中華料理に欠かせない万能スパイス「花椒」の使い方とレシピを紹介

中華料理と言えば、あとを引くピリッとスパイシーな味わいが特徴です。今回ご紹介する「花椒」は、四川料理を作る上でなくてはならないスパイスのひとつ。揚げ物や炒め物、サラダにも使える万能スパイス花椒の作り方やレシピまであますことなくご紹介します。

2018年10月17日 更新

牛肉とゴボウの山椒煮込み

牛肉独特の臭みを消したいときにも大活躍な花椒をふんだんに使い、圧力鍋で煮込んだひと品。胃の働きを活発にしてくれる花椒の効果に、食物繊維たっぷりのごぼうが加わったヘルシーメニューです。

花椒塩唐揚げとパクチー唐揚げ

とり肉にドライパクチー、花椒を揉み込んで油でカラッと揚げた、揚げ物料理です。いつもの鶏唐揚げにスパイスをプラスするだけで、異国感満載のひと品がテーブルを彩ります。

花椒油の作り方

鍋にサラダ油200㏄と花椒5gを入れ、弱火にかけ10分間加熱します。このとき、火が強いと焦げてしまうので注意してください。10分経ったらザルにあげてこします。荒熱が取れたらガラス容器にうつして完成です。

花椒油の使い方

お浸しや炒め物の風味付けとして最後に上から回しかけたり、野菜やお肉の蒸し料理とも相性バッチリです。中華料理だけでなく、和食にも合うので好みの食べ方を見付けてみてください。
4 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう