ネット通販でのお求めはこちら

13. 春に獲れたやわらかこうなご

春に獲れたやわらかこうなご 432円(税込)
春をイメージしたラベルがかわいい缶詰です。
中身は春の石巻、女川で獲れた小女子(こうなご)の佃煮。しょうがの効いた甘辛いタレの風味が効いていて、食べるほどクセになります。 ごはんにそのまま乗せてもおいしく、お茶請けにもぴったり。お酒の場合はキリッとした日本酒と一緒に食べてほしいと思います。 「明治屋ストアー」で取り扱いがありますが、品薄になっているようなので、お求めの方はお早めに。

ネット通販でのお求めはこちら

14. 日本酒・焼酎によく合う イカのスミ煮

日本酒・焼酎によく合う イカのスミ煮 360円(税込)
イカのスミ煮といえばスペイン・バスク地方の名物料理ですね。名前のとおり、「日本酒・焼酎とよく合う」のか、確かめながらいただいてみました。
イカの身は1cm程度にカットされていて、イカスミ煮とはいってもまっ黒ではなく、全体の色味は濃げ茶色。フォークを刺すと、ちょうどひと口分くらいの量を取り出すことができました。 とにかく濃厚なイカの風味……イカの旨みを凝縮したような味わいです。辛めの日本酒を口に含むと、イカの風味がふんわりとやわらいでいきます。これは、まさにお酒のつまみですね。 ただ、焼酎は芋を用意したのですが、風味が合わなかったように思います。お酒と一緒にいただくなら、これは断然日本酒かと。 ちなみに、こちらの「イカのスミ煮」も「明治屋ストアー」で購入したものです。

ネット通販でのお求めはこちら

15. しみず日出寿司監修 「金目の煮付け」

最後は、東京の「むらからまちから館」で手に入れた商品。静岡の港町・清水の名店「日出寿司」名物の煮付けが、いつでもどこでも楽しめる!というコンセプトの缶詰です。価格は847円(税込)。
清水港に水揚げされた金目鯛を使ってつくられているのですが、缶詰で食べる魚肉とは思えない上品な風味に驚かされました。口の中でほろりとくずれてうまみを染み出す肉質と、金目の風味を引き立てる、コクがありながらあと味のすっきりした煮汁。名店の名を冠するだけのことはあるなと、脱帽いたしました。 今回食べた缶詰の中で、1、2位を争う美味でした。これ、おいしいです!購入を希望する方は、ネット通販では販売されていないようなので、ぜひ以下より「むらからまちから館」の場所を確認して足を運んでみてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS