「水菓子」の正体はお菓子じゃなかった!種類や意味を知ってもっと味わおう

「水菓子」という言葉の本当の意味を知っていますか?ゼリーやわらび餅などのプルプルとしたお菓子のことを「水菓子」と呼ぶことが多いですが、もともとの意味はちがうんですよ!「水菓子」の歴史とお菓子の種類についてご紹介します!

2017年12月6日 更新

水菓子のほんとの意味、知ってる?

「水菓子」という言葉をきいて、何を思い浮かべますか?わらび餅や羊羮などの、プルプルとしたみずみずしいお菓子を思い浮かべるかもしれません。しかし、本来の意味はちがうんですよ!水菓子という言葉の歴史と、お菓子の種類についてご紹介します。

一般的に、水菓子といえば和菓子

一般的に、水羊羹やわらび餅などの和菓子を「水菓子」と呼ぶことが多いですよね。そもそも和菓子にはどのような種類があるか、ご存知ですか?和菓子の分類からご紹介します!

駄菓子

子どもの頃、小銭を握りしめて駄菓子屋さんへ通ったという方も多いのではないでしょうか。駄菓子とは、小さい子でも買える価格帯で売られているお菓子のことを指します。駄菓子の歴史は、江戸時代までさかのぼるんですよ。

古くは、麦、あわ、ひえ、豆などの雑穀や、水飴、黒砂糖などを使って作られていた安いお菓子が「一文菓子」と呼ばれ、庶民の間で愛されていました。これが駄菓子の祖先です。伝統的な駄菓子で、現在でも食べられているものには、かりんとうや金平糖、カルメ焼きなどがありますね。明治時代から昭和にかけて、味もパッケージも進化した駄菓子は、今でも広い世代から親しまれています。

干菓子

水分の少ない、乾燥した和菓子をまとめて「干菓子」と呼びます。落雁(らくがん)や和三盆(わさんぼん)のことを一般的に呼びますが、干菓子には「水分20%以下」という定義があるので、おせんべいや八つ橋、固形の飴も含まれることがあります。水分量が30〜35%の最中(もなか)などは、「半生菓子」に分類されるんですよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう