楽しんだあとに○食後のにんにくケア

おいしいにんにく料理を食べたあとの口臭ケア。食べたあとに慌てて、歯磨きやブレスケアなどで入念にケアする方が多いのではないでしょうか。その方法も間違いではありませんが、実はそれ以外でもケアできるんですよ。

リンゴを食べる

リンゴに含まれるポリフェノールとカテキン(エピカテキン)の働きにより、食後に残るにんにくの臭いを和らげてくれます。両成分とも、果肉より皮に多く含まれているので、丸ごとかじりつくと絶大な効果が期待できるとか。4分の1を目安に食べるとよいでしょう。

ウーロン茶を飲む

臭いのもととなるアリシンが体の中に取り込まれ分解されると、「アリルメチルスルフィド」という物質に変化します。これがあの強い口臭を生み出してしまうんです。食後にウーロン茶を飲むと、この成分を取り除いてクリーンな息に蘇らせてくれるんですよ。

チョコレートを食べる

チョコレートに含まれているポリフェノールが、口と体の中に残ったにんにく臭を抑えてくれます。にんにく料理を食べる日はバッグの中にチョコレートを入れておいて、食後に食べれば嫌な臭いが気になりにくくなるのでおすすめです。

ごま油で口をすすぐ

粘り気のあるごま油を口に含んでブクブクと口をゆすぎましょう。通常の水うがいでは取りきれない頑固な臭いの元を取り除いてくれます。また、大げさなくらいに口を大きく動かすと唾液が多く分泌され、口の中がクリーンな状態に。ごま油がサラサラになったらOKです。

まだ気になるなら…。翌日のにんにくケア

しっかり口臭ケアしたはずなのに、翌朝起きてみたら口の中が想像以上ににんにく臭くて焦ってしまうことがありますよね。そんなときにぜひトライしていただきたい、翌日でも間に合うケア方法をお教えします。

編集部のおすすめ