ライター : morico

地域情報雑誌、洋風居酒屋の店長を経験。現在はフリーライターとして活動中です*

金時豆の甘煮基本レシピ

Photo by morico

調理時間:90分(※豆を水に浸しておく時間は除きます)

甘くてやさしい味わいの金時豆の甘煮。自宅で作れば、家庭の好みに合わせて甘さを調整できるのでおすすめです。甘さを控えめにすると、金時豆本来の味が楽しめます。

材料(作りやすい量)

Photo by morico

・金時豆……150g
・砂糖……100g
・塩……ひとつまみ
・しょうゆ……大さじ1杯

作り方

下準備

Photo by morico

下準備として金時豆を軽く洗い、大きめの鍋に入れます。たっぷり水を入れて、ひと晩浸し、金時豆を戻します。だいたい5~6時間で金時豆はふっくらするので、夜作りたいときは時間を逆算して、浸しておきます。

1. 火にかけ、沸騰したらザルにあげる

Photo by morico

水で金時豆を戻した鍋をそのまま中火にかけます。沸騰したら火を止め、ゆで汁を全部捨て、金時豆をザルにあげます。ゆで汁を捨てることで灰汁を抜き、えぐみのない味に仕上がります。同じ鍋を使うので、鍋についた灰汁は水で洗い流してください。

2. 灰汁を取りながら弱火で40分煮込む

Photo by morico

ザルにあげた金時豆を鍋に戻し、豆の3倍ほどたっぷり水を入れます。沸騰してきたら弱火にし、40分煮込みます。灰汁はこまめにチェックして、取り除いてください。先にお湯を沸かしておくと、水が沸騰するまでの時間を省け、沸騰による煮くずれも防げるのでおすすめです。

3. 砂糖を入れて20分煮込む

Photo by morico

金時豆をひとつ取り、箸でつぶれるくらいやわらかくなっているか確認します。やわらかければ、砂糖を半分入れ、甘みをつけていきます。やさしく混ぜて砂糖が溶けたら、残りの半分を入れます。砂糖がしっかりと溶けたことを確認したら、フタをして20分煮込みます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