一度食べればハマってしまう!「フォロのドレッシング」のおいしさの秘密

知る人ぞ知るフォロのドレッシングに魅了される人が続出中。濃厚でクリーミーな味が、野菜を引き立たせてくれるんです。カルディで爆発的に売れているフォロミールドレッシングと関係があるのでしょうか?フォロのドレッシングのおいしさの秘密に迫ります。

2019年2月27日 更新

ライター : myan3

日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエ / フードアナリスト

野菜が大好き、野菜ソムリエ。素材を活かしたレシピが好きで、食品スーパーを巡るのが趣味です。地方のスーパーで新しい食材を発見すると、思わず購入してしまう習性あり。未知なる食の…もっとみる

フォロのドレッシングとは

フォロのドレッシングは、徳島県にある有限会社やましなという会社が製造販売するドレッシングです。有限会社やましなは受注生産により、常に新鮮なドレッシングを全国のスーパーへ届けることにこだわっています。 国産玉ねぎとニンニク、特製スパイスを使って加熱せずに作られる生ドレッシングは、風味豊かで、濃厚な味。それでいてくどさはなく、まろやかでクリーミーな食感に続々とはまってしまう人が多いようです。お酢の酸味が効き過ぎることなく、食べやすいため、サラダにかければ、食べる手がとまらなくなるほのおいしさ!大人気のドレッシングなのです。

手作り!生ドレッシング

すべて国産の原材料にこだわって作られるドレッシング。乳化液状タイプでドロっとしており、サラダにかけた時に、ドレッシングの味が均一に馴染んでくれます。玉ねぎとニンニクがコクと旨みをアップし、マスタードをブレンドすることでパンチがありながらサラダを引き立てる味に仕上がっています。一度食べたらやみつきになってしまう味に、SNSを中心に話題となっているんです。 生ドレッシングということで、賞味期限は60日間。他のドレッシングと比べて短いですが、保存料、添加物を一切使わない本格派。体に嬉しいドレッシングです。サラダ以外にもいろいろと使えるので、あっという間になくなってしまう魔法のドレッシング。食べたらハマってしまうのも頷けそうです。

実はカルディで手に入る!

カルディでは、チャーミングなうさぎの絵が描かれたパッケージシールが貼られ、「フォロミール」という商品名で販売しています。きっと見たことがある方もいるのでは。実は、中身はまったく同じドレッシングです。カルディでも爆発的に売れており、出荷制限がかかるほど入手困難となっているようです。カルディのフォロミールドレッシングが手に入らない場合は、フォロのドレッシングをインターネット、または、スーパーなどでチェックしてみてくださいね。 記事の最後に3種のドレッシングを紹介しています。フォロミールについては、以前macaroniの記事でも取り上げているので、ご覧ください。

フォロのドレッシングを作ってみよう!

フォロのドレッシングの原材料は、大豆油、なたね油、醸造酢、玉ねぎ、砂糖、しょうゆ、塩、にんにく、マスタード、こしょうです。これらの材料を使えば、フォロのドレッシングに近づけますよ。いざ使う時にドレッシングがない!1本だけ購入するには送料が気になる……、という方、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

材料

大豆油……70cc なたね油……70cc 穀物酢……70cc 玉ねぎ……70g(1/2個) 砂糖……大さじ1と2/3杯 しょうゆ……大さじ1杯 塩……小さじ1杯 すりおろしにんにく……小さじ1/2杯 マスタード……小さじ1/2杯 こしょう……少々

作り方

玉ねぎ、にんにくを細かく切って、油以外の材料を容器に入れます。バーミックスなどのブレンダーでしっかり混ぜたら、油を少しづつ加えながら撹拌します。食材と馴染んで乳化したらできあがり! 容器に移して冷蔵庫で保存し、早めに使い切るようにしましょう。

特集

FEATURE CONTENTS