てびちってどんな料理?コラーゲンたっぷり&軟骨の食感がたまらない♩

沖縄の郷土料理でもあり名物料理でもある「てびち」をご存知でしょうか。豚足を煮付けにした料理なのですが、見た目の印象もあり食わず嫌いの方も多いと思います。しかし食べてみれば、旨味たっぷりで軟骨の食感もたまりません。沖縄に行った際はぜひ。

2018年10月17日 更新

沖縄の郷土料理「てびち」とは?

沖縄に行くと必ずといっても言い過ぎではないくらい見かける「てびち」。沖縄の方言はクセが強いので初めての人は理解できず、一体どのような料理なのか分からない人も多いです。てびちは一般的に豚足を煮付けにした料理になります。日本では沖縄が発祥と言われますが、他にも台湾や韓国などでも食べられるメジャーな料理です。沖縄地方では昔から黒豚を飼育してきた歴史があり、豚を全てあますところなく食べる慣習がありました。足もその一部なので、どのように調理するのが良いか悩んだ挙句てびちという煮付けができた経緯があります。見た目がよろしくないので沖縄では誰もが食べる人気料理ですが、慣れない人はみるだけで抵抗があるかもしれません。

てびちの味

豚足は名前の通り豚の足をスパッと切っている外見なので、見慣れない人にとっては抵抗がかなりあります。しかし、見た目とは違っててびちはとても繊細で上品な味をしています。ダシも昆布でじっくりととるものなので美味しくないはずがありません。肝心の豚足は肉の部分が少なく軟骨が多いです。軟骨は煮込むとゼラチン質に変わるので食感は柔らかくなります。骨の部分は難しいですが、じっくり煮込むと軟骨であれば柔らかくなり食べられます。ゼラチンはコラーゲンを多く含みます。コラーゲンは肌にツヤが出て、しわが少なくなり美肌になる効果があるのです。だから、女性の人に大人気の料理となりました。一つ気をつけたいのはコラーゲンが多く含まれていても豚足は高カロリー高脂質なので美肌になる側面食べ過ぎは肥満の原因になるので気をつけましょう。

「てびち」と「ちまぐ」の違い

沖縄に住む人もあまりよく分かっていない「てびち」と「ちまぐ」の違い、あなたには分かりますか?ちなみに先程も少し触れましたがてびちは煮付けのことを言います。豚足と勘違いされている方が多いです。それはてびちが豚足を使った煮付け料理のことから思い違いをするからです。もうそれが浸透してしまっているので今更ですが、てびちは正確には豚足を指す言葉ではないと覚えておきましょう。一般的に浸透しているので今回はてびち=豚足として話を進めます。ちまぐとは豚足でも更に足先、蹄の部分を言います。この言葉も一般的には豚足の蹄となっていますが、正確には「蹄」なので豚だけでなく牛や馬の蹄もちまぐになるので間違えてはいけません。

てびちの基本のレシピ

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう