ローディング中

Loading...

日本人の健康食として昔から食べられている納豆。ですが、どうやら食べ過ぎると思わぬ影響が体に及ぶことをご存知でしょうか。納豆の食べ過ぎによって起こりうる症状と、健康的な食べ方をしっかり把握したうえで、納豆パワーの恩恵を受けましょう!

納豆の食べ過ぎはダメ!

納豆は日本の代表的な食品。子供の頃から食べ慣れている人も多いでしょう。しかし、納豆が健康にいいからといって、毎日毎食何パックも食べている……なんて人はいませんか?

確かに納豆は、たんぱく質やカルシウム、ビタミンや鉄分などいろいろな栄養素がバランスよくたっぷり含まれる優秀な食品。クセのある匂いや味もはまるとやみつきになってしまいますよね。

納豆に限らず、特定の食品を大量に食べ続けるのは体によくありませんが、納豆を食べ過ぎると体にどのような影響があるのでしょうか。セレンの影響など、納豆には怖い側面もあるのです。こういった納豆の食べ過ぎによる意外な副作用の一面と同時に、やっぱりすごい!納豆の素晴らしいパワーと効果的な食べ方についてご紹介します。

納豆を食べ過ぎると起こる症状

栄養満点の納豆ですが、食べ過ぎには注意した方がよいでしょう。納豆に豊富に含まれるビタミンB群は、摂り過ぎても尿として排出されますが、ビタミンEやビタミンKの摂り過ぎは過剰症の恐れがあります。とくにビタミンKは、ワーファリンという血液の抗凝固剤を服用中の方や血栓症の方は、量に注意して摂取しましょう。

太る原因に

納豆のカロリーは意外と高く、1パック約50gあたり約100kcalで、2パック食べるとお茶碗1杯分の約170kcalよりも高くなります。1日に何パックも食べると太る原因になり、健康を損なうリスクも高まりますのでほどほどにしましょう。

痛風になりやすくなる

納豆には、プリン体が多く含まれおり、摂りすぎると排出できなかったプリン体がたまり、痛風になりやすくなります。プリン体といえば、ビールや発泡酒に多く含まれているイメージがありますが、実は納豆に含まれるプリン体の量はビールのなんと20倍なんです。健康を維持しようと納豆をたくさん食べて、つらい痛風になってしまっては本末転倒ですね。プリン体を多く含む他の食品とバランスをとりながら食べましょう。

1日どのくらい食べていいの?

体に悪影響を及ぼさず効果的に納豆を食べるには、1日に一体どのくらいの量を食べればいいのでしょうか。特に気をつけたいのが、セレンという栄養成分。1日約730~750マイクログラムを超えて摂取すると、中毒症状が発生するともいわれています。

納豆の場合、100g当たり約235マイクログラムのセレンが含まれていますので、納豆1パックが約50gですから、換算すると納豆5個分ほどになります。ほかの副作用と合わせて考えると、1日2パックまでを限度に食べるのがおすすめです。

納豆を食べ過ぎないようにするためにも、薬味を加えておくことはおすすめです。薬味を加えれば少量の納豆でも満足感が得られやすくなるでしょう。また、納豆菌は熱に弱いので加熱せず食べるようにしてください。賞味期限に近い方がより発酵が進み、納豆パワーもアップします。

適度に食べて血液をサラサラにしましょう!

栄養満点の納豆は適量を守って食べれば、健康にうれしい効果ばかりです。納豆は、水溶性と不溶性の2種類の食物繊維がたっぷり含まれる貴重な食品。水溶性の食物繊維は腸の善玉菌のエサとなり、不溶性の食物繊維によって胃腸の働きが整えられ、便秘を予防することができます。食物繊維を多く摂るなら、ひきわり納豆より丸大豆納豆の方がおすすめです。

また、納豆だけに含まれる、ナットウキナーゼという特別な栄養成分には、血栓を溶かしドロドロの血液をサラサラにしてくれる、すごいパワーも。血糖値を下げるのにも有効に作用し、高血圧予防や糖尿病予防の効果も期待できます。

女性に多い、貧血を予防するのにもパワーを発揮する納豆。貧血の改善に必要とされる、たんぱく質や鉄分、ビタミンB12などの栄養素がたっぷり含まれています。また、女性ホルモンの1つのエストロゲンと似た性質の大豆イソフラボンが含まれており、髪や爪にハリとツヤを与え、肌の新陳代謝を促しきれいにしてくれる女性にとってうれしい効果もあります。

納豆といえば、混ぜるほどにネバネバするのが特徴ですが、この正体はムチンという成分によるもの。山芋やオクラにも含まれており、粘膜を保護してくれる作用があります。胃の免疫力をアップして胃腸炎などの防止や、鼻の粘膜を保護して風邪の予防するなど、不規則な生活になりがちの現代人にとってはぜひ摂ってほしい栄養素です。

ほかにもたくさんの栄養素を含む納豆は、まさにパワーフードといえる食品ではないでしょうか。

適量を守って納豆パワーを食卓に

いかがでしたでしょうか。栄養豊富な納豆でも食べ過ぎは要注意ですが、体調に合わせて適量を守って食べれば、メリットばかりで心配する必要はないでしょう。ぜひバランスのとれたメニューに納豆をプラスして、健康増進に役立てましょう。












この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

ミートソース パスタ レシピ 作り置き まとめ

子どもから大人まで人気のパスタと言えば、ミートソースですよね。今回は、基本のレシピや簡単なコツ、さらにアレンジレシピもご紹介。冷凍ストックしておくこともできるんですよ◎ おいしいミートソースを作って、いろいろ…

まとめ

プチプラでかわいい雑貨がそろう、大人気のダイソー。この秋にもおしゃれで胸キュンな新商品が、続々お目見えしています。そこで今回は、新商品の中からおすすめのグッズを厳選してご紹介します。秋の行楽やハロウィンパーテ…

豚肉 まとめ

脂が適度にのっていて、ボリューム感のあるレシピからさっぱりとしたレシピまで、さまざまに応用可能な豚肩ロースブロック。定番のチャーシューや角煮、炊飯器を使ったレシピなど、いろいろな活用方法をチェックして、豚肩ロ…

焼きそば アレンジレシピ まとめ

いつもの焼きそばのソースや具をアレンジすると、おいしさが何倍にも広がります。調味料のちょい足しだけでも、まったく違う味が楽しめるんですよ。今回、調味料や具材をアレンジした焼きそばのレシピを15件ご紹介するので…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

ページTOPに戻る