうです。

5月から6月にかけてのまだ涼しい時期に豆を蒔き、夏に花を咲かせて9月後半から10月初旬にかけて収穫されます。

とら豆の栽培方法

とら豆は、時期や方法に気をつければ家庭でも栽培することができます。

種蒔き

先ほど5月から6月にかけてに種を蒔くとお伝えしましたが、時期は栽培する地域によって調整することをおすすめします。

北海道、または北海道に近い地域ではこの時期でよいですが、より高温多湿な関東では5月ごろに種を蒔きましょう。さらに西側では、4月中旬から5月上旬までに蒔くのがよいでしょう。蒔いてから二週間ほどで発芽してくるそうです。

もちろん畑に蒔いてもよいですし、周りにある程度の広さがあればプランターでも栽培ができるんです。その際はなるべく日当たりがよいところを選びましょう。

栽培方法

とら豆はつる性のため、発芽したあと適度に間引きをしたら、支柱を用意する必要があります。あさがおやゴーヤーのつるを想像していただくと分かりやすいかもしれません。

基本的に芽のそばに支柱を立てれば、自然と巻きつくように育っていきます。うまく巻きついていかないものは、手で反時計回りになるように巻きつかせてあげましょう。

支柱になる棒がなければ、ネットを広げておいても同じ役割を果たしてくれます。最終的には約3mまで伸びるため、自然のグリーンカーテンになりますね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう