南インド料理の「ミールス」について

「ミールス」(Meals)とは、南インドで定食のこと。なお、朝に食べるものは「ティファン」(Tifan)といいます。 本場のミールスは、バナナの葉をお皿変わりにし、その上にスープ、ライス、炒めもの、複数のスパイス料理を全てのせて食べるスタイル。日本の食事は、ご飯やおかずを別々に口に運びますが、ミールスは、バナナの葉の上で、ライスとスパイス料理を手で混ぜ合わせて食べます。逆にそれぞれの内容を単品で食べるのは、間違った食べ方になります。

日本でミールスが食べられる場所

日本でインド料理というと、キーマカレーやバターチキンカレーなど、北インドカレーの印象が強いでしょう。しかし、南インド料理の定食、ミールスや、辛味の強いスープ状のカレーが特徴的な南インド料理を食べられる場所も、実は日本各地にたくさんあります。

八重洲「ダバインディア」

東京八重洲にある「ダバインディア(Dhaba India)」は、南インド料理のお店の中で、もっとも繁盛していると言われる人気店。全60席を備えた店内は、エキゾチックな雰囲気に満ちています。

ランチミールス

大人気の南インド料理店でぜひ食べてもらいたいのは、ランチミールス。南インドでは、定番の、本格的定食が食べられます。三色のカレーと、スープ、バトゥーラ(揚げパン)や、クラッカーのような歯ごたえの「パパド」などがセットになって盛りだくさん。 とくにバトゥーラはおいしいと人気です。南インド料理店ですが、パキスタンで食べられることの多い、「マトンビリヤニ」(マトン入りの炊き込みご飯)や、チーズが入ったパンの「チーズクルチャ」も食べられます。

店舗情報

ダバインディア (Dhaba India) ■住所 :東京都中央区八重洲 2-7-9 相模ビル1F ■電話番号:03-3272-7160 ■営業時間:[月~金]11:15-15:00・17:00-23:00 [土・日・祝]12:00-15:00・17:00-22:00 ■定休日:なし ■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13000506/ ■公式HP:http://www.dhabaindia.com/

札幌市「ジャド・プール」

札幌の円山公園駅から10分ほどの場所にある南インド料理店「ジャド・プール(Jhad Pul) 」は、おしゃれなカフェ風の内装です。アンティーク風のダイニングセットは、ゆったりとしたつくりで、ミールスの大きめのお皿を置くのにも、気を使わずにすみそうですね。
1,600円
「ジャド・プール」のミールスは、副菜にボリュームがあります。キュウリやパプリカを酢漬けにしたさっぱりした付け合わせや、ニンニクの風味の強い、インド風の炒め物など、本格的と評判です。 アジア米に加え、こちらのお店でもパキスタンで食べられる「ビリヤニ」がセットになったものもあります。ミールスのほか、マサラドーサ(クレープに具をつつんだもの)や、豆の粉で作ったワダと呼ばれるドーナツなど、南インドのスナックメニューも豊富です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS