ローディング中

Loading...

主に沖縄に生息する鮮やかな青色の魚「アオブダイ」。テレビや写真で見たことがあるひとも多いのでは?アオブダイは、実は人間の指も噛み切るほど危険性の高い魚で、食べると食中毒が起きやすいんだとか。そんなアオブダイの実態を徹底調査しました。

危険な魚「アオブダイ」とは

アオブダイとはどんな魚?

アオブダイとは、スズキ目ベラ亜目ブダイ科の魚で、成長すると最大90cmになることもある大型魚。体はその名の通り青色で、大型になるとナポレオンフィッシュのように頭部がこぶのように張り出してきます。

分布域は、主に沖縄近海ですが、それだけでなく東京湾の辺りからフィリピン沖まで広範囲に生息しています。藻や甲殻類、貝類などさまざまなものを食べる雑食性で、比較的浅い海の岩礁やサンゴ礁を好み、しばしば釣り人に漁獲されることもあります。口が鳥の口ばしのような形をしていて、中には人間の指を噛み切ることができるアゴの力をもったアオブダイもいるので注意が必要です。

昼間に活動し、夜は岩陰などで休むのですが、その際口から粘液を出して、自分を覆うための薄い透明の寝袋を作りその中で寝るという行動をとります。アオブダイは色々な地域に生息していますから、色々な地域で呼び名があることも特徴になっています。

アオブダイはタイではなく、ブダイ

アオブダイは、タイとついているのでタイの仲間と間違えそうですが、見た目は似ても似つかないタイとはほど遠い姿をしています。

ブダイという名前の由来は、いくつか諸説あり、鎧を着た武士のような形をしていることから「武鯛」。泳ぐ姿がヒラヒラと舞っているように見えることから「舞鯛」。鯛と比べて不格好ということで「不鯛」。どれもありえそうな説ですね。また、ブダイ科の英名は「パロットフィッシュ」。パロットとは英語で鳥類のオウムのこと。口ばしの形からその名がついたのでしょう。他のブダイ科の魚は、ナンヨウブダイやヒブダイなどがいます。

アオブダイによる食中毒

アオブダイのもつ毒とは?

アオブダイは、もともと毒素をもって生まれた魚ではなく、エサとして猛毒をもつスナギンチャクを捕食することによって、内臓にパリトキシンという毒性が蓄積されて毒性を持った魚となるのです。

このパリトキシンという毒は、フグのもつテトロドトキシンよりはるかに強い毒性を持ち、生物がもつ自然毒の中でもかなり強力なほうで、生物界一の毒性といっても過言ではないでしょう。水洗いや加熱しても毒性が失われることはありません。

アオブダイは、食中毒の危険のあるパリトキシンを含む魚として厚生労働省のウェブサイトにも名前が載っています。このように毒の危険性がありますから、もしもアオブダイを釣った際には注意して調理するようにしましょう。

アオブダイのもつパリトキシンの症状は?

潜伏時間が12~24時間と比較的長く、身体のしびれや麻痺、痛みを伴う筋肉痛がおもな症状です。しばしば黒褐色の排尿を伴い、重症化すると呼吸困難や歩行困難、腎障害を起こし死に至ることもあります。回復には数日から数週間必要で、解毒方法は見つかっておらず、明確な対策法がないことが現状です。

いずれにしても、アオブダイの毒にかかってしまったら直ぐに病院に行くようにすることが大事です。「魚の毒で病院に行くのは恥ずかしい」という人もいるかもしれませんが、少しの気の迷いが生死を分けることもあるのです。

アオブダイとイラブチャーの違い

沖縄でイラブチャーと呼ばれている魚はアオブダイだと思われていますが、実はイラブチャーはナンヨウブダイやヒブダイなどの他の魚なので毒の心配はありません。ナンヨウブダイやヒブダイなどは、エサとして毒性を持つスナギンチャクを捕食しないため毒性を体内に蓄積していないのです。アオブダイも、毒性を持たないエサばかり食べると、毒化することはありません。

他のブダイとアオブダイは見た目はよく似ていて見分けるのが難しいです。見分け方として簡単なのは、尾びれの端が長く伸びているかということ。長くなっていればアオブダイではありません。

主に食されている沖縄では、肝を食べることがあまりないため、イラブチャーを食べる際も刺し身か煮付けにして食べることが多いようです。アオブダイもイラブチャーも同じブダイ科の魚なので、イラブチャーが毒性をもつエサをまったく食べていないとは言い切れません。イラブチャーを食べる際も内蔵は避けたほうがいいですね。内蔵を傷つけることなく上手に処理することが大切です。

アオブダイの食べ方

アオブダイに含まれる毒の量は、個体によって様々で食べても問題のない量だったりほとんど無毒の個体も多いです。また、基本的に毒は肝臓などの内臓に蓄積されており、身や皮には含まれていないことのほうがはるかに多いため、内臓を捨てれば食べることも可能です。

釣り人の間ではアオブダイは比較的よく釣れる魚として有名なので、捌いて食べたことがある方もいるでしょう。しかし、このパリトキシンという毒素はまれに身に含まれることもありますし、解毒方法が見つかっているわけではないので食べないことが一番の予防策です。

アオブダイには要注意!

沖縄でよく見かけるカラフルな魚たち。普段あまり馴染みのないわたしたちにとっては毒性がある魚かどうかは見分ることは難しいでしょう。沖縄では居酒屋などで提供している店もあるので、食べたいときには調理はプロにまかせて、自分で調理する場合には、ブダイ科の魚は避けたほうが安全かもしれないですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

豚肉 まとめ

脂が適度にのっていて、ボリューム感のあるレシピからさっぱりとしたレシピまで、さまざまに応用可能な豚肩ロースブロック。定番のチャーシューや角煮、炊飯器を使ったレシピなど、いろいろな活用方法をチェックして、豚肩ロ…

チョコレート お菓子 スイーツ まとめ

カカオポリフェノールを多く含んだハイカカオのチョコレートが、その高い健康効果から、今注目を浴びているんです。今回は、メーカー各社から発売されているハイカカオチョコレートの中から、厳選して6つの話題な新商品をご…

ミートソース パスタ レシピ 作り置き まとめ

子どもから大人まで人気のパスタと言えば、ミートソースですよね。今回は、基本のレシピや簡単なコツ、さらにアレンジレシピもご紹介。冷凍ストックしておくこともできるんですよ◎ おいしいミートソースを作って、いろいろ…

ハロウィン まとめ

もうすぐハロウィン♩飾りつけだけでなく、食欲の秋も満たしたいですよね。身近なコンビニでもハロウィン商戦が始まっています。中でもローソンのハロウィン商品は注目です。見た目の可愛さはもちろん、おいしいローソンのハ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

デート ランチ まとめ

おいしい食べものを食べれば誰もが「おいしい」と口にするのは当たり前の行為ですが、どうせならもっと表現の幅を広げたいですよね。今回は、おいしい以外のおいしさを表現する言葉を集めてみました。

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

ページTOPに戻る