伝統の食べる調味料!「金山寺味噌」とは&おすすめレシピ3選

スーパーの味噌コーナーには、沢山の種類の味噌が並んでいます。その中でもあまり馴染みのない金山寺味噌(きんざんじみそ)という名の味噌をご存知ですか。今回は金山寺味噌の味や特徴、作り方をご紹介します。これを見ると金山寺味噌が欲しくなりますよ。

金山寺味噌とは?

金山寺味噌とは主に千葉県、静岡県、和歌山県などで生産されている「なめ味噌」と言われる味噌の一種で、和歌山県では和歌山県推薦優良土産品に選ばれました。

千葉県でも発酵食品の製造が盛んで、この金山寺味噌も特産品として扱われ、推奨土産となっています。

金山寺味噌の特徴

金山寺味噌は、調味料として使うのではなくそのまま食べることができる味噌、というのが一番の特徴。元々は茄子、シソ、白瓜、生姜など、夏野菜を冬に食べるための栄養満点の保存食だったそうです。

一般的な味噌との違い

一般的に調味料などに使う味噌の材料が米、麦、豆などに対し、金山寺味噌は米、麦、豆の他に野菜等から作られることが主な違いとなっています。

熟成期間も調味料の味噌が4~6ヶ月に対し、金山寺味噌は1~3ヶ月で食べることができます。さらにご飯のおかずやお酒の肴としてそのまま食べることができるのが最大の違いです。

どんな味がする?

甘味があり深みのある味噌の香りでご飯に合うおいしさなんだそう。大豆や麦、その他の野菜の食感もあり味噌というよりおかずのような存在感です。もろみ味噌に似ていますが、やはり野菜が入っているので食感、味と少し違います。

賞味期限は?

金山寺味噌は保存食として作られたもので、保存状態によっては賞味期限はあってないようなものです。

ですが現在の法律では賞味期限を表記しないとならないので3ヶ月と表記されているものがほとんどですが保存状態によっては3ヶ月過ぎても腐敗の心配はありません。冷蔵庫での保管をおすすめいたします。

金山寺味噌の作り方

では魅力たっぷりの金山寺味噌を自宅で作ってみたくなった方に自宅で簡単に本格的な味が食べられる!材料から作り方をご紹介いたします。

材料

【材料】
金山寺麹 250g
塩 25g
砂糖 30g
はちみつ 60g
みりん 10g
なす 1個120g
ショウガ 1かけ
大葉 20枚

作り方

金山寺味噌というのは米・麦・大豆の麹を混ぜ合わせたもので作られますが、それらの麹を購入して混ぜるのは手間とお金がかかるので、それらが混ざっている「金山寺麹」というものを使います。まず金山寺麹を袋に入れほぐします。
麹に砂糖、塩を混ぜさらにはちみつとみりんをいれ軽くもみます。
野菜は食べやすい一口サイズに切り、先ほどの麹に混ぜ入れ、しっかりと空気を抜きます。
空気を抜き常温で麹と野菜がなじむまで置き、なじんだら冷蔵庫保存。発酵により日にちが立つと野菜が小さく味噌と馴染みます。画像左が仕込んですぐ、画像右が仕込みから10日後です。仕込んで1ヶ月ほどで食べることができますよ。
味の決め手は、ショウガとはちみつ。ピリリと大人の味にしたい方は青唐辛子をいれても美味しいですよ。はちみつ多めだと甘みが強く子供が大好きな味に。自家製金山寺味噌の出来上がりです。

おすすめの金山寺味噌

特集

SPECIAL CONTENTS