ローディング中

Loading...

高知県の珍味としても知られる「のれそれ」。見た目の美しさから南海の妖精とも呼ばれています。そんな「のれそれ」の食べ方や旬、名前の由来など徹底解説します!なんと新鮮第一な「のれそれ」は、通販でも購入できるので、ぜひご家庭で召し上がってみては?

南海の妖精「のれそれ」とは

「のれそれ」とはアナゴの稚魚で、高知県土佐の海産珍味です。のれそれの大きさは通常5~6cmくらいですが、中には2mを超える大きさのものまであります。扁平した特殊な形は抵抗が大きく沈みにくいので、海流や波に漂っていて、プランクトン生活を送るのに適しています。細くて長い形状をしているので、タチウオやギンボの幼魚と間違えられやすいですが、タチウオなどは幼魚の時から成魚と同じ色や形をしているので違いがわかるでしょう。

のれそれは透き通った体をしており、神秘的な姿から水の妖精とも呼ばれています。春になると福岡県では「しろうお」と呼ばれるものが食べられますが、透明な姿や生で食するところも、のれそれと似ていますよね。どちらも新鮮さが命の春の風物詩なんです!

高知の珍味代表「のれそれ」

高知県の珍味といえば「のれそれ」でしょう!期間限定で食べられるのれそれは、生で食べるので刺身の一種と言えますね。のれそれは高知県で獲れるイメージが大きいかもしれませんが、産地は愛知県や茨城県沿岸でもあり、鮮魚の状態で出荷されています。

マグロやひらめなど普通のお刺身もおいしいですが、のれそれは普段味わうことのできない、ほんのりとした甘みのある、地域限定の珍味なので、食べてみる価値は十分にあるでしょう。

のれそれの名前や由来について

では、「のれそれ」という名前の由来はなんなのでしょうか?のれそれの名前の由来についてはちゃんととわかっていません。のれそれは生命力が強く、漁獲されたあとにすぐ死んでしまうイワシシラスの上で、のったりして動いていることから「のれそれ」と付けられたという話もあります。

高知県西部では「タチクラゲ」、関西方面や岡山県では「べらた」とも呼ばれていますが、全国的には「のれそれ」と呼ぶのが一般的でしょう。

のれそれってなんの稚魚?

のれそれの正体は “アナゴの稚魚” で、学術的に葉状体と呼ばれており、透き通った葉っぱの形にも見えます。高知県でアナゴ類の幼生の総称のことをのれそれと呼びます。正式な名前はレプトケファレスの幼生です。高知県海域で漁獲されているのれそれはアナゴやクロアナゴが主体になります。漁獲方法はシラス網や定置網が一般的となります。

のれそれの旬の時期はいつ?

のれそれは高知県で梅の花が咲く時期になると、イワシシラスを漁獲する際に一緒に混じって姿を現します。早春の南国の代表の海の幸としても有名です。のれそれが食卓に登場すると春が近づいてきた実感をするほど土佐の人には親しまれています。

のれそれは早春から秋にかけてが旬の時期です。築地の方ではだいたい2月~5月にかけて入荷され、冬から初夏にかけて入荷する地域もあります。量が少なくとても貴重な存在で、わりとお値段もするようですね。

のれそれの食べ方

のれそれは基本的には、生の状態でゆずポン酢、酢味噌や、わさび醤油などを付けて食べます。おいしさは鮮度のよさによって左右されるので、新鮮なうちに食べるのがおすすめです。昔は鮮度の落ちやすさもあり、のれそれは一般家庭で食べられることはなく、南海の漁師だけの隠れた珍味だったとか。

のれそれの気になる味は、つるんとした食感はまるで心太のよう。淡泊でありながらわずかに甘みが感じられ、食べる人をやわらかな気持ちにさせてくれるような神秘に充ちた珍味といえるでしょう。

また、のれそれは生で食べるだけでなく、火を通して料理にも使われます。ネギと一緒に卵とじにしたり、すまし汁にも合うでしょう。茶碗蒸しやかき揚げなど、どんな料理にも合いやすいので、のれそれが手に入ったら試してみてくださいね!

のれそれを通販で手に入れるには

鮮度が命!と言われるのれそれですが、なんと通販サイトからも購入できるのです!高知はもちろんですが、四国の中でも一般的な酒の肴である、のれそれ。珍味なので全国的にはあまり知られていないかもしれません。県外から赴任された方などがのれそれの存在を知り、この味にはまる人も多いのだとか。その珍味を一度味わってみませんか?食べる際には自然解凍をしてすぐに食べられますよ。急ぐときは流水解凍でもOK。生の状態を三杯酢やポン酢、わさび醤油などお好みのもので食べましょう。
のれそれを通販で手に入れるには

出典:楽天市場

★高知産「どろめ(ドロメ・生しらす)」100g★[凍](KYF)【RCP】【532P14Aug16】

¥1080

楽天市場で購入

高知生まれの「のれそれ」めしあがれ!

いかがでしたでしょうか?
のれそれの正体はアナゴの稚魚だったのですね!アナゴなら食べたことがある人も多いと思いますが、アナゴの稚魚となると、なかなか食べる機会はないですよね。最近では新鮮な状態ののれそれも通販サイトで購入できるのは驚きですよね!高知県までわざわざ足を運ばなくても食べられるなら一度味わってみたいですよね。初めて食べる味や食感に、あなたものれそれの虜になるかもしれませんよ。
▼あなたは知ってる?正体不明の魚介類はまだまだいっぱい……

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さばき方も完ぺき!いわしの人気レシピ20選【蒲焼き/煮付け/フライ】

まとめ

いわしという魚を知っていても、一からさばいて調理をするのは初めてという方も多いのではないでしょうか?いわしのさばき方を覚えれば、蒲焼き、煮付け、フライなど、料理の幅も広がります。今回は、さばき方から人気のレシ…

旨み溢れる「牡蠣」レシピ20選!おつまみや牡蠣鍋も

牡蠣 レシピ まとめ

プリッとした食感と、ミルキーな味わいが特徴の「牡蠣」。あなたはいつも、どのようにして食べていますか?今回は、牡蠣の魅力を最大限に楽しめるレシピを集めてみました!定番はもちろん、生での食べ方やおつまみレシピなど…

毎日でも食べたい!たこ飯から酢だこまでタコ一匹たいらげレシピ20選

レシピ おつまみ まとめ

欧米では悪魔の生き物などと呼ばれているタコですが、日本では古くから親しまれてきた栄養豊かな食材です。大好物だという方も少なくないと思いますが、食卓では副菜になってしまいがち。そこで今回は、たこが主役になるおす…

食材は自分で選ぶのがブーム♩東京の「シーフードレストラン」おすすめ5選

東京 まとめ

おいしくて、新鮮な魚介や海鮮料理を東京でも食べられる、今おすすめのシーフードレストランを厳選!決められたメニューだけではなく、食材そのものや調理法まで選べちゃう人気のシーフードレストランをご紹介します。魚好き…

札幌でランチにおすすめの人気店20選!夢のようなお寿司食べ放題も♩

ランチ 北海道 まとめ 海鮮丼

豊かな食材を有する北の大地・北海道。その中心・札幌には、おすすめランチのお店がたくさんあります。ここでは札幌でランチが人気のお店を20店舗ご紹介。バイキングのお店や安くておいしいお店、個室があるお店や海鮮がお…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

一口の幸せ♪「ワンスプーン料理」の簡単レシピまとめ

レシピ おしゃれ アレンジレシピ まとめ

パーティーでのおしゃれ前菜として、よく見かけるのがワンスプーン料理ではないでしょうか。なんとも上品な雰囲気を醸し出すワンスプーン料理は、一口食べるとのせられた食材の味がからみ合って口の中に広がります。さぁ!家…

いたるんるんさんの美味しいパンの作り方まとめ8選♪

パン レシピ まとめ

レシピブログで大人気の「いたるんるん」さんの美味しいパンのレシピをまとめました。写真を見ているだけで美味しそうでパンの良い匂いがしてきそう…そんなパンたちを8種類紹介しますね!

夏に向けてピリ辛のエスニックなサラダのレシピ7選

サラダ エスニック パクチー まとめ

夏は何かと食欲が落ちがちになってしまいますよね。食べれるものばかり食べていると栄養も偏ってしまいます。今回はそんな食欲のない夏でも食べれちゃう栄養満点のエスニックなサラダのレシピを紹介したいと思います。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

旨味が倍増!新トレンド調味料「トマト味噌」が万能すぎる

トマト 調味料

「トマト」と「味噌」意外な組み合わせのようですが、合わせることでそれぞれの栄養・おいしさをパワーアップさせ、とても便利な万能調味料になるのです。そんな気になるトマト味噌の作り方や効能、トマト味噌を使ったさまざ…

おでんの正式名は「関東煮」!? おでんは元々別の食べ物だった!

おでん

今までおでんだと思って食べていた大根やこんにゃく、実は「関東煮」という料理だったのです!関西では関東煮と呼んでいる人も多いんですよ。関東とつくのに関東人が知らないなんて!なぜおでんと呼ばれるようになったのか、…

移動販売の味を再現!「焼き芋」を焚き火でおいしく作るポイント

寒さが増してきた今日この頃。落ち葉を集めて焼き芋を焚き火で作ってみてはいかがでしょうか。何分かかるの?何を用意するの?とイマイチよく分からないという人。今回は一からお教えします。また、お家で作りたい派の人にも…

ページTOPに戻る