これが牛肉の最上級部位!シャトーブリアンの値段が高いワケ

焼肉屋さんやステーキ店で「シャトーブリアン」という言葉を目にしたことはありませんか?一般の市場では入手が困難で、値段も高価なため“幻の部位”とも呼ばれている、牛肉の中でも最上級の部位なんです。今回はそんなシャトーブリアンの魅力に迫ります。

2018年12月4日 更新

最上級部位「シャトーブリアン」

希少価値が高く、“究極の赤身”や“幻の部位”ともいわれている「シャトーブリアン」。赤身ながら非常にやわらかく、「一度食べたら忘れられない!」と食通たちをうならせています。その分、お値段も別格!でも、一体なぜシャトーブリアンはそんなに珍重されているのでしょうか?そのおいしさの秘密と、極上のシャトーブリアンがいただけるお店をご紹介します。おうちで上手に焼く方法も必見ですよ。

そもそもシャトーブリアンとは

シャトーブリアンとは、細長い形状をした牛のヒレ肉(テンダーロイン)のうち、中央部の最も厚みがあり肉質のよい中心部分や、それを使ったステーキのこと。非常にやわらかくてきめが細かく、形がよいため“究極の希少部位”とされています。

それにしても“シャトーブリアン”なんて、牛肉の部位にしてはなんだかおしゃれな名前ですよね。それもそのはず。シャトーブリアンは、フランス革命の頃の貴族で美食家のフランソワ・ルネ・ヴィコント・ドゥ・シャトーブリアンの名前に由来しているといわれています。彼は、あまりのおいしさから、料理人に命じて調理させ、シャトーブリアンばかりを食べていたのだとか。このことからその部位が“シャトーブリアン”と呼ばれるようになったそうですよ。

シャトーブリアンの値段が高いワケ

先ほど、シャトーブリアンはヒレ肉の中でも特に肉質のよい真ん中の部分であるとご説明しましたが、実はヒレ肉自体が1頭から3%ほどと、ほんのわずかしかとれない高級部位なんです。シャトーブリアンは、そのヒレ肉の中でも特に厳選された最高級の部位。牛1頭から約600g程度と、とれる量がきわめて少ない大変希少な部位です。お値段が高いのも納得ですね。

ちなみに、シャトーブリアンのお値段の相場は1枚150gで10,000〜16,000円ほど。ブランド牛のなかには、なんと60,000円を超える超高級品もあるそうですよ!一度はぜひ味わってみたいですね。

シャトーブリアンはどうしておいしい?

では、なぜシャトーブリアンはそんなにおいしいのでしょうか?その理由は、シャトーブリアンが含まれるヒレとはサーロインの近くにある部位で、牛の身体のなかで最も動かすことの少ない筋肉の部位だからです。

筋肉は、よく動かせば動かすほど強くかたくなりますが、あまり使用していない筋肉はどんどんやわらかくなっていきます。ヒレは、通常は運動などにほとんど関わらない部位のため、やわらかな肉質を保っているといわれています。シャトーブリアンは、そのヒレのなかでも最もやわらかい部分。お箸でスッと切れるほどのやわらかさです。

また、シャトーブリアンはただやわらかいというだけではなく、脂肪が少ないのも特徴です。やわらかな肉というのは普通、霜降り肉のように、赤身の間に脂身が混在しているものですが、シャトーブリアンはやわらかいのに脂肪が少なめ。赤身肉ですが非常にやわらかく、肉汁もたっぷりで、上品なお味が特徴です。ワインとの相性も最高ですよ。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mofullon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう