ローディング中

Loading...

焼肉屋さんやステーキ店で「シャトーブリアン」という言葉を目にしたことはありませんか?一般の市場では入手が困難で、値段も高価なため“幻の部位”とも呼ばれている、牛肉の中でも最上級の部位なんです。今回はそんなシャトーブリアンの魅力に迫ります。

最上級部位「シャトーブリアン」

希少価値が高く、“究極の赤身”や“幻の部位”ともいわれている「シャトーブリアン」。赤身ながら非常にやわらかく、「一度食べたら忘れられない!」と食通たちをうならせています。その分、お値段も別格!でも、一体なぜシャトーブリアンはそんなに珍重されているのでしょうか?そのおいしさの秘密と、極上のシャトーブリアンがいただけるお店をご紹介します。おうちで上手に焼く方法も必見ですよ。

そもそもシャトーブリアンとは

シャトーブリアンとは、細長い形状をした牛のヒレ肉(テンダーロイン)のうち、中央部の最も厚みがあり肉質のよい中心部分や、それを使ったステーキのこと。非常にやわらかくてきめが細かく、形がよいため“究極の希少部位”とされています。

それにしても“シャトーブリアン”なんて、牛肉の部位にしてはなんだかおしゃれな名前ですよね。それもそのはず。シャトーブリアンは、フランス革命の頃の貴族で美食家のフランソワ・ルネ・ヴィコント・ドゥ・シャトーブリアンの名前に由来しているといわれています。彼は、あまりのおいしさから、料理人に命じて調理させ、シャトーブリアンばかりを食べていたのだとか。このことからその部位が“シャトーブリアン”と呼ばれるようになったそうですよ。

シャトーブリアンの値段が高いワケ

先ほど、シャトーブリアンはヒレ肉の中でも特に肉質のよい真ん中の部分であるとご説明しましたが、実はヒレ肉自体が1頭から3%ほどと、ほんのわずかしかとれない高級部位なんです。シャトーブリアンは、そのヒレ肉の中でも特に厳選された最高級の部位。牛1頭から約600g程度と、とれる量がきわめて少ない大変希少な部位です。お値段が高いのも納得ですね。

ちなみに、シャトーブリアンのお値段の相場は1枚150gで10,000〜16,000円ほど。ブランド牛のなかには、なんと60,000円を超える超高級品もあるそうですよ!一度はぜひ味わってみたいですね。

シャトーブリアンはどうしておいしい?

では、なぜシャトーブリアンはそんなにおいしいのでしょうか?その理由は、シャトーブリアンが含まれるヒレとはサーロインの近くにある部位で、牛の身体のなかで最も動かすことの少ない筋肉の部位だからです。

筋肉は、よく動かせば動かすほど強くかたくなりますが、あまり使用していない筋肉はどんどんやわらかくなっていきます。ヒレは、通常は運動などにほとんど関わらない部位のため、やわらかな肉質を保っているといわれています。シャトーブリアンは、そのヒレのなかでも最もやわらかい部分。お箸でスッと切れるほどのやわらかさです。

また、シャトーブリアンはただやわらかいというだけではなく、脂肪が少ないのも特徴です。やわらかな肉というのは普通、霜降り肉のように、赤身の間に脂身が混在しているものですが、シャトーブリアンはやわらかいのに脂肪が少なめ。赤身肉ですが非常にやわらかく、肉汁もたっぷりで、上品なお味が特徴です。ワインとの相性も最高ですよ。

お店でシャトーブリアンを食べるなら

幻の部位と呼ばれる、絶品の牛肉「シャトーブリアン」。ぜひ一度は味わってみたいですよね。一体どこで食べられるのでしょう?実は、チェーン系の焼肉店でもいただけるお店があるんですよ。

都内を中心に展開する「焼肉チャンピオン」では、トリュフ塩を添えたシャトーブリアンを4,500円で提供。あの有名焼肉店「叙々苑」のなかでも高級な「游玄亭」では、特選シャトーブリアンを用意。お値段は、新宿店や赤坂店では12,000円、銀座並木通り店では15,000円です。

もちろん、シャトーブリアンがいただけるのはチェーン店だけではありません。ここからは、シャトーブリアンのおいしさの真髄を教えてくれる、とっておきの3店をご紹介します。

1. サトーブリアン

阿佐ヶ谷駅から徒歩2分、予約のとれない大人気の焼肉店「サトーブリアン(SATOブリアン)」。その名のとおり、佐藤さんが店主を務める、最高級のシャトーブリアンを惜しげもなく提供するお店です。あまりに人気で予約がとれないことから、2013年には2号店「サトーブリアン にごう」も同じく阿佐ヶ谷にオープンしています。

お店の自慢は、「九州和牛のシャトーブリアン」。A4ランクの角切り(90g 2,138円)のほか、美しさすら感じさせる見事なA5ランク(130g 6,264円)の塊肉も用意されています。
お店イチオシの食べ方が、丁寧に焼いたシャトーブリアンに特製のバターにんにく醤油を絡ませ、ホカホカのご飯にのせる「ブリ飯」。肉の旨みにバターのコク、食欲をそそるにんにくの風味が合わさって、お箸が止まらなくなるおいしさです。テレビやラジオでも紹介されたそうですよ。

そのほかコース料理には、シャトーブリアンのカツを贅沢にはさんだ「ブリカツサンド」も。肉はもちろん、パンにもこだわり、大阪の名店「ル・シュクレ・クール」のパンを使用しています。最高級のシャトーブリアンをさまざまな食べ方で味わえるので、その魅力を余すところなく楽しめそうですね。
【店舗情報】
■店舗名 :サトーブリアン(SATOブリアン)
■最寄駅 :阿佐ヶ谷駅南口
■住所 :東京都杉並区阿佐谷南3-44-2 新井ビル1F
■電話番号:03-6915-1638(完全予約制)
■営業時間:17:00~23:30 (23:00L.O.)
■定休日:不定休
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13127046/

2. びふてき松江

こちらは、銀座にあるシャトーブリアン専門のステーキ店「びふてき松江」。クラシカルな雰囲気の店内で最上級のシャトーブリアンがいただける、一度は訪れてみたい名店です。全国で月に10数頭しか流通しない島根和牛の未経産雌牛A5ランクのみを扱っており、各界の著名人も数多く来店されているそうですよ。

「銀座カットランチ」3,000円

ディナータイムに提供されるシャトーブリアンのステーキは、スープやサラダが付いて100g、18,000円から。芸術的なサシが入ったシャトーブリアンは、得も言われぬ味わいです。

ランチには、最高級のシャトーブリアンがリーズナブルに味わえるセットや、シャトーブリアンのビーフステーキには使えない部分を使用したハッシュドビーフなども用意されています。シェフは島根県出身のため、島根和牛だけでなく、そのほかの食材にもこだわりの島根の食材をふんだんに使っているそうですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、…

実は知らないことばかり!? ブラジルコーヒーの楽しみ方

ブラジルといえば、コーヒーの生産で有名なのをご存知でしたか?今回は「ブラジルコーヒー」についてご紹介します。ブラジルにはコーヒーの秘密がいっぱい!ブラジル人は超甘党で砂糖をたくさん入れるとか!?併せて、淹れ方…

【意外過ぎ】京都には「食べるお香」がある!? 食べる○○の常識を逸脱!!

最近、食べる○○というジャンルのグルメが増えてきましたよね。実は京都には驚きの食べるお香が存在するのです。一体どのようにしてお香を食べているのでしょうか…?

サードウェーブ・コーヒーとは? 珈琲好きへオススメする3つの理由

コーヒー好きの間で話題となっている「サードウェーブ・コーヒー」。なんでもファーストウェーブ、セカンドウェーブと続く、コーヒー界における新たなムーブメントのことを指すのだとか。一体どのような特徴があるのでしょう…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バーボンの代名詞!「アーリータイムズ」の魅力とおいしい飲み方

バーボンに詳しくない人でも、アーリータイムズを耳にしたことがあるのでは。イエローとブラウンの二つのラベルがあり、各々個性的な香りと味わいが楽しめます。バーボン・ウイスキーの代名詞として、世界で愛されるアーリー…

静岡県・清水で生まれた「はるみみかん」。味の特徴や食べ方を細かく紹介

静岡県・清水市で誕生した「はるみみかん」をご存知ですか?種が少なく皮が薄いので、皮を剥いたらそのまま丸ごと食べられるんですよ。ジューシーかつ濃厚な味わいは、みかんの中でもトップクラス。はるみみかんについてご紹…

フードライターが厳選!武蔵小山のおすすめランチ15選

飲食店が多く、活気のある駅周辺の商店街が大変魅力的な武蔵小山。周辺の人には「ムサコ」と呼ばれて親しまれています。そんな中でも、特にランチのおいしいお店を厳選してご紹介します。30年通い続けたライターのおすすめ…

ページTOPに戻る