連載

うっとりするほどおいしいミルクティーの作り方。キャラメル色はしあわせ色♩

イギリスでは、紅茶といえばミルクティーのことをいうほど、紅茶にミルクは欠かせません。日本でもミルクティーファンの方が多いですね。秋になると、まろやかなミルクティーが恋しくなります!今日はおいしいミルクティーを淹れるコツをお伝えします。

2016年9月3日 更新

ミルクティーはキャラメル色

紅茶の基本の飲み方といえば、ストレートティー、レモンティー、そしてミルクティーですね。

お店で、紅茶をオーダーすると、必ずといっていいほど、「ミルクとレモンどちらをおつけしますか?」と、尋ねられます。

ミルクをたっぷりと入れて、キャラメル色(昔からあるミルクキャラメルの色)になった紅茶は、見た目にも本当においしそ〜ですよね!

今回は、そんなミルクティーについて、ご紹介します。

イギリス人は、ミルクティーがお好き!

紅茶の国イギリスで、ミルクティーとは、『ティー・ウィズ・ミルク』のこと。

そして、イギリス人は、紅茶といえばティー・ウィズ・ミルクのことをいっているといっても過言ではありません。

イギリスティーカウンシルの調査によると、イギリス人のなんと98%が紅茶にミルクを入れるティー・ウィズ・ミルクを飲んでいるという報告があります。

国民のほとんどが、紅茶にはミルクを入れて飲んでいるのですね!

ミルクティーの始まりはイギリスじゃない?

1680年頃、ヨーロッパではまず最初にオランダでミルクティーは普及し、その後フランスの上流階級にも紹介されました。とのことですが、正確なところは、分かっていないようです。

19世紀に入ってから、イギリスでは、一般的に紅茶にミルクを使うようになったといわれています。

ちなみに、砂糖はミルクよりも以前から使っていたとされています。​

紅茶に入れるミルクの種類や温度は?

おいしいミルクティーを飲みたい時、おいしい紅茶とミルクを合わせるわけですが、ミルクはどんなものを使うといいのでしょう。そして、ミルクの温度はどのくらいがいいのか、ご存じですか?
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

紅茶のみかまる

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう