レンジで本格中華!「しっとり本格よだれ鷄」のシビれるウマさにごはんがすすむ♩

漬けてレンジで加熱するだけで、簡単に作れる「しっとり本格よだれ鷄」のレシピをご紹介します。名前の通り、想像するだけでよだれが出てきそうなくらいおいしいですよ♩ピリ辛ダレがよく合う、本格的で豪華な料理です!

2017年1月30日 更新

レンジで簡単!しっとり本格よだれ鶏

今回は、漬け込んでレンジで加熱するだけ!手間なくできる「しっとり本格よだれ鶏」のレシピをご紹介します。

家庭にあるもので、できるだけ本格的な「よだれ鶏」をつくるためのレシピ。花椒を使うことで、手軽に四川風の味に近づけることに成功しています。しびれるような辛さ「麻」と唐辛子の辛さをしっかりと感じられる、複雑な絡みが食欲をそそる、ごはんがほしくなる一品。

ピリ辛ダレも手作りなので、好みに合わせて辛さを調整して作ってみてください!

よだれ鷄の材料

鶏むね肉:1枚(300g)
長ネギの青いところ:1本
☆水:50cc
☆酒:大さじ1杯
☆塩:ふたつまみ(レンジ用)
☆しょうがすりおろし:小さじ1杯

<ピリ辛ダレ>
★醤油:大さじ2杯
★オイスターソース:大さじ1杯 
★黒酢:大さじ2杯(なければ普通のお酢)
★砂糖:大さじ1杯
★ラー油:大さじ1杯(辛いのが苦手な方は量1/2にするなど調整してください!)
★ごま油:小さじ1杯
★にんにくすりおろし:小さじ1/2杯
★鶏ガラスープの素:小さじ1/2杯
★花椒(ホール):小さじ1杯(花椒パウダーでも可:小さじ1/2程度) 
※ない場合は山椒での代用もOKです

<トッピング>
白ごま :大さじ1杯(ピーナッツでも可)
唐辛子輪切り:適量
白髪ねぎ:適量

よだれ鷄のレシピ

1. 下ごしらえをします。

鶏むね肉を冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
余分な皮、脂は取り除き、厚い部分がある場合は、厚さを均等にするために開いておきましょう。
ホールの花椒は袋に入れて、棒などで粗く潰しておきます。

2. 胸肉に下味をつけます。

味がしみこみやすくなるよう鶏むね肉をフォークで刺します。
耐熱ボウルに鶏むね肉を入れて、下味をつけるために、☆の調味料を入れて揉みこみ、10〜15分ほど置きます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう