金時豆の甘煮レシピ

材料

・金時豆……150g ・水……500cc(浸し、ゆでこぼし用) ・水……500cc(煮る用) ・砂糖……80g ・塩……少々

作り方

1. 金時豆は、ひと晩水に浸しておきます。(浸した水を使って下ゆでをするので、はじめから煮る鍋を使うのがおすすめですよ) 2. 金時豆は浸し汁ごと火にかけ、沸騰したら一度ゆで汁を捨てザルにあけます。 3. 再度、鍋に水と金時豆を入れ火にかけ、沸騰したら弱火で30~40分ほど煮ます。このとき、煮汁が少なくなれば適宜足し水をしてください。 4. 金時豆がやわらかくなったらゆで汁を捨て、砂糖と塩を入れて弱火にかけ、5分ほどしっかりと混ぜながら煮詰めます。砂糖の分量はお好みで調整してくださいね。

金時豆をおいしく煮るコツ

金時豆に味をつけるときは、十分にやわらかくなってから砂糖と塩を加えてください。豆がやわらかくなりすぎないよう、気をつけましょう。砂糖を入れるときは、まず分量の半分を入れ、一旦火を止めて味をなじませ、再び火をつけて残りの砂糖を加えると味がより浸み込みます。このひと手間をぜひ、実践してみてください。 豆を水につける時間は6時間がよいといわれています。それより長くつけるとやわらかくなりすぎて皮が破れてしまうことがあります。

圧力鍋を使った金時豆の甘煮レシピ

こちらは、圧力鍋を使った金時豆のレシピです。圧力鍋を使用することで短い時間で豆を煮ることができ、さらにふっくらとした仕上がりになります。醤油を少量入れることで甘みが際立ちますよ!一度冷ますと、味がしっかりと染み込みおいしく食べられます。

金時豆の甘煮を使った人気のレシピ5選

1. 金時豆のきなこトリュフ

金時豆の甘煮にホワイトチョコレートをかけて、きな粉をまぶしたトリュフ風のひと品です。ほっこりとした味わいで、パクパク食べられますよ!いつもの食べ方とは少し違うおすすめのアレンジレシピです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS