ライター : 料理研究家 友加里(ゆかり)

料理研究家 | たまごソムリエ | YouTuber

調理師免許・たまごソムリエ・美容師国家免許を持っています。 2013年、イタリアンレストランに勤務しながら調理師免許を取得。 同年、日本卵業界が認定する「三つ星たまごソムリエ」…もっとみる

温泉卵と半熟卵の違いって?

今回は、『失敗しない温泉卵作り方』をご紹介します。 しかし、その前に、"温泉卵"と"半熟卵"の違いがわからない…そんな方が多いのではないでしょうか?まずはその違いからご紹介します。 両方ともトロ〜リとした食感が決めてですが、その違いはたまごの白身と黄身の固さの違いにあったのです。 温泉卵:白身は固まらずトロッとしていて、黄身だけが半熟に固まった状態 半熟卵:白身は完全に凝固して、黄身が半熟状態 このような違いがあるのです。温泉卵は、黄身よりも白身の方がやわらかいのが特徴です。これは、黄身の固まる温度が、白身の固まる温度より低い性質を利用して作られているから。65~68度程度のお湯に、30分程度浸けておくことで、この状態になるのです。

◯◯◯を加えるだけ?!

前章で書いた通り、65~68度程度のお湯に、30分程度浸けておくことで、温泉卵を作ることができます。 でも、65~68度程度のお湯の温度を保つことって意外と難しいですよね。温度が高すぎたらただのゆで卵、しかし低すぎても固まらない。とはいえ、わざわざ温度計で測るのは、少しめんどうだったりします。 今回は、そんなお悩みを解決しちゃいます!家庭にある、とあるものを加えるだけなんですよ。 そのあるものはというと…片栗粉なんです!
どこのご家庭にもある片栗粉を加えれば、とっても簡単においしい温泉卵をつくることができちゃうのです!では、一体どうやって作るのでしょうか?ご紹介しますね。

超簡単!失敗しない温泉卵の作り方

では、さっそく作り方をご紹介したいと思います。

材料

・卵 4個 ・片栗粉 山盛り大さじ1 ・水 お玉1杯分

作り方

《下準備》 卵を常温に戻す。
卵は必ず常温に戻したものを使いましょう。冷蔵庫からすぐ出した卵を使うと、お湯の温度が下がってしまい、失敗してしまう原因になります。
①水に片栗粉を入れて、水溶き片栗粉を作る。
②たまご全体が浸るくらいの水(分量外)を沸騰させる。
③沸騰したら、火を止めて、水溶き片栗粉を加える。
ここで、片栗粉の登場です!! 水溶き片栗粉を入れることでできる”とろみ”がポイントなのです!この”とろみ”のお陰でお湯の保温性が上がり、温度が下がりにくくなります。よって、お湯の温度を70度近くでキープできるので、温泉卵を作ることができるのです。 いわゆる、あんかけ料理にすると、冷めない原理と同じということです。
④卵を、そっと入れる。
常温に戻した卵をそっと入れましょう。
⑤ふたをして、15分待てば完成!
たったこれだけです。水溶き片栗粉を加えるだけなので、とっても、簡単ですよね。
もうひとつ注意するポイントが! 卵をお湯から取り出したら、時間を置かずに召し上がってください。お湯から出して、そのままにしていると、余熱で卵に火が入り、白身と黄身がどんどん固まってきてしまうのです。 ※卵の大きさによって、放置時間が異なる場合があります。

レンジで作れる!カルボナーラ風ご飯

ここで、温泉卵を使った、超簡単でおいしいレシピをご紹介します。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS