ローディング中

Loading...

甘酸っぱさが後引く「のし梅」。縁日で見かけるたびに買ってしまう人、意外と多いのではないでしょうか。ところで、そんなのし梅が実は山形の郷土菓子だってご存じですか?この記事では、知って驚きの。のし梅に関するあれこれをご紹介します。

のし梅とは?

みなさんは縁日などでよく見かける「のし梅」ってご存知ですよね。お祭りでしか食べられない駄菓子と思っている方もいるかもしれませんが、実はあれ、もともとは山形や水戸の名物菓子。現在も大工場でのオートメーションではなく、ほぼ手作業で作られているんですよ。

この記事では、そんな「のし梅」を徹底解剖しちゃいます。

山形県の定番土産として人気の郷土菓子

梅と言えば水戸が有名ですが、山形の村山地方も梅の栽培が盛んなところ。山形のエキナカのキヨスクを始め、お土産を扱うショッピングモールならどこでも、この「のし梅」をおいています。山形県におけるのし梅は、それくらい「定番」のおみやげです。

竹の皮の風味と一緒に梅の酸味を

「のし梅」は現代の観光地のおみやげのように派手なビジュアルではありません。和紙風のパッケージと竹の皮に包まれた、寒天状の琥珀色をしたお菓子です。

「のし梅」がなぜ琥珀色をしているかというと、梅のエキスがたっぷりと含まれているから。クエン酸豊富な梅を、昔ながらの製法で寒天で固めているので、酸っぱさの中にもほんのりした甘さがあり、くどくないさっぱりとした風味です。

のし梅の発祥と歴史

山形発祥、でも水戸の郷土菓子でもある

のし梅の始まりは、昔、最上義光公が山形城主だった頃のこと。御典医だった小林玄瑞が長崎での遊学中、中国人から梅を原料とした秘薬の製法を伝授され、それを「気付け薬」として山形に持ち込んだものが始まりだとか。

そして、それを食べやすいお菓子として売りだしたものが「のし梅」。このことにより、のし梅の元祖は山形であり、文献に残る最後の一軒がこの「佐藤屋」だと言い伝えられています。

一方、水戸の「のし梅」は、明治になってからできたもの。当時の県知事が、水戸光圀公や斉昭両公が植えた数千本の梅を観賞するだけでなく、味わえるものをつくったらどうか?と進言したことがきっかけで作られるようになったそうです。

のし梅本舗佐藤屋が発祥

のし梅の発祥は、文政四年(1821年)に創業した山形の菓子本舗「佐藤屋」だといわれています。

その本店は山形市の駅から歩いて数分のところにある十日町という場所にあり、現在の店主で8代目。店構えはどっしりとしていて、昔ながらの菓子本舗といった風情があります。

昔ながらの製法による「のし梅」の味を守り続ける一方で、生チョコとのし梅を組み合わせた「たまゆら」(夏場は製造中止)や、モンテディオ山形の応援のための寒天菓子など、現代風にアレンジした商品も販売しています。

創業190年の佐藤屋のこだわりとは

菓子本舗「佐藤屋」が村山産の完熟梅だけを原料にして、昔ながらの砂糖と寒天だけを使って作ったのし梅は、他の会社で作られた数あるのし梅と製法が違い、1枚ずつガラスの板に流して作られています。

そのため、非常になめらかで舌触りもよくさまざまな場所で多くの賞を獲得してもいます。元祖としてのプライドがあり、妥協を許さない原料の選択と、手間のかかるこのこだわり製法を貫いているからこそ、190年間変わらぬ味を守り続けていられるのですね。

のし梅ができるまで

他では真似ができないという伝統的な作り方を守り続ける「佐藤屋」。その製法は、以下のとおりです。

1. 村山産の梅、長野の寒天、砂糖を大きな釜で煮溶かす。
2. 木枠のついたガラス板に流し込む。
3. 平行器を用い、ガラス板が水平になるように保ちながら固まるのを待つ。
4. 数日間、乾燥させる。
5. 型枠から外したのし梅を何枚か重ね、ステンレスの容器に入れてカットする。

全国的にもよく知られている佐藤屋の「のし梅」ですから、大きな工場で作られていると思われがちですが、その作業のほとんどは手作業。梅と寒天、砂糖を煮溶かし、それを木枠のついたガラス板に流し込み、乾燥させて枠を取り、カットする。どの工程も本当に大変だといいます。まさに職人さんの技術に守られた伝統菓子なのですね。

のし梅が駄菓子になった「のし梅さん太郎」

東京都墨田区に本社を置くお菓子の卸会社「やおきん」が製造している「のし梅さん太郎」。

縁日で見かけることの多いこの商品は、多くの人にとって、佐藤屋の商品よりもなじみがある「のし梅」ではないでしょうか。その原料は、魚肉すり身、小麦粉、イカ粉、砂糖、梅酢、梅肉エキス他で、はっきり言ってチープな味。しかし、どこか後を引く味わいで、ついつい続けて何枚も食べてしまいます。

