中華料理に欠かせない万能スパイス「花椒」の使い方とレシピを紹介

中華料理と言えば、あとを引くピリッとスパイシーな味わいが特徴です。今回ご紹介する「花椒」は、四川料理を作る上でなくてはならないスパイスのひとつ。揚げ物や炒め物、サラダにも使える万能スパイス花椒の作り方やレシピまであますことなくご紹介します。

2018年10月17日 更新

花椒のソースレシピ

怪味ソース

花椒をはじめ、豆板醤やラー油、ごま油など10種類以上の材料をブレンドしたソースは、不思議な味という意味で「怪味(グワイウェイ)」と呼ばれています。市販されていますが、自分で作れば好みの味にアレンジできますよ。

おかずになる調味料「水豆豉」

「豆鼓(ドウチ)」は黒大豆を発酵して作られる発酵食品で、花椒と配合した調味料も中国でよく売られています。日本では豆鼓の入手は少し難しいので、大豆を代用したレシピをご紹介しましょう。

そのほかの花椒レシピ

砂肝の花椒塩から揚げ

砂肝を花椒と生姜で味付けし、カラッと揚げたひと品。揚げ物と花椒の相性は抜群で、絶妙な辛さに思わずビールが進んでしまいます。

なすの花椒味噌炒め

なすに絡める辛味噌の辛味を唐辛子ではなく、花椒に代用したレシピです。しびれるような辛さに、疲れも一気に吹き飛ぶことでしょう。
3 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう