オリーブオイルの効果とおすすめブランド6選!本物を見極めるコツって?

今やどの家庭でも料理に欠かせなくなったオリーブオイル。おいしいだけでなく体に嬉しい効果も期待できます。でもたくさんある種類の中からどんなものを選べばいいか悩んでしまいますよね。今回はおすすめのエクストラバージンオリーブオイルをご紹介します。

オリーブオイルは大きく3種類に分類

オリーブオイルは、製造方法・品質によってバージンオリーブオイル、精製オリーブオイル、オリーブオイルの3種類に分けられます。エクストラバージンオリーブオイルは、バージンオリーブオイルの中でも厳しい基準が設けられ、加工せず一番絞りのオイルで、酸度が100g中0.8%以下、また官能検査にて完全な食味を持っているものを指します。

香りや風味がよく、生で飲めるほど新鮮です。他の種類にはない健康効果があることでも人気を集めています。
しかし、日本農林規格(JAS規格)では、“酸度2.0%未満” であることがエクストラバージンオリーブオイルの条件とされています。つまり、本来の世界基準なら名乗ることができないオイルもエクストラバージンオリーブオイルとして、日本の店頭に並んでいるのです。そのため、世界基準のエクストラバージンオリーブオイルを自分で選ぶ力が必要になってきます。

エクストラバージンオリーブオイルが良い理由

エクストラバージンオリーブオイルは、体に良い脂質であるオレイン酸の他、さらにポリフェノールや抗酸化作用の強いビタミンEを含みます。

イタリアでは、毎日スプーン1〜2杯のエクストラバージンオリーブオイルを飲むなど、習慣にしている人が多く、健康効果が高いことで知られています。
そのほか精製オリーブオイル、オリーブオイルは加工が入っているため、純粋なオリーブオイルの風味が楽しめず、香りや味が落ち、エクストラバージンオリーブオイルより栄養価も下がります。

その代わり、比較的安価で入手しやすく、クセのないオリーブオイルは、他の食材の風味をひきたたせたい場合に使うなど、用途によって使い分けるのがおすすめです。

おすすめのエクストラバージンオリーブオイル6選

数多くある種類の中から、本物のエクストラバージンオリーブオイルは、どのように選べばいいのでしょうか。今回は、悩んでしまうというあなたにおすすめの商品をご紹介します。

スペイン産 ガルシアエクストラバージンオリーブオイル

世界第一位のオリーブ生産国スペインで作られ、最高品質のピクアル種・コルニカブラ種を使い24時間以内に搾油される鮮度バツグンのエクストラバージンオリーブオイル。

大容量で使いやすく、炒め用の油としてもご家庭で大活躍する商品です。

スペイン産 ヴィラブランカ オーガニック エクストラバージンオリーブオイル

スペインアンダルシア地方で作られる、有機JAS認定を受けたオーガニックオリーブオイル。芳醇な香りとオリーブオイルの深い味わいが特徴で、サラダやパンに付けて食べるのがおすすめですよ。

イタリア産 アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス

金紙に包まれた見た目が印象的なイタリア産のフルクトゥスは、ヨーロッパ中で賞賛される高品質のエクストラバージンオリーブオイル。フルーティーで柔らかな味が特徴で、自然沈殿で分離した際、その上澄みだけを集めて製品化されています。

お値段は張りますが、雑味がなくとってもおいしいと口コミ評価も非常に高いひと品です。

ポルトガル産 ビオプラネット 有機エキストラヴァージンオリーブオイル

特集

SPECIAL CONTENTS