山形に行ったら「のし梅本舗佐藤屋」

現在山形市内に7店舗が点在している「佐藤屋」。先にもかいたように、本店は昔ながらの菓子本舗という風情がある、日本家屋の一軒家です。

また、支店のいくつかは駅直結の近代的なショッピングセンターやモールにあり、電車の待ち時間などに立ち寄ることができ、とても便利です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ふわとろっと好コスパ♩パブロ監修「チョコパイ」第4弾は抹茶香るチーズケーキ味

お菓子 チョコレート パイ

ロッテから、焼きたてチーズタルト専門店パブロ監修『チョコパイ』の第4弾「チョコパイ <PABLO監修和のチーズケーキ 京味仕立て>」が発売!500万個を売り上げた前作を超えるヒットとなるかもしれない新作を、実…

退職時のお菓子に気持ちをこめて。配りやすいおすすめ商品12選

お菓子 まとめ お土産 おやつ

人生には転職や定年などで勤めている職場を退職することが必ずあります。同僚などに感謝の気持ちをこめて、お菓子を渡して退職の挨拶をするのが最近のならわしですね。その際にどんなお菓子がいいのか悩まないよう、おすすめ…

食べすぎ注意!「リッツチョコサンド」の甘じょっぱさは不安になるほどクセになる

お菓子 おつまみ

以前SNSで話題になったリッツでチョコをサンドするアレンジを、「リッツチョコサンド」としてモンデリーズ・ジャパンが商品化!あの甘じょっぱくてクセになる味わいをどう仕上げたのか、実食レビューでご紹介します!

観光の思い出に♩名物を満喫できる日光の人気ランチ15選

そば ランチ カフェ レストラン 栃木 まとめ

自然豊かな日光には、ゆば&そばなどの名物を満喫できるお店が点在しています。そこで今回は日光エリアで人気のランチをご紹介!ちなみに、ゆばは京都では湯葉と書きますが、日光では湯波と書くそうです。ぜひ名物を満喫しな…

林檎キャラメル味でほっこり♩日本初ブラウニー専門店「コートクール」に新作!

ブラウニー お菓子

季節限定で生ブラウニー「林檎キャラメル」が新たに登場!日本で初のブラウニー専門店「コートクール(cote cour)」より恵比寿本店、立川ルミネ、オンラインストアにて新商品が発売されます。11月末までの限定発…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【東京都内】ちょっと贅沢したい昼におすすめなおいしい天丼5選

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

女子大生必見!渋谷周辺の人気パンケーキまとめ!

原宿 パンケーキ 渋谷 祐天寺 スイーツ まとめ

いま流行りのパンケーキをまとめています!それぞれ違ったパンケーキなので自分のお気に入りを見つけてみてはいかが!

「伯方の塩」は伯方産じゃない!? 塩にまつわる意外な事実5選

調味料 まとめ

みなさんご存知「伯方の塩」。もはや塩の代名詞といっても過言ではないぐらいの知名度ですよね。ところで、「伯方の塩」の原産地を知っていますか? 伯方でしょって? いやいや、違うんですよ。なんと生産地は意外すぎるあ…

あなたはどのフレーバーを選ぶ?リプトン史上最高に香り華やぐフルーツティーが新発売!

フルーツ マンゴー まとめ

紅茶ブランド「リプトン」から、この秋、フルーツティーシリーズを新発売。定番の人気フレーバー「アップルティー」、「レモンティー」に、紅茶としては珍しいフレーバーである「ミックスベリーティー」、「ピーチ&マンゴー…

家飲みのおともにピッタリなお取り寄せおつまみ5選

日本酒 おつまみ まとめ

ご自宅でお酒を飲む時っておつまみが食べたくなりますよね?どうせ美味しいお酒を飲むなら、美味しいおつまみと一緒に飲みたい♪今回はそんな希望を叶えるようなお取り寄せできるおつまみを5個を選びました!

ウイスキーに合うおつまみの法則!失敗しない選び方と定番10選

おつまみ スイーツ チョコレート まとめ

ウイスキーは商品によって全く味が異なりますよね。いつも同じおつまみになっていませんか?定番のチョコを毎回用意するのも良いですが、実は法則があるんです。ピッタリなおつまみを合わせれば、お気に入りのウイスキーも格…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食材は自分で選ぶのがブーム♩東京の「シーフードレストラン」おすすめ5選

東京 まとめ

おいしくて、新鮮な魚介や海鮮料理を東京でも食べられる、今おすすめのシーフードレストランを厳選!決められたメニューだけではなく、食材そのものや調理法まで選べちゃう人気のシーフードレストランをご紹介します。魚好き…

周りに差をつける!夏に買うべき「おしゃれ水筒」おすすめ品10選♩

まとめ おしゃれ

夏のお出かけにつきものなのが水筒。ペットボトルではせっかくの冷たい飲み物もすぐに冷めてしまいます。そこで活用したいのが人気の「おしゃれ水筒」。おしゃれなだけではない、軽い、使いやすい、優れものブランドの「おし…

アイスの賞味期限が謎すぎる!10年前のものでも食べてOK!?

暑くなると食べたくなるアイスですが、冷凍庫に保存したアイスの賞味期限はいつまでかご存じですか?何週間も前に買ったアイス、未開封なら食べても大丈夫なのか、開けてしまったらアイスも腐るの?など、アイスの気になる保…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る