1玉でキャベツ2玉分の栄養がとれる⁉︎「グリーンボール」ってどんな野菜?

見た目はキャベツとそっくりな「グリーンボール」という野菜はご存知でしょうか。小ぶりながらも栄養価は高い注目の野菜なのです。生でたべてよし、煮てよし、焼いてよしのグリーンボールで、いつもの料理をより健康的にしてみませんか。

2019年9月26日 更新

小さいながらも凝縮されたおいしさ

キャベツは種類も多く、私たちは一年中いろいろなおいしいキャベツを食べることができます。特に春キャベツは柔らかくておいしく、毎年出回る時期が待ち遠しいほどです。 肉厚で柔らかくキャベツよりも栄養価が高いグリーンボール。貴重な、旬のグリーンボールが出回るのを待ってサラダや浅漬けなど生で食す楽しみがまたひとつ増えました。毎年、春キャベツや新玉ねぎを心待ちにするのと同じですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS