ジブリの名シーンを再現!「ラピュタパン」のトロトロ卵にやみつき♪

人気アニメ映画「天空の城ラピュタ」でおなじみの「ラピュタパン」。トロットロの半熟卵がのったトーストをおいしそうにほおばる名シーンに、憧れた人も多いのでは?この記事では、今すぐおうちで真似したくなる「ラピュタパン」の再現レシピをご紹介。白身をきれいに固めるコツも要チェックです。

2020年5月12日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

ラピュタパンとは?

Photo by きたやまあさみ

「ラピュタパン」とは、アニメ映画「天空の城ラピュタ」の劇中で登場するジブリ飯のひとつ。主人公のパズーとシータがひとつのパンを分け合い、おいしそうにほおばるシーンがSNSを中心に話題を呼び、自宅で再現する人が急増中なんだとか。

ふたりが食べているのは食パンに目玉焼きをのせたシンプルなものですが、それを基本にマヨネーズやハム、チーズなどを加えてアレンジしたラピュタパンが、ネットで数多く紹介されています。

とろ~り幸せあふれ出る!ラピュタパン(調理時間:15分)

Photo by きたやまあさみ

この記事では、マヨネーズと塩こしょうを使った、定番の「ラピュタパン」の作り方をご紹介します。パンの上に直接卵を落としてトースターで焼くので、フライパンがなくても作れる簡単なレシピです。食パンは5枚切り以上のやや分厚いものを選んでくださいね。

材料(1人分)

Photo by きたやまあさみ

・食パン……1枚
・マーガリン(バターでも可)……大さじ1杯
・卵……1個
・マヨネーズ……適量
・クレイジーソルト(または塩)……適量
・黒こしょう……適量

卵が固まらない場合は?

アルミホイルを使う

食パンをそのままトースターにのせても良いのですが、火力が強いと卵が生なのに、パンだけ焦げてしまうことが。下にアルミホイルを敷いておけば、パンを焦がさずに卵を焼くことができます。

前もってトースターをあたためておくと、少しの焼き時間でも中までしっかり火を通すことができますよ。

卵はS~Mサイズのものを使う

大きい卵を使うと、卵の固まり具合が悪かったり白身が流れてしまったりと、うまく作れないことがあります。前もって白身の部分を減らして使ったり、卵のサイズは大きくないもの(S~Mサイズ)を選びましょう。

作り方

1. 食パンにマーガリンを塗る

Photo by きたやまあさみ

食パンにマーガリンを塗ります。パンの端までしっかり塗るのが、おいしさの秘訣。たっぷり塗ったほうが焼いたときのサクサク感がアップし、より一層おいしくなりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS