麺界のニューフェイス!焼きそばペペロンチーノの基本レシピとアレンジ方法

ペペロンチーノは、ピリッとした唐辛子の辛味がクセになる、シンプルな味付けのパスタの定番です。このパスタを中華麺に変えた「焼きそばペペロンチーノ」がとってもおいしいんですよ!基本の作り方からアレンジレシピまで紹介します。

2018年12月3日 更新

ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

焼きそばとペペロンチーノの融合!

焼きそばに使う中華麺を、ペペロンチーノにアレンジした「焼きそばペペロンチーノ」がお手軽でおいしいと評判です。 焼きそばペペロンチーノはパスタをゆでる手間もなく、食感はパスタとは違うものの、唐辛子とオイル、ベーコンの組み合わせは、中華麺とも相性がいいのでとってもおいしいんだとか。 また、焼きそば麺は、オイル多めでしっかりと炒めると表面がカリッとするので、パスタでは味わえない、新しい食感が楽しめるのもいいですね。

焼きそばペペロンチーノの先駆けはペヤング!

このアレンジレシピの始まりは2013年、ペヤングが作った「ペペロンチーノ風やきそば」だといわれています。ペヤングといえばインスタント焼きそばでとっても有名ですよね。 しかし、残念ながらペヤングの「ペペロンチーノ風焼きそば」は2015年には販売終了になっています。ですが、そのテイストに魅了された人たちは、中華麺を使ってアレンジレシピを楽しんでいるんですよ。そんな「焼きそばペペロンチーノ」の作り方を紹介します。

焼きそばペペロンチーノの作り方

焼きそばペペロンチーノの作り方はいたって簡単!通常のペペロンチーノの材料を、パスタから焼きそば用の中華麺に変えるだけ。それでは、もう少し細かく説明していきますね。 主な材料は焼きそば用中華麺、ベーコン、キャベツ、塩こしょう、にんにく、鷹の爪などです。作り方は、ベーコンとキャベツを、にんにくと鷹の爪で香りを出したオリーブオイルで炒め、中華麺を投入し塩コショウ、酒、コンソメで味を整えたら完成です。 麺はパスタよりも細く、あっさりと仕上がるため、コショウは少しきつめのほうがおいしくなります。 パスタから中華麺に変更するのでゆでる工程を省略できます。それでも十分エコなのですが、お野菜を炒めている間に中華麺をレンチンしておくと、加熱時間がより短く、時短エコになりますよ。調理時間は約5分!超特急で完成しちゃいます。

焼きそばペペロンチーノのレシピまとめ

ホタルイカと三つ葉焼きそばペペロンチーノ

ホタルイカを使った和風の焼きそばペペロンチーノです。ホタルイカの下処理で目、すじ、口をとって調理しましょう。小さいので丸ごと食べられないわけではありませんが、このひと手間がおいしくするコツです。あとは通常のペペロンチーノを作り、代わりにベーコンのホタルイカを混ぜれば完成。 ベーコンからホタルイカに変えるだけで、和風に大変身!三つ葉の緑とホタルイカの紫の彩りがきれいなひと品です。

ワンパン!アサリと夏野菜のバジル塩麺

こちらは、アサリの旨みとバジルの香りが際立つぜいたく焼きそばペペロンチーノです。 まず、アサリは塩水につけて砂抜きし、殻をこすり合わせて洗い、ザルに上げておきましょう。きゅうりとズッキーニは、7cm長さの細切りにし、玉ねぎは薄切りにします。フライパンにニンニク、鷹の爪、オリーブオイルを入れ、中火にかけ、ニンニクの香りが立ってきたらアサリと白ワインを入れ、蓋をして3分蒸しましょう。アサリの口が開いたら、玉ねぎとズッキーニを加え、その上にやきそば麺をのせて蓋をし、中火のままさらに3分蒸す。 さらに塩ときゅうり、バジルを加えて全体を混ぜ、バジルがしんなりしたら火を止め器に盛ったら完成。 中華麺があさりのダシをしっかりと吸ってくれるのでうまみをすべて食べつくせますよ!きゅうりはシャキシャキ感を残すため、火を通しすぎないのがコツです。

蓮根のシャキシャキぺペロンチーノ焼きそば

蓮根ともやしのシャキシャキとした食感が加わった、楽しい焼きそばペペロンチーノです。 まず蓮根は薄い半月切り、もしくはいちょう切りにしましょう。ニンニクはみじん切りにし、赤唐辛子は半分に切って種をかき出してください。フライパンにオリーブオイルとニンニク、赤唐辛子を熱して、ニンニクの香りがたってきたら、蓮根を加えて炒める。 蓮根が透き通ってきたら赤唐辛子を取り出し、もやし、麺の順に加えて炒め、仕上げに塩で味を整えたらできあがり。 ニンニク、赤唐辛子はお好みの量を加減してください。食欲が落ちたときにも食べやすい逸品です。

特集

FEATURE CONTENTS