ローディング中

Loading...

みなさんは「とら豆」って聞いたことがありますか?まだまだ小豆や黒豆ほどの知名度ではないとら豆ですが、そのおいしさから「煮豆の王様」と呼ばれることも。今回は、そんな最高品質と謳われているとら豆の魅力とおすすめの食べ方をご紹介します。

とら豆とは

みなさんは「とら豆」をご存知ですか?このふしぎな模様がある豆が、とら豆です。実物を見て、すこし驚いたかもしれませんね。とら豆とはつる性のいんげんまめで、北海道で花豆や大福豆とともに、高級菜豆(こうきゅうさいとう)と呼ばれています。

とら豆という名前の由来は、へその周囲に濃黄褐色と淡黄褐色の斑紋が入っており、模様の入りぐあいが虎に似ていることから名づけられました。そのため、漢字では「虎豆」と表記されることもあるんですよ。

もとは明治時代にアメリカのマサチューセッツ州で栽培が始まった「コンコード・ポール」という品種で、現在は「福虎豆」などの新種も栽培されているそうです。

とら豆の特徴

とら豆は豆自体がとてもやわらかいのが特徴です。黒豆と同じくらいの大きさでとても食べ応えがあり、口に入れるとホクホクとした食感が楽しめます。そして後味もすっきりとしていて、いやな渋みなども残らないためとても食べやすい豆なんです。

そして、このとら豆は煮物として調理されることで、より甘さが引き立つとされています。特に甘露煮にするには最高の品質といわれ、「煮豆の王様」とも呼ばれているんですよ。

どこで栽培されているの?

いんげんまめは暑さに弱く、すずしい気候を好む特徴があります。そのため、日本では北海道が主な産地です。特に洞爺湖のまわりの「胆振(いぶり)」という地域で多く生産されているそうです。

5月から6月にかけてのまだ涼しい時期に豆を蒔き、夏に花を咲かせて9月後半から10月初旬にかけて収穫されます。

とら豆の栽培方法

とら豆は、時期や方法に気をつければ家庭でも栽培することができます。

種蒔き

先ほど5月から6月にかけてに種を蒔くとお伝えしましたが、時期は栽培する地域によって調整することをおすすめします。

北海道、または北海道に近い地域ではこの時期でよいですが、より高温多湿な関東では5月ごろに種を蒔きましょう。さらに西側では、4月中旬から5月上旬までに蒔くのがよいでしょう。蒔いてから二週間ほどで発芽してくるそうです。

もちろん畑に蒔いてもよいですし、周りにある程度の広さがあればプランターでも栽培ができるんです。その際はなるべく日当たりがよいところを選びましょう。

栽培方法

とら豆はつる性のため、発芽したあと適度に間引きをしたら、支柱を用意する必要があります。あさがおやゴーヤーのつるを想像していただくと分かりやすいかもしれません。

基本的に芽のそばに支柱を立てれば、自然と巻きつくように育っていきます。うまく巻きついていかないものは、手で反時計回りになるように巻きつかせてあげましょう。

支柱になる棒がなければ、ネットを広げておいても同じ役割を果たしてくれます。最終的には約3mまで伸びるため、自然のグリーンカーテンになりますね。

収穫

だんだん緑だったくきやさやが黄色になり、やがて淡褐色へと変化していきます。成熟すると、さやを振ったらカラカラと音がするようになります。

だいたい種蒔きから4ヶ月ほどで収穫できるようになりますよ。収穫したさやをむくと、なかからあの模様をした豆が出てくるのです。

とら豆の煮方

「煮豆の王様」と呼ばれるだけあり、とら豆の煮豆は甘さ・食感・風味どれをとっても最高レベルとされております。ですが、ひとつ間違えれば、どんなに高い品質の食材でもおいしく食べることはできませんよね。

そこで、今回はそんな、とら豆を美味しくふっくらと仕上げる煮方をご紹介していきます。かんたんなので、ご自宅でもぜひ試してみてください。

戻し方

とら豆は乾燥しているため、煮込む前に戻す作業が必要になります。豆をもどしてから、それぞれの調理法で調理をすることがとら豆の煮方の基本です。

豆をよく洗い、400ccの水にひと晩漬け込んでおきます。 漬け込んだとら豆を、そのまま火にかけていきます。このときに塩小さじ1/4と重曹小さじ1/10を入れて、あく取りも忘れずに行いましょう。弱火で15分から20分くらい茹で、よい固さになったら火を止めて水をきりましょう。

とら豆のおすすめレシピ

甘露煮

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

B級グルメ 埼玉 レシピ

ご当地B級グルメ「ゼリーフライ」をご存じですか?ゼリーをフライに……したわけではないんです。埼玉県行田市発祥の人気グルメ、ゼリーフライについてご紹介。特徴や食べ方、おすすめ店まで、気になる方はぜひチェックして…

レシピ

幅広い世代に愛される、日清の「チキンラーメン」。そのまま食べるのはもちろんおいしいですが、いろいろなアレンジレシピが生まれていますよね。中でも今話題なのは、スープと麺をわけてちょい足しした「かまたまチキンラー…

納豆 調味料 まとめ

おいしいだけでなく体にいいこといっぱいな納豆ですが、付属のタレばかりじゃ飽きちゃいますよね!納豆に合う調味料、もっとたくさんあるんじゃないでしょうか。というわけで、いろいろな調味料と納豆の相性を確かめてみまし…

レシピ

簡単料理の定番の焼きそばから、ひと手間かけることで豪華に作れる「かた焼きそば」。今回は、基本のレシピや、作り方のコツ、人気のアレンジをご紹介します。ひと皿で栄養バランスも抜群なので、今晩の献立に作ってみません…

レシピ

秋が旬のすだち。脇役のイメージが強く、冷蔵庫で余ってしまうことも。そんなすだちはすだちシロップにすることで、いつでもすだちの味を楽しみことができますよ♩長期保存可能なのも◎。すだちシロップの作り方と活用レシピ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

レシピ アーモンドミルク スムージー アレンジレシピ まとめ

今話題のアーモンドミルクをご存知ですか?海外では牛乳に代わって使われることも多い、乳製品を含まない植物性のミルクなんです。そんなアーモンドミルクを使ったレシピを10種類紹介します。

チーズケーキ 豆腐 スイーツ レシピ ケーキ まとめ

カロリーは控えめなのに、意外にも濃厚な味わいが楽しめる「豆腐チーズケーキ」。今回はその色々なレシピをまとめています。ベイクドタイプやレアチーズケーキ、抹茶やチョコレートを使用したものなどバラエティにとんだメニ…

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪そんなお酒にも合うなめろ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る