伝統の食べる調味料!「金山寺味噌」の意味&おすすめアレンジレシピ

今回はそのまま食べることができる味噌「金山寺味噌(ぎんざんじみそ)」についてご紹介します。金山寺味噌の由来や味の特徴、レシピや使い方もまとめてみました!お酒のおつまみやおかずになるので、ぜひ一度試してみてくださいね♪

金山寺味噌とは?

金山寺味噌(ぎんざんじみそ)とは主に千葉県、静岡県、和歌山県などで生産されている「なめ味噌」と言われる味噌の一種で、和歌山県では和歌山県推薦優良土産品に選ばれました。

千葉県でも発酵食品の製造が盛んで、この金山寺味噌も特産品として、推奨土産となっています。

金山寺味噌の特徴

金山寺味噌は、調味料として使うのではなくそのまま食べることができる味噌、というのが一番の特徴。元々はなす、しそ、しろうり、しょうがなどの野菜を冬に食べるための保存食だったそうです。

一般的な味噌との違い

一般的に調味料などに使う味噌の材料が米、麦、豆などに対し、金山寺味噌は米、麦、豆のほかに野菜などから作られることが主な違いとなっています。

熟成期間も調味料の味噌が4~6ヶ月に対し、金山寺味噌は1~3ヶ月で食べることができます。さらにご飯のおかずやお酒の肴としてそのまま食べることができるのが最大の違いです。

どんな味がするの?

甘味があり深みのある味噌の香りでご飯に合うおいしさなんだそう。大豆や麦、そのほかの野菜の食感もあり味噌というよりおかずのような存在感です。もろみ味噌に似ていますが、やはり野菜が入っているので食感、味と少し違います。

賞味期限は?

賞味期限は3ヶ月とされています。しかし、金山寺味噌はもともと保存食として作られたもののため、はっきりとした賞味期限はありません。期限を切れてしまっても、食べられるとされています。

ただし、保存状態によっては腐敗してしまう可能性もあるので、清潔なお箸やスプーンなどで取る、冷蔵庫で保管するなど正しく保存するようにしてくださいね。

金山寺味噌の作り方

材料

・金山寺麹……250g
・塩……25g
・砂糖……30g
・はちみつ……60g
・みりん……10g
・なす……1個(120g)
・しょうが……1かけ
・大葉……20枚

作り方

1. 金山寺麹を袋に入れほぐします。

2. 麹に砂糖、塩を混ぜさらにはちみつとみりんをいれ軽くもみます。

3. 野菜は食べやすいひと口サイズに切り、3に混ぜ入れ、しっかりと空気を抜きます。

4. 空気を抜き常温で麹と野菜がなじむまで置き、なじんだら冷蔵庫保存。発酵により日にちが立つと野菜が小さく味噌と馴染みます。

作るときのポイント

・金山寺味噌というのは米・麦・大豆の麹を混ぜ合わせたもので作られますが、それらの麹を購入して混ぜるのは手間とお金がかかるので、それらが混ざっている「金山寺麹」というものを使います。

・味の決め手は、しょうがとはちみつです。辛さを加えたい場合は、青唐辛子をいれてもおいしいですよ。はちみつ多めだと甘みが強く、お子様でも食べやすい味になります。

おすすめの金山寺味噌

ITEM

金山寺味噌

内容量:270g

¥648〜 ※2018年9月13日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
和歌山県有田郡で創業明治14年から続く「丸新本家」の金山寺味噌は、750年脈々と続く伝統製法で作られた自慢のひと品。

昔ながらの金山寺味噌や、具だくさんの金山寺味噌、減塩、ゆずや梅を入れたさっぱり頂ける味噌、オリーブを入れた洋風味噌、にんにくやわかめを使用した食欲をそそるものまで種類が豊富で飽きがこないラインアップになっています。ぜひ一度食べてみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう